« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月の23件の記事

2008/08/29

You Are The Music (Trapeze)

このアルバムのタイトルは、正確には
『YOU ARE THE MUSIC . . . WE ARE JUST THE BAND』

マイミクの Naokyさんに以前教えてもらったトラピーズです。
このアルバムは、1972年リリースの彼らの3枚目です。
ジャケ写真はライブですが、中味はスタジオ録音です。(笑)

Charさんが高校生のときに聴いてえらく気に入ってしまったそうです。
JL&Cの You're Like A Doll Baby は、このアルバムの曲がきっかけになってるそうです。
たぶん、ラストの You Are The Music のリフですね。

正式メンバーは、このアルバムではトリオになっていて、
後に 第3期 ディープ・パープルに入った グレン・ヒューズ(Vo,B)、
後にホワイトスネイクに入ったの メル・ギャレー(G)、
後にジューダス・プリーストに入った デイブ・ホランド(Dr)
あと、サポート・メンバーというかゲストが少々・・・・

全体的に音がぶっとい。 ツーバスでドカドカしてますね。 ベースがブンブンいってます。
グレン・ヒューズのボーカル、声が太い。カナキリ声のシャウトも聞こえますね。
ギターのカッティングも当時のハードロックで括れないですね。
チョイ歪みな音色やピッキングのニュアンスに、Charさんの雰囲気も感じました。

ハードロックにファンキーな要素が加わった、ちょっと他にはないような感じですが、
2曲目のバラード風、3曲目のメディアム・テンポの曲、6曲目のサックスの入った
アダルト・コンテンポラリーな曲風と、バラエティにも富んでいます。

いままで聴いたことがなかったというのが浅いところというか恥ずかしいというか (笑)

ちなみに、メル・ギャレーは 今年 7月1日に癌のために亡くなったそうです。
グレン・ヒューズが亡くなったメルにあてた言葉も 「You Are The Music」  ・・・・ 合掌。

曲目:
1. Keepin’ Time
2. Coast To Coast
3. What Is A Woman’s Role
4. Way Back To The Bone
5. Feelin’ So Much Better Now
6. Will Our Love End
7. Loser
8. You Are The Music

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/26

BAHO LIVE TOUR 2009 (コメントに情報追加中!)

すでに 2009年の BAHOツアーの告知が・・・・ (笑)

しかも 3月7日だそうです。 チケットの発売日は 11月29日。
場所が 兵庫:太子町立文化会館(あすかホール) なので、買いません、行きません。 (苦笑)

しかし、えらく先の話だなあ。

これから五月雨式に、いろんな場所の小会場のブッキングがなされて、
ポツ、ポツ、って 告知されるんでしょうねー。 去年の暮れから今年もそうでした。

微妙〜 (笑)

【情報追加中】
8月30日: 東京・町田、埼玉・入間、東京・西新井 の公演情報をコメントに書きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/25

リッチー・ブラックモア in Deep Purple

というのが beatleg 9月号の特集のようで、
ちょっと気持ちが行きかけたりー、でも別にいいかなーと思いかけたりー

(ラジバンダリー ・・・ と、お笑い好きの我が愚息は突っ込むとこ。
わからない方、お笑い好きではない方、スルーしてください。)

ところが、それとは別に、超・気になるものが目次にあるではないですか!

「Jeff Beck 最新セッション音源」

こりゃーうだうだ言わずに買っちゃったほうが精神衛生上は絶対に良いな。
経済的にはどうだか、ですけど。 (苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/24

オリンピック閉会式の Jimmy Page (8/26 再追記)

A Whole Lotta Love 弾いてました ! レスポール・デラックス、サンバーストで。

音は全体的にぐしゃぐしゃでわかりづらかったけど。
歌はリンダ・ルイスですか?  最後のほうにベッカムが出てきてサッカーボールをキック!

見逃した方はニュースやダイジェスト、再放送などでどーぞ!

事前に情報をいただいた GOLDMANさん、ありがとうございました。

追記: 8/25 10:32am

はやくも動画が・・・・ (やまたんぼさん、情報ありがとうございました。)



追記: 8/26 12:00  残念! しかたないですけどね。

この動画は、第三者による著作権侵害の申し立てにより削除されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サザン、夏の思い出 (訂正つき)

タイトル、まんまですな (苦笑)

今日はサザンオールスターズの30周年記念LIVE 『真夏の大感謝祭』、
横浜日産スタジアム 4 days の最終日だそうですね。

マイミクさんが急遽行けることになったそうで・・・ おめでとうございます。
僕は WOWOWで鑑賞させていただきます。(笑)

サザンがまだ大物になってしまう前、デビューした翌年である1979年に JAPAN JAM、
さらに翌 1980年に JAPAN JAM 2 というロック・フェスがありました。
JAPAN JAM は江ノ島で、サザンの他にはHEART やビーチボーイズも出演。
これは知らなかったなあ。

