« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月の19件の記事

2008/09/29

The Who 追加公演発表

11月19日(水) 日本武道館 19:00〜

やっと追加公演が正式発表されましたね。 これが今回の来日公演の最終ですね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

加部さんが元気

加部さんがライブやるってことは身体の調子がいい証拠で嬉しいですね。

10月5日、FTB とともにJL&C が出演します。 もちろん行きます。 端っこだけど。
さらに・・・ 昨日(もう一昨日)チケット発売開始だったらしいのが、

THE GOLDEN CUPS & G.S.スーパーユニット @ JCBホール、ゲスト:井上堯之
     
G.S.スーパーユニットは、三原綱木/岡本信/真木ひでと/東ユースケ・・・
こっちは個人的にはどうでもいいんですが(ごめんなさい)、
カップスは、デイブ平尾/エディ藩/ルイズルイス加部/マモル・マヌー/ミッキー吉野! 

うわー、加部さん、ベース弾きますか!?  だったら行きたいけど。

公演日 2008年11月28日(金)
会場 JCBホール
券種・料金 全席指定 \8,000

僕は元気な、欲を言ったらリード・ベースの加部さんが見たいので、
前みたいにサポート・メンバーだとちょっとなあ、なんです。
(いや、鮫島さん自体は良いんですよ、でも・・・)

8000円、きついなあ。 どうしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/28

○ 最強暴君 vs. 絶対王者

昨晩は、K1 ワールドGP 開幕戦。

最強暴君 ピーター・アーツが、
「あいつを誰かが止めなきゃならない。 K1を守るためにオレがやる。」 という覚悟で臨んだ、
K1 GP 3連覇中の絶対王者 セーム・シュルト戦が最大の目玉でした。 (僕のなかでは)

1R 開始当初から、アグレッシブに攻めていくアーツ。 冷静に対応するシュルト。
1R-2Rは、攻め疲れ気味のアーツ 対 王者の風格 シュルト、という図式に見えなくもなく、
シュルトのカウンターが怖いぞ、とドキドキでした。 

(あ、そうそう、僕はアーツを応援してました。)

3R、シュルトが実は余裕がないという様子、肩で息をしているアーツがそれでも攻め続ける、
シュルトは明らかに嫌がってクリンチが多い。 注意が入る。ブーイングすらも。

そして、判定。 2-0 (1分け)で アーツ勝利!  
よぉーっしゃーっ! パチパチパチパチ! バンザーイ !!

司会進行で放送席にいた、アーツ大好きの藤原紀香が、試合中 「いけいけいけいけーっ!」
判定結果を待つあいだ、両手を合わせて祈るような表情。
アーツ勝利が確定して、大拍手・・・  終始、涙目でしたね。 
完全に主観バリバリの放送でした。 いいのか、それで? まあ、許しますが。(笑)

決勝戦は 12月6日、横浜アリーナ、準決勝の相手はバダ・ハリ、若いけど強敵です。 
ピーター・アーツにはぜひとも、生涯 4回目の K1 GP優勝を成し遂げて欲しい。

年をとっても、いちど戦う緊張の糸が切れて大スランプで沈んでいても、
力強く復活する姿を見せて欲しい。 若いもんに負けてはおれんぞと。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/26

今日は渋谷で 7時 - Okajimahal

Okajimahal の関係者ではないですが、Okajimahal という音楽プロジェクトの Okaji さんの
マイミクにしてもらっているという関係です。 (笑)

Okajimahal とは・・・  http://okajimahal.jpn.org/ より・・・
--------------------------------------------------
"Okajimahal"=オカジマハルとは、
ドラマー/パーカッショニスト・okajiによる、
ハイパーエゴイスティックミュージックプロジェクトである。
現在、レギュラーメンバーに、

  KEN(Gt)
  高野幹太(Ba)
  水谷美月(Vn)
  K(Gt)
  龍山一平(Key)

を向かえ活動中。
--------------------------------------------------

アルバム 『BrokenMomentPasses』 のこと、僕の日記に書きました。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=902508705&owner_id=14142970

で、今夜は渋谷DESEOに行きますよ。
Okaji さんは、HeavensDust というバンドが全米契約を結ぶため、それに専念するために、
他のバンド活動を脱退して、12月/1月ぐらいから米国 Los Angels に移り住むそうです。
Okajimahal も活動凍結になってしまうので、凍結前のラストライブってことで、
参戦いたしやす。