1980年の JAPAN JAM 2 は、横浜スタジアム(野球場のほうですね)で開催され、
NHK FM で生中継されていました。たぶん初日の 8月16日。 エアチェックしましたねえ。
(8月25日 21:40 訂正: 生中継は 2日目の 8月17日。 渋谷陽一さんの番組進行でした。) 
出演バンドは、スペクトラム、カラパナ、アトランタリズムセクション、
サザンオールスターズ、チープトリック ・・・ 
なんと 2日目(17日)はRCサクセションが出たそうです。 (これは番組では確認できず)

FM放送で聴いている分には良かったですね。 夏フェス自体が珍しかったしね。

でも桑田さんは、「JAPAN JAM は良かったけど、JAPAN JAM 2 はしょぼかった」と
後にコメント残してるそうです。

エアチェックしたテープを捜索しよう・・・・ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

jimmy copley & char SLAP MY HAND special session

マイミクさんの外のブログで教えていただいた映像です。 (smokyさん、ありがとうございます。)
EDOYA blog でもリンクを貼ってました。

6月13日、ビルボードライブ東京より。 


Got No String Attached



Rainbow Shoes


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/23

久しぶりに・・・・(今週のいろいろ)

もともと浮き沈みが激しい男ではあったんですが、だんだん撃沈の割合のほうが大きくなって
きた気がします (苦笑)  と言うか、立ち直りが遅い。 妙に遅い。 激しく遅い。

今週もプライマリな仕事は停滞のまま。 天候のように不安定な状態だったな。
自力で這い上がるしかないからな。 守るべきものがあるから這い上がらなきゃな。

で、今週のいろいろです。

いつものように立ち上がりの遅い月曜は、それでも比較的、平和に過ぎました。

火曜日はマイミクのゆーすけさんが、急遽 赤坂MOVEという箱に出演することになり、
最新兵器 R-09HRを持って出動。 良い意味で、いつもの良い歌、声、ギター、MC (笑)
頑張ってる姿と音楽に元気を頂きましたよ。おもしろい・楽しい面と、礼儀正しい面を、
ちゃんと兼ね備えていて。 良い意味で子供、良い意味で大人。 人柄、好きですよ。
この日のライブは MySpace+Live Cheers のイベントで、ネット配信で生中継されてたそう。
録画配信もされるそうで。 箱の集客は正直寒いものがありましたが、この日がきっかけで
色々オファーがあったそうで、めでたいことです。アゲアゲ (笑) 私、福の神?なんてね。
終わったあと、日比谷Bar 池袋 1号店にてパスタを食しながら、ギムレットとラガヴーリン。

実はこの日、ちょっと辛いというか悔しいことがありました。

アシスタントをやってくれている女性が、あと1ヶ月で契約を終了したいと、人事経由で連絡。
その後、本人から内密にというメールを頂いた。 この半年ほど、部内の女性からの
イジメと取れる言動をされていたと・・・ 書き溜めていたメモの集約も読ませてもらった。
とても酷いことがあったことがわかって、体調もくずして医者にもかかって、ストレス性の
障害がでていて・・・ 気がついてあげられなかったことが申し訳なかったり悔しかった。
自分の部署で、そういうことが起きていたこと自体が悲しいし、腹がたっています。
ストレスになるので内密にしてほしいという気持ちを尊重して、彼女がいるあいだは
あえて何もしないことを約束しようと思いますが。 

彼女に、僕の気持ちを伝えて、残りの一ヶ月は少しでも守ってあげられればと。
いや、少しでも気持ち的に支えになれればと思ってます。

水曜、長年お付きあいしている広告代理店の方と暑気払いで食事。
というか美味しい焼き鳥屋さんで飲みました。久しぶりに日本酒。旨かったけど飲みすぎた。

木曜、仕事上の元同僚であり先輩でもある人と、半年ぶりぐらいで食事。
マイミクさんの恵比寿のお店で、珍しいでっかい生ししゃも揚が旨かった。
定番のダシ巻き玉子焼きも旨い。 別のマイミクさんの日記ででてきたゴーヤチャンプルー、
本日のおすすめメニューにあったので頂きました。 ゴーヤで元気になろう! って。

金曜、たまには胃腸を休めてあげないとな。 寄り道せずにおとなしく帰宅。
録画していたレッドカーペットなど見ながらノンビリしてました。
マイミクさんのCDがレビューされているという CDジャーナル誌、購入。

お、あと今週は、Led Zeppelin の 2007年12月 O2 ライブ と 1975年アールズコートの
完全映像を入手しました。 週末、仕事も溜まってるけど、観るのが楽しみです。

今日は、これから首のマッサージで接骨院に行って、夕方は後楽園ホール、
プロレスリングNOAH の観戦に行きます。僕にとっても数年ぶりの生プロレス、
うちのチビたちは初体験です。

夏休みの思い出がプロレス・・・ 絵日記に書いてくれるか? (苦笑)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/19

気をとりなおして

昨日、ちょいとウツな日記を公開してしまって、つい読んでしまった方、すいません sad

気をとりなおして、明るく、楽しく、激しく ・・・  今は亡き 全日本プロレス (今のは別物)

ちょっと音楽番組やビデオを見てない日が続いてました。
子供がテレビを牛耳ってます。 Wii か、お笑い/バラエティか、高校野球か、北京・・・
大相撲からはじまり、バレーボール、野球と、TV観戦の幅が広がってますよ、ヤツは。
今週の土曜日は、生でプロレスをみせるために聖地「後楽園ホール」へ連れて行きます。
東京ドームシティの XXレンジャーには決して行きませんよ。
(もはや、何レンジャーかもわからん)

はやくロックに目覚めさせなければ。 無理強いすると毛嫌いするからじわじわと。(笑)

マイミクさんの日記で The Long and Winding Load の話と YouTube が載っていて、
懐かしくなって久々に映画 「Let It Be」 を観ました。 ダビングもので画質悪いですけど、
アップル社のビルのルーフ・トップでの演奏、良いなあ。

すっかり見忘れていたCS局でやってた T.REX の映像と、The Who のライブ・・・
しまった! でも今週も再放送があるはず。 録画して観ます。

ところで、今日は急遽きまった、マイミクさんのアコギのライブに行こうと思います。
応援にいくのは ゆーすけさん。 てか、歌で応援されるのかも (笑)
元気もらおう。 元気ください。 

また新たな箱です。 しかも赤坂・・・ ずいぶん昔、働いてたとこの近所。 懐かしいな。

【MySpace×LiveCeers×赤坂MOVE LIVE】  @赤坂MOVE
 Open:18:00 Start:18:30  (TICKET 前売り2,000 当日2,500 ?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/17

アン・ルイス 『LA SAISON D'AMOUR』 (1982年)

               La_saison_damour_lp_1

1982年リリースのアン・ルイスさんのアルバムです。
お子さん(美勇士さん)を出産・休養後、活動再開の第一弾です。 ジャケ写真、美しい!
アンさんが「女ジュリー」になると公言してた時期です。

プロデュースはイギリス人のLEA HART で、演奏も彼のバンド THE ROLL UPS です。
アンさんは、前作の『LINDA』でバンドとしての活動を志向し始めたようですが、その時々で
興味を持った音楽を「やってみる」という感じでしょうか。アルバムごとに異なるテイストです。

LEA HART は 1979年に THE ROLL UPS 名義でアルバムを出したあと、
1980年にイアン・ミッチェル・バンドのギタリストとして来日しているそうです。
その後 1982年に THE ROLL UPS を再結成(メンバー・チェンジ)しアルバムを出しました。
(『LEA HART & THE ROLL UPS』、聴いてみたいです。)
そして同年、このバンドを伴ってアン・ルイスのアルバムに参加するわけですが、
このときのドラマーが Jim Copley でした。

               La_saison_damour_lp_1_2


               (上段・右が Jim です。 当然ですが若い!)

バンドはこのアルバムとそれに伴うテレビやライブの出演でアンのサポートを終えますが、
Jimはこの後も 1980年代のアンのアルバムに関わっていくことになります。
そして 1988年、ついに Char & The Psychedelix (Jim Copley, Jaz Lochrie, 佐藤準 &
アン・ルイス) に繋がっていくわけです。

さて本題の『ラ・セゾン・ダムール』に戻りますが、ギターを中心にしたポップなロックや、
当時の流行でもあったニュー・ロマンティクなナンバーが並んでいます。
LEA HARTを中心とした英語詞の楽曲と、親交の深い日本人による楽曲が入っています。
それにより、UKポップ&ロックに日本人バランスを織り交ぜ、前作からの流れも作って
いるように思います。

01 と 02 は LEA HARTによる軽快なポップ・チューン。
03 詞・下田逸郎、曲・大沢誉志幸の日本語曲で、アレンジはツイン・ギターの洋楽ポップス。

04 はシングルになった、三浦百恵さんの詞にジュリー(沢田研二)が曲をつけた、
ニュー・ロマンティックなテイスト。ジュリーの「ストリッパー」もこの頃ですかね。

05 は、かなりUKなロックです。 Char&Jim Copley がサポートしても違和感ないかも。
06 LPでは A面ラスト。 下田逸郎-竹内まりやコンビによる優しいバラードの小作品。