【JIL SOUND】 @ 渋谷DESEO
出演: okajimahal/Aria Asia/ソノダバンド
Open/Start:18:30/19:00

Okajimahal は、3番目(つまりトリ)、8時50分ごろの出番だそうです。

活動凍結は残念だけど、全米での活動の契約ってのはスゴイ。
今夜のライブが楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二人だけの送別会

昨日は、2年以上アシスタントをしてくれた人の最終出社日でした。
後任者が未決定なので、引継ぎをするといっても限られた状況で、
できるかぎりのことを残してくれました。 本当に良い人でした。

彼女は、環境が悪くならなければ、もっといてくれたのかもしれません。
なにが起こっていたかというのは先月の日記に書きましたけど・・・。

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=910680242&owner_id=14142970

今回、驚くやら頷くやらというのが、その日記で書いたもう一方の当事者でした。
その人は、彼女の退職を知るや、記念品のための寄付を集めたり、
記念品を買いに行ったり、送別ランチの会を設定したり・・・・
それはそれは、すばらしい「いい人」ぶりでした。 本当はまったく逆なのに。
恐ろしい・・・・。

僕は、そのランチには参加しませんでした。 参加したくなかったというのが本音です。
辞めていく彼女には申し訳なかったけれど。
その代わりと言ってはなんですが、最終最後の片付けが終わるまで待って、
二人だけで軽く送別会をしました。

日比谷BAR 新宿西口店で、カクテルを飲みながら、2時間強、いろいろと話ができて
良かった。 体を良くして、やりたい勉強をやって、良い場所で明るく働いてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/22

独り六本木、スタバ中

突然ですが、六本木に来てます。スタバで茶〜してます。

出勤前のお姉さんがたがたくさんいらっしゃいますね〜。

いや、同伴とかそんな企みではございません。(キッパリ)

もう少ししたら、マイミクさんが出演するライブハウスに行きます。
すぐ近くでスタバってるってわけです。

21時の出番なので時間はまだだけど、そろそろ行くかな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/21

9月26日、ライブ 3重衝突

次の金曜日、9月26日の夜、行きたいと思ったライブが、3つ、ぶつかってしまいました。


まずは、四谷 Outbreak にて、『 20世紀のレガロス 』 トリビュート・バンド 3 days の初日・・・
マイミクさんのバンド 「Beckology」 が出演。 (Beckology さん、告知用の写真、拝借しました。)

写真

Beckologyさんは、Jeff Beck のインストが中心のバンドですが、このイベントでは
7月の刈りJAMと同様に、ゲスト Vo を入れて、第二期 Jeff Beck Group を演るとのことで、
前回みることができなかったし、第二期JBG好きとしては行きたい!


つぎは、渋谷 O-EAST 1階の DUO Music Exchange にて、『SHEENA&THE ROKKETS』、
スペシャル・ゲストに 仲井戸“CHABO”麗市 !
おぉぉぉっ! 25年以上昔の気分に遡って、ロックンロールするのもいいんじゃないかい!?

写真


さらに、渋谷DESEO にて、F.E.N. のドラマーでもある Okaji さんのリーダー・プロジェクト、
Okajimahal の 5月のレコ発ライブ以来のライブ。 5月は行けなかったし、これも行きたい。

写真


さあ、どうする? > オレ


まず、消去法で、シーナ&ロケッツを諦めて (苦笑)
Beckology と Okajimahal の出番の時間を確かめて、ハシゴできそうだったら!
・・・と もくろんでいたんだけど、 微妙に時間がかぶる・・・ っていうかハシゴ、無理。

聞けば、Okajimahal は、このライブを最後にしばらく活動凍結になるらしい・・・
「限定」、「今だけ」、「これが最後」、なんて言葉にはめっぽう弱い。

Beckology のみなさん、ごめんなさいっ! sweat01  10月31日 KABUTO は行きますので!

9月26日は、生 Okajimahal の変拍子で、脳みそユラユラさせてきたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/20

小島良喜 & Char !