07 UKハード・ロックと後の歌謡ロックの橋渡しのようなカッコいい楽曲。
08 はピアノで始まってギターのリフがかぶさるミディアム・テンポなポップ・チューン。
09 は、下田逸郎の詞に桑名正博の曲で、ライトでちょっとけだるい感じ。

実はワタクシ、前作『LINDA』の「ピンク・ボロニー」同様、ちょっとだけやっていた
女性Vo.バンドで、この 「A ちょっとHOTみだら」をカバーしたことがあります。(照)

10 も同じく下田-桑名コンビ。こちらは遅めのテンポでちょっとヘヴィなロックです。
11 ちょ~カッコいいです。'80年初め頃で例えるとフォリナーのような匂い。(違うか?笑)
12 アルバムのラストは A面ラスト曲のリプライズで静かにエンディング。佳曲です。

シングル曲「ラ・セゾン」を除き、ファンのあいだでもあまり話題にならないのは残念ですが、
このアルバムのセールスの実績によって、その後もアンさんの好きなことが
続けていけることになったとも思われる重要な意味を持つ作品です。

CD化は昔されたものの現在は入手困難(私もアナログLPのみ所有)ですが、
25年以上経った今でも、洋楽好き・UK ロック好きにお勧めできるカッコ良さです。


曲目:
-------
01. PHOTPGRAPH
02. BABY LET ME STAY TONIGHT
03. さよならスウィートハート
04. LA-SAISON
05. SHAKE DOWN
06. DON'T SMILE FOR ME PART 1
07.CAN YOU LIGHT MY FIRE
08.ALL MIXED UP
09.AちょっとHOTみだら
10.つかのまスターダスト
11.DOUBLE VISION
12.DON'T SMILE FOR ME PART 2

おまけっぽいですが、 シングル「ラ・セゾン」(EP)のジャケットです。

               La_saison_ep_2

  金色に染めた髪とスタイルが「ニュー・ロマンティック」です。 美しい! 麗しい!
            JAPAN のデビッド・シルビアン風ですかね。


最後に、アンルイスの「ラ・セゾン」を、THE ROLL-UPS の演奏でご覧ください。

http://jp.youtube.com/watch?v=6VR306fCIIw

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/15

アルバム 『Broken Moment Passes』 by Okajimahal

               Okajimahal_broken_moment_paases

書こうと思ってなかなか書けなかった、  Okajimahal の CD 『Broken Moment Passes』 。

Okajimahal は、F,E,N, のドラマーでもある Okaji さん自身のプロジェクトで、
『Broken Moment Passes』 は、5月9日に発売になった、そのプロジェクトの初アルバム。
7月4日の F.E.N. のライブの際に購入しました。

実はマイミクさんから  5月10日のライブのお誘いを受けていたんですけど、
諸事情により行けませんでした。 ・・・ が、このアルバムを聴いて、行かなかったことを
激しく後悔しました!

インストですが、もうボクのド真ん中ついてきちゃいます。
(いくつド真ん中があるの? という質問はしないでください ・・・ 苦笑)

iTunes では Electronica/Dance というジャンルに分類されるようですが、
ワタクシ、すでにこのジャンル名の意味すら判っておりません。
自分なりには何と呼べばいいんだろう・・・ ハード・プログレ、う~ん、近いけど足りない・・・。

ギターのディストーションの音、気持ちいいです。 ギターソロも気持ちいいです。
ベースの重低音と、ギターとのユニゾンのリフがHR/HMっぽくて気持ちいいです。
6拍子とか ワンツースリー・ワンツースリー・ワンツー とか入り乱れて変態、あ、変拍子が
気持ちいいです。

こういうのが好きな人に。超お勧めです! 

で、このアルバム全篇を彩っているのが、アコースティック・バイオリンです!
この音色とメロディーが、すばらしく私を気持ちよくさせてくれるんです。

メロディアスなところは Camel をふと思い起こしましたが・・・・ ちと違う。
プログレで、フルートとか管楽器を使うのはたまに聴きますが、
ロック、プログレでバイオリンは聴いてこなかったので新鮮でした。
ロックではないですが、Jean-LucPonty を聴きたくなりました。

ということで、『Broken Moment Passes』、超きもちいい! ヘビロテです! 

曲目リスト:
1. Light From Chaos
2. Crawling Through Divine Darkness
3. In Ruins
4. Eye Far Away
5. Voices
6. MomentProceeds
7. As City Rises
8. Kowloon
9. Horizon
10. Still It Remains
11. When Light Blurred

Okajimahal の MySpace で試聴できます。
http://www.myspace.com/okajimahal

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/13

絶望ポーカー 恋愛編

マイミクさんに教えてもらった面白そうなネットのお遊び・・・・ 絶望ポーカー 恋愛編。

http://poker.hanihoh.com

やってみました・・・・   笑うに笑えんぞ。  でも当たってるような気がしてきた。(怖)
こんなカード、なかなか出せんぞ! (開き直り)


【絶望ポーカー恋愛編】

今ここに、恋愛人生を賭けて絶望ポーカーに挑む者がいる。

その男、Pink Cloud。ただならぬ空気をかもしだしたこの男は、今から始まるポーカーに命さえ賭けているようであった。その緊迫感ゆえに、彼は会場中の注目を集めていた。彼は真剣な面持ちで最初のカードを引いた。

┌─┐─┐─┐─┐─┐
│孤│犠│未│嫉│依│
│独│牲│練│妬│存│
└─┘─┘─┘─┘─┘

カードを開くと、会場には寒風が吹き荒れた。オールネガティブカードである。勝手に泣いているギャラリーもいた。しかし、Pink Cloudは「逆境スタートほど面白い」と、不気味に笑っていた。

Pink Cloudは「犠牲」「未練」「嫉妬」「依存」を捨てた。

残したカードは「孤独」のみ。Pink Cloudは、そこまでして「孤独」にこだわっているのだ。

彼は意を決して新しいカードを引いた。

┌─┐─┐─┐─┐─┐
│孤│孤│孤│孤│孤│
│独│独│独│独│独│
└─┘─┘─┘─┘─┘

「孤独」によるオールネガティブファイブカード…

中でも見所は「依存」を捨てて「孤独」がやってきた部分であろう。それがPink Cloudにはお似合いであった…。

人はPink Cloudをこう呼ぶ。「孤独に振り回される男」と。
────────
【技名】
逆境スタート&前向き人生、そして「孤独」によるオールネガティブファイブカード
【スコア】
-433点
────────
◆この結果URL
http://poker.hanihoh.com/r/?k=0808136twm48a1bb12e3a8b&th=01111EE
◆絶望ポーカー
http://poker.hanihoh.com

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロフィール写真、変えてみました♪

これ、本人ではございません。(わかってるって。ねえ。)

加部正義さまです。 渋い。
JL&C とか Pink Cloud でなくて、Vodka Collins のライブでのお写真です。 渋い。

ここで大きいのを・・・・ ご覧くださいませ。 (笑)

写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/12

白熊

指宿温泉に行きました。 その帰りにわざわざ鹿児島市内に立ち寄りました。
鹿児島で有名なかき氷を食べるため(だけに)です。 (笑)

発祥は「天文館」にある「むじゃき」というお店なので、当然「むじゃき」へ。
「本家白熊」だそうです。
写真 写真

ちょっと前まで天文館という建物があると思い込んでましたが、
繁華街のアーケードの通りの名前でした。(笑)
               写真

むじゃきは、ひとつのビルに、喫茶店の延長のようなファミレスっぽい店、
中華の店、お好み焼きの店に分かれ営業していますが、すべて白熊があります。
しかも、いろんな味(チョコレートとか、ストロベリーとか、以下省略)のバリエーションが
十数種類ありました。 正確な数、忘れました。(苦笑)

オリジナルの白熊は、白い色で、フルーツのトッピングがたくさんあって、
見た感じがクマの顔に似ているのが名前の由来らしいですが・・・・ 

ちなみに店の外では、宇多田ヒカルの「ぼくはクマ」が流れてました。 

とにかくでっかい!
               写真

すっごく暑い日で、店の中も冷房があまり効いてないぞ、汗でペタペタするぞ、
という感じでしたが、白熊を食べたら自分自身が冷房機になった感じで、
涼しい! 外に出てもしばらくの間は涼しい気分で過ごせました。
これ、普通に冷房が効いた店だと寒くなって食べられないんですね。

標準的な食べ方は、ひとつを二人で食べる感じですね。
男の友達通しというのは絵になりませんね。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/10

ライブということ

昨夜は、宮崎奈穂子さんのレコ発ライブで渋谷DESEOへ。
写真は、写メで画質が粗いですが、宮崎さんの3rd シングルと、その告知フライヤです。

ゲストに同じシアーレーベルの田中亜弥さん、伊吹唯さん、それにシアーボーカルスクールの
生徒さんがトータル10組出演するってことで、午後4:30開演、午後9:30過ぎ終演・・・・
ずっと立っていたので帰りは足ガクガクでした(苦笑)

開場が午後4時で、1時間弱早く渋谷に着いたので、近所の楽器屋を少しウロウロした後、
KIRIN CITY でブラウマイスターを一杯。 (笑)

実は開場前から行列が出来ていたそうです。 そうか、ファンの皆さんはそうなのか・・・。
CD購入 30番目で、十分満足です、ワタクシ (苦笑)