# さすが、私のマイミクさんは情報が早いなあ。 
# blogにいち早く情報を載せてらっしゃいました。

小島良喜さんの 1st ソロ 『KOJIMA』、10月22日発売!
カバー2曲「片思い」「君と歩いた道」を含む12曲収録。

               写真

参加ミュージシャン:
山木秀夫(ds)、金沢英明(b)、峰厚介(sax)、Char(g)、TOKU(flh)、Shiho(vo) from Fried Pride

曲目:
1.KATAOMOI
2."A"CAT called "C"
3.Are You Happy
4.Cool "J"
5.Kimi To Aruita Michi
6.DRAGON FLY
7.TRUTH
8.BASSAB
9.AWAWA
10.BANG
11.Stay out of my way
12.NAP


さらに、アルバム発売記念ライブが BLUES ALLEY JAPANで 12月15日、16日!

小島良喜 1st Album 「KOJIMA」 発売記念LIVE
(Pf)小島良喜 (G)Char (Vo/Flgh)TOKU (B)金澤英明 (Ds)鶴谷智生 (Sax)古村敏比古

写真

こりゃ、えらいこっちゃですわ〜 (笑)  15日か16日の目黒、どちらかに参戦します。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/19

ともだち

昨晩は、9年来のリア友で、ミク友歴 4ヶ月余りの女の子と、約11ヶ月ぶりぐらいに会いました。

# 「女の子」 と書いといたぞ。 これでいいか? > ぼくと昨日ごはんを食べたキミへ

行ったさきは、前も日記に書いた、これまた9年来のご贔屓のお店、恵比寿の「民家」。

写真

ここの二代目も、9ヶ月ほど前にマイミクになりました。
# 政ちゃん、ネットから勝手に写真借用しました。

とっておきのマグロの刺身、トロトロでした! サンマの刺身も旨かった!
最近の一押し、大きな生ししゃもの串揚げも! 定番のだし巻き玉子も!
そして〆は、わっぱめし!!  エビス生と、銀盤と、黒霧島。 あ、泡盛を飲むのを忘れた。

さてさて・・・・ 9年来のリアルな友人と言っても、この数年は年に1回か2回、
他の友人と集まるぐらいの付き合いだけど、短期間でも仕事で濃い付き合いをすると、
長い時間がたっても気楽に話ができるんだなーと。 改めて実感しました。

そのころ、5〜6人の小さいオフィスで、わからんちんの雇われ社長や、
仕事できない逃げまくりエンジニアのなかで、大きな怪獣相手に戦うために、
無心に何でもやった同志って感じです。 短期間って、1年弱だけど。 いい友人。

いろいろね、お互い不安も抱えているよね。 みんな、もがき苦しんでんだぁ!
でも、信じる人、信じてくれる人、が近くにいてくれるなら、それが一番の幸せだ。

日本語の「とも」には、「一緒に」という意味があって、日本に漢字が入ってきたときに、
「共」という字が当てられて、それから、「供(とも)」という字や「伴(とも)」という字が
当てられるようになって、さらに、「友(とも)」という字になったそうです。 
すべて「一緒に」という意味を持っています。

ともだち ・・・ 一緒に笑って、一緒に泣いて、一緒に飲んで、一緒に吠えるんだ!
グォ〜ッ !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/17

【映像追加】 Jeff Beck ロニースコッツの夜 (2007年)

            (左、お店の外観。          右、お店のサイン。)

って、私が行ったわけではないので悪しからず・・・ (苦笑)

ロニースコッツはロンドンの老舗のジャズ・ライブハウスです。
200人から300人ぐらいのキャパで、食事もきちんととれて(それなりの良いお値段で!)、
テーブルやバーでお酒も飲めるお店です。

日本では、コットンクラブ、ブルーノート、ビルボードライブ、モーションブルーってな
感じだと思えば良いのでしょうか・・・・

   写真      写真 

 (店内の雰囲気・・・・ ステージと客席の位置関係やレイアウトが解りづらいですが・・・)

ここで、私が大好きな Jeff Beck 大先生が、昨年の11月下旬にライブをやっています。
マニアなファンの方は知っているでしょうけど、一般には話題にはなってなかったと思います。
なにせ、本人のオフィシャルサイトにも事前告知も、事後報告も、何もないですからね。(笑)