どのアーティストにも路上の固定ファンが大勢いて、その方々はファンクラブ
(私設応援団?)のように、皆さんお知り合いな感じです。ロビーが賑やかなこと!
僕はたまに路上のライブを見ることができるという程度だし、根っからの人見知りだし、
群れるのは得意ではないし(苦笑)、独りひっそりとしてました。

3月に 宮崎さんの 2nd シングルのレコ発が渋谷 Eggmanで行われたとき、
サポートでギターを弾いていたのが、シアーでエンジニア、アレンジャーもやっている
森慎之介さんで、今回は宮崎さんの曲で彼のギターが聴けるのもモチベーションでした。
前回ちがうメンバーで、音的にもハモ的にもちょっと残念だったのでね。
(その時のベース shioRi さんはメチャ良かったけど。)

森さんは、田中亜弥さん、伊吹唯さんのステージで、アコースティック・ギターを演ってました。
MCのあいだ、後ろで邪魔にならないように雰囲気のあるギターをチロチロ弾いてるのが
好きですね。(笑)
伊吹唯さんの歌を聞くのは2回目ぐらいでしたが、今回ぐっとくるものがありました。
ぐっときた「だからここで歌っている/言えなかった気持ち」のCD 買いました。

さて、宮崎さんのステージ、当然レコ発ですからメイン、トリですね。
DESEOのフロア、いっぱいの人でこりゃあ凄いと。  セットリストは、

1. あなたと (1st CDより)
2. 今夜の風に乗って (3rd CDより。 路上では11ヶ月前から歌っていたような・・・)
3. 3つの星 (3rd CDより。 プレステ2 のソフト、「カヌチ白き翼の章」挿入歌)
4. オレンジ (3rd CDより)
5. 優しい青 (1st CDより。タイトル曲)
6. HandHug (3rd CDより。タイトル曲)

Encore
7. おやすみなさい。 (2nd CDより。タイトル曲)

いやあ、宮崎さんが元気そうで楽しそうで、良かったですよ。
喉・声は、ちょっとだけ不安定なところもあったように思いましたが、
バンドと一体になったエナジーというかパワーというか、プラスが多かったですね。
これがライブの良さ。生でなければ。
歌は、1stから2nd、3rd と、だんだん自己の内面のメッセージから他の人を思う面が
大きくなっていく気がします。 

このバンドは、きっちりサポートを・・・ と言うより、ステージとして、ライブとして、
本当の意味のサポートが素晴らしかったですね。
いやいや、これはプロデュースと言ったほうが良いか。

森さんのギター、この日の直前に手に入れた中古のフェンダー・テレキャスだそうですが、
きっちり良い出音、ここちよいディストーションとサステイン、良かったですねえ。
MCのとき/宮崎さんが水を飲んでるとき/噛んだときなど、バンドが音を出して遊ぶんですが、
どんどんエスカレートして、アンコールでメンバー紹介で一人ずつステージに戻ってきて、
勝手にセッションやって遊んでましたよ。宮崎さん、「わたし、対処できませんけど(苦笑)」。

これぞ、生、ライブということ。  足ガクガクになるのもライブということ。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

意外に元気になってます(笑)

会社・仕事の上では依然として不調ですが。 というより窮地か。 (苦笑)

数年前に仕事関係で知り合って、その後、仕事上の関係がなくなってしまった人を、
昨年 mixi内で探し出しました。 まるでストーカーだよ。(笑)
いまは外資系の業務用ソフトウェアの仕事をしながら、趣味の音楽(バンド)をやってます。
その彼と、8月7日 木曜日に久しぶりに会いました。

連れて行ってもらったのが、六本木三丁目にある「YAKITORI 燃」 という、炭火串焼き屋。
「燃」は「モエ」と読むんです。 萌え ? 何?
お通しとして出てきたのが小鉢などではなくて、さかずきに入ったシャンパン、モエシャンドン
でした。そのモエだったのか? ん、おしゃれ・・・ オレはバチガイか?
               写真

だがしかし、地下一階にある店の扉の横に張ってあった、新日本プロレスのポスターを
見逃してはいませんぜ。 あとで知ったのですが、長州力さん(小力じゃないですぞ)が
常連さんのようです。   ・・・・ となると・・・・
アニマル浜口さんの「燃えろーっ!」に繋がるぞ。 いやー、マニアックで済みません。(笑)

旨かった。 備長炭で焼く串。
ねぎま、つくね+こだわりの玉子黄味、やげんなんこつ、きも、ぼんちり を頂きました。
他に、鳥刺し、塩昆布のさっぱりサラダ (これが病みつきになるぐらい旨い!)など・・・。
生ビールはキリンブラウマイスター、これ正解。
               写真