そのときのベーシストだった Tal Wilkenfeld のオフィシャルサイトには、
Gig 情報が掲載されていました。

2007年 11月27日  スペシャル・ゲスト Imogen Heap
2007年 11月28日  スペシャル・ゲスト Joss Stone
2007年 11月29日  スペシャル・ゲスト Eric Clapton
2007年 11月30日  オープニング・アクト Jeff Beck with The Big Town Playboys
2007年 12月 1日  スペシャル・ゲスト Imogen Heap

5夜連続ですからね、しかも、3日目のスペシャル・ゲストがクラプトン、
4日目は2部構成ですよ。 もう卒倒しそうですよね。 (笑)

Jeff Beck 大先生は、Eric Clapton との共演のときはスライドを弾いて、
Claptonがリードを取ったそうです。 失神モノです。
この2人の御大に挟まれた Tal 嬢の心臓の強さったらありませんよね。

このライブハウスで演奏中の Jeff Beck 大先生と Tal 嬢。 (楽しそうですね)

写真

----
(2008.09.18 映像みつけたので追加しました。 短くてぶれぶれですが sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/16

1周年記念 10,000 アクセスの切り番

前の日記からの続きみたいなものですが・・・

------------------------------------------------------------
日付: 2008年 9月16日 火曜日 23時23分14秒
差出人: mixi@mixi.jp
件名: [mixi] 足あと10000人目はこの方です!

Pink Cloudさん、こんにちは。

mixiからのお知らせです。Pink Cloud さんのページ全体のアクセス数が
10000アクセスを超えました。記念すべき10000アクセス目の訪問者は
風子 さんでした!

以下のURLより 風子 さんのプロフィールを見ることができます。
これをきっかけにアクセスしてみてはいかがですか。
プロフィールを見る→ http://mixi.jp/show_friend.pl?id=278321
------------------------------------------------------------

風子さん、いつも有難うございます。
mixi 丸1年のこの日、23:23 に、風子さんのご来訪により、10,000件アクセスを
達成できました。 ありがとうございました。 

マイミクのみなさん、 今日はこのクダラナイ、かつ突発的な企画にご協力いただき、
ほんとうに有難うございました。 これからもよろしくお願いします。 happy01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

あれ、もしかして、まる1年 ?

昨年、2007年 9月 17日に、友人から mixi の招待メールを受け取りました。
その数日前に久しぶりに会って、mixi の話題がでたので招待してくれと頼んだのでした。

なんとなく 9月下旬だと思っていたのは、日記を書き始めたのと混同してるんだな・・・・。

なんやかんやで、今日で丸1年経ちました。 明日から 2年目です。
おかげ様で、いろいろと親切な方々に出会い、マイミクになって頂くことことができました。
みなさん有難うございます。 これからもヨロシクお願いします。

アクセス件数は、正直に言うと、少し気になったときがありました。
6,000件までだったかな・・・ 1,000件ごとに「足あとお知らせメール」の設定をして、
お知らせメールがきたら日記でキリ番の発表をして・・・ ってなことをやってました。

7,000件目のキリ番を踏んだ方が、ちょっと怪しげな感じで(若い、可愛い女性)
日記に書くのを止めました。 8,000と9,000は、設定を更新するのを忘れてしまっていて、
記録なし・・・・  続けてやっていることが、こうやって一旦とまってしまうと、
一気にやる気がなくなる性格です。 (苦笑)

・・・ とか言いつつ、10,000件目は 1年以内にとか思ってましたが、まだ少し足らない。
まあ、そんなことを気にするのは卒業しましたよ、しました。 はい。

でも、せっかくだから、10,000アクセスあると、記念になるなあ ・・・ (ブツブツ)

あと、38 アクセスです。  bleah

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/15

チャイニーズ定食屋

アメリカ出張中のある夜、夕食を食べるのに、あまり目的をはっきりさせないまま
車を走らせてました。 大きな道路なので、なにかしら出てくるだろう、適当に入ってみようと。

で、思い違いで、道を一本まちがえてしまって、しかもそれにずっと気がつかないで走って、
ずいぶんしてから、「あ、こりゃ違うぞ・・・・」 と。 まあ、それでも何となく、昔みた覚えのある
道路の名前でリカバリーを試みてみました。 でも、方向がわからなくなって、いよいよ不安
になってきました。