その後、その店の町内会の範囲で彼のいとこがやってるバーへ。(ごめん、名前失念)
いとこさんはバンドのVo です。 音楽の趣味の幅が広くて、店ではアナログ・レコードを
かけてます。 BBAライブ、第二期JBG、かけてくれました。
次の彼らのライブには行きたいなー。 
「Pink Cloud さんも (← ここ、ほんとは本名) やってください!」 と。 「がんばるよ〜!」

*** 

日は変わり、8月8日 金曜日、お世話になっている業界の有名雑誌の副編集長と女性記者を
お招きして、白金高輪の「福わうち」という和食のお店へ。
写真

オーナーが、「うちは居酒屋じゃない。メシやだ。」とおっしゃってるそうで、そのとおり、
新鮮な魚が売りの家庭料理的な創作和食・・・とでもお呼びしましょうか。
ここの生ビールはエビス! はい、これも正解ですね。
おまかせのコースにしたら、しっかり食べなくては! というほど美味しい料理が色々。

意外と元気って、美味しいものを食べられて元気ってことか >自分につっこみ (苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/07

よく わかんないけど

昨日の宮崎奈穂子さんの新曲の無料ダウンロードは、
iTunes Store でも レコ直♪ でも、検索しても出てこないので
どういうことだと思ってたんだけど、どうも携帯の着うたのことのようです。

よく わかんないけど。 delicious

ご本人の blogに、携帯サイトからのダウンロードの手順が書かれてました。
ダウンロードにいったら、サビ と書いてました。 サビ だけか・・・・。 sad
土曜日、物販してるに違いないから、そこで手にいれますが。 shine


携帯別、ダウンロードの手順:
(ほとんど特定のマイミクさんに向けて書いてるようなもんですが・・・ bleah

EZweb:EZトップメニュー→カテゴリで探す→着うた→J-POP
→レコード会社直営♪→:検索:宮崎奈穂子

i-mode:iMenu→メニュー/検索→着うた/着モーション→J-POP
→レコード会社直営♪→:検索:宮崎奈穂子

Yahoo!ケータイ:メニューリスト→着うた・ビデオ・メロディ
→着うた→J-POP・インディーズ→レコード会社直営♪→検索:宮崎奈穂子


ところで、まったく関係ないですが、これからマイミクさんと六本木で焼き鳥です!
3時間限定でベロンベロンの予定 (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/06

宮崎奈穂子さんの新曲

3rd maxi シングルの 「Hand Hug」 がリリースされました。
正確には 8月13日発売、ネットで有料配信開始ですが、
今日 8月6日から1週間の期間限定で、無料配信されるそうです。

レコ直♪ http://recochoku.jp/index.html

iTunes http://www.apple.com/jp/itunes/store/

(午後7時現在、まだ配信開始になっていないようです)

1st、2nd シングルの楽曲を携えて実施してきた路上ライブで感じたこと、
両手で握手することで、出会った人との継続したつながりを信じていきたいという気持ちを
込めてつくったそうです。

この曲のレコ発ライブが 8月9日 渋谷DESEOで行われます。

http://www.sheer.co.jp/label/event/event020.html

これ、行きます。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/05

退院と入院 ?


リペアに出していた楽器(ベース)が退院してきました。 こいつ ↑ です。

ネック、ブリッジ、弦高、オクターブなどの全体調整に加えて、フレットすり合わせも実施。
あとは電気部品を一部交換して再配線など。 
ちょっと弾いただけ(さわっただけ?)ですが、すごく弾きやすくなった感じがします。 
ほんとに気分の問題かも。(苦笑) 気分を新たに、こいつを大事にしようと思います。

これから必要なのは自分のリペアですわ。 (苦笑)


で、気のめいることが突然・・・・。  PC、壊れました。
正確には内蔵のハードディスクが認識できなくなりました。突然。
1週間ぶりにPCの電源を入れて起動しようとしたところ、カラカラ、コロコロ、異音がして、
なんだかイヤな予感がするなとおもったら、案の定です。

たぶん内蔵ディスクの交換かなー。 今度の週末はPCが入院ですかねぇ。

一応、外部ディスクにデータのバックアップは取っている(ハズ)なので、
交換でもいいからハード的に復活できれば、なんとかなると思うんですけど・・・・
めんどくさいっ! (苦笑)  しばらく mixi が不自由です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/04

豪雨と雷の真っ只中

羽田から志木・朝霞台(池袋から北西、埼玉県)方面に空港バスで移動中です。

結構なスリルです。(苦笑)

昨日の首都高・池袋線のタンクローリー横転・爆発・炎上の影響で、湾岸から中環(C2)を通って川口JCT経由の、すごい遠回りです。

電車にしておけばよかった…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

地域限定 バリうま!