同乗者も腹をすかせてることだし、とりあえず小さな店が数店舗あつまっているブロックに
車を入れて、見渡したら小さなチャイニーズ・レストラン、まあ日本的には定食屋さんて
感じの店があったので、そこに飛び込み。 
なんだか無愛想な感じの店だなあ、と失礼なことを思いつつ、注文を・・・・ 

そしたら、無愛想だと思ってしまった店のおばちゃんがメチャクチャ気さくな人で、
いろいろ話しかけてきてくれて、世間話とかするわ、他の客に、「日本から来てんだってよ、
1週間ぐらい居るんだってさ。」とか、紹介してくれちゃうわ・・・ (苦笑)

で、飲み食いしながら、おしゃべりしながら、
「xxx の方面に行きたいんだけど、どう行けばいい?」 と質問。

おばちゃん
「あー、そんなの簡単だよ。 そこを曲がって、次を右いって、ずっとまっすぐいって・・・ 
で、実際どこが目的地だあ? ホテルかあ? なんて名前だ?」

わたし
「行きたいのは xxx ってとこ。 近くに *** ってチャイニーズのスーパーがある。」

おばちゃん
「なーんだよ、だったらもっと簡単だよ。 その道をこっち行って、こう行けば・・・
あ、ちょっと待ってろ。あたしが地図書いてやっから。」 (で、注文とりの紙とペンで)

・・・ すげー有難い。 けど判りづらい (苦笑)

そのうち、厨房にいたおじちゃん(ダンナさん)がでてきて、
「いや、こういったらフリーウェイがあっから、それをこう行って・・・」

おばちゃん
「なーに言ってんのよ、アンタ! そんなの面倒だーよ。 こっちの方がよかっぺ。」

おじちゃん
「いや、こっちのほうが判りやすかっぺ。」

おばちゃん
「あたしゃ、しょっちゅうあのスーパーのあたりとか行ってるっぺ。
あたしのほうが詳しいっぺ。」

おじちゃん
「そっかあ? オレのいうのもいいんだがなあ。 まあお前がそういうならなあ。」

ワタシたちは、二人のやり取りをポケーっと見てました。

で、おばちゃん、ついに、
「こっちさ、来い」 と、ワタシを店の外に連れて行き、
「あの信号みえるか? みえるべ? あれを あーいってこーいって、そしたらあーして・・・」

なんて親切なんだろう。 なんてアッタカイんだろ。 
小さい、決してファンシーとは呼べない店を、二人で手作りの料理で営んでるんです。
幸せってのは、そういうところにあるもんだな。

ありがとう、おばちゃん、おじちゃん。 無事にホテルに到着したよ。
そして、無事に日本に帰りました。

もう一度、あの店を訪れてみようと思いますがちゃんと行けるかどうか・・・ どうだろ (苦笑)

* もちろん、おじちゃん・おばちゃんは日本語や日本語の方言をしゃべってたわけでは
 ありません。 なんとなく、こんな雰囲気かなあということで表現してみました。 (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/13

異国でライブハウス

出張しても最近は一人で過ごすことが多かったんですが、
これって、日本にいても、気がついたら一人でいることが多くなるのも
共通点があるかもしれません。  実際、ぼくは独りでいるのが好きかも。

今日は、部下の Hくんが、本社の人と話を進めてくれていた、会社からはちょっと
離れた街にあるライブ・スポットに行ってきました。
(下↓  参照ください。)

写真

話を聞いたときは実はあまり乗り気じゃなかったんでよ、わたしは。
出張最後の日は、いつもそうなんだけど、ずっと前からオーナーを知っている、
偽りなき日本食の店に行きたいと思っているので・・・

でも、今回、日本では完璧ペーパー免許の部下と、車をシェアしているし、
彼の希望を聞いてあげなきゃな、と思って頑張って行ってきましたよ!

到着するまで、不慣れなもので色々苦労はしましたが・・・・

メインのバンドはこのへんでは良く知られているらしい。
ステージの前がダンスフロアになっていて、年配のカップルが踊ってんです。
なんだか、ダンス・パーティのためのバンドみたいで・・・・ ちょっとな〜。

それと違