もう一発、熊本ネタですが。

トンコツ・ラーメン、九州ラーメンと言えば博多ラーメンが有名なんでしょうけど、
僕は熊本ラーメンが好きでして、新宿・池袋の近場では「味千ラーメン」、「肥後のれん」、
「桂花ラーメン」などを身体が求めるわけです。

カップ麺で「とんこつ味」とかありますけど、いったい何ラーメンなのかわかりませんね。
熊本ラーメンのカップ麺なんて、そんなマイナーなものはつくるわけないよなと思いますが、
やはり地元は違いますね。

マルちゃん(東洋水産)の熊本ラーメンのカップ麺がありました!

バリうま! です (笑)  ちゃんと黒マー油入りです。

写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/03

シングルモルトな地方スーパー

熊本に来てます。

市内とは言え郊外の、普通の住宅街のスーパーにて、
何の期待もなくボンヤリとお酒コーナーに行ってみたところ…

グレンフィディック、ラガヴーリン、マッカラン、ラフロイグ、ボウモア、ハイランドパーク
といった、シングルモルトのスコッチ・ウイスキーの数々が・・・・ 軽く目まいが (笑)
日本の山崎、白州も ・・・

写真

左下の白いのはニッカのブランデー。  この左横に目を移すと・・・ 
おおっと、バーボンのブッカーズが・・・・  さらに目まいが (苦笑)

写真

なんだ、このスーパーは!  きっと店長がウイスキー好きなんだろーな。

関係ないけど、ちょっとニヤニヤしてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/02

悲しい知らせ

先日は、ご注文をいただきましてありがとうございました。
いつもご利用をいただきましてありがとうございます。

アメリカ本社に確認いたしましたところ、ご注文いただきました商品につきましては、
他のサイトでも併売しておりますため在庫切れとなっており、
提携先にも問い合わせておりまし たが、入手することができませんでしたので、
いただきました代金全額を返金させていただく手配をとらせていただきました。

・・・・ っていうメールが昨日届いてました。
ある有名アーティストの 3年ほど前に海外でリリースされたCDですが、すでに廃盤。
アマゾンのマーケット・プレイスで見つけて少し前に注文していたんですが、
1週間ほど待った末の結論がこれでした。

まあ、お金は返してくれるって言うし、次に同じ店で品物を購入するときには割引きするって
言うし(そんな機会があるかどうか不明ですが)、タイミングが悪かったというか縁が無かった
と思って納得しようと思います・・・・。

このお店に対しては、ですけどね。(苦笑)

今夜少し調べたところ、今年(というか7月)、同タイトルのCDがリリースされているでは
ないですか!  
海外に直接オーダーするわけですが、以前に Jeff Beck のオフィシャル・ブートレッグの
ライブ盤を海外SONYから購入したこともあるし、狙いたいと思います !
(そのときは、直後に国内でも発売になりましたけど・・・ 苦笑)

めでたく入手できたら、また日記にしたいと思います。 (めげないヤツ >オレ ・・・苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/08/01

四谷天窓の夜

7月28日、高田馬場にある四谷天窓.comfort というライブスペースに行ってきました。

四谷天窓はその名の通り、もともとは四谷にあったそうですが、2年ほど前に現在の場所に
移転してきたそうです。 
四谷時代の2002年には、山崎まさよしさんもシークレット・ライブをやったそうです。
その他、いろんな有名アーティストが出演していたとのこと。
(昔、ちょっとだけ好きだった橘いずみさんも・・・・)

ライブハウスは同じビルに四谷天窓、四谷天窓.compfot の
2スペースがあります。 両方ともアコースティック・ライブのスペースで、
comfort のほうはグランド・ピアノがドカンと置いてあります。

この日は、comfortのほうでオーディション・ライブという催しものがありました。
当初4組のアーティストが出演予定でしたが、当日3組に変更になっていました。
目当ては「ゆーすけ」さん、1月に某ライブ・イベントでゲスト出演されていて、
たまたま遭遇したアーティストです。 もともとはバンド(デュオ?)だったのかな・・・
いまは独りでアコギでライブされてます。

ギターのカッティングの心地よさ、フィンガー・ピッキングのかっこよさ、
オフマイクでも歌い上げる声量と歌唱力・・・・ テレながら、でも笑いを誘うMC(笑)

1月のライブ以来、なかなかライブに行く機会がなかったんですが
今回は高田馬場ということで定時退社で応援に行きました。

まあ、他の出演アーティストさんには申し訳ないですが、地力と経験が違いますわ。
これで四谷天窓さんがオーディション合格にしなかったら怒りますよ。(笑)

1曲、「光」というバラードがとても良くて、(もちろん他の曲も良かったけど)
その曲が入っている少し前のCDRは手に入れられないか本人に聞いてみたら、
なんと残り1枚持っていたので、最新のCDRともども買わせていただきました。
(おまけしてくれてありがと)

                 写真は最新のCDRです。
              写真

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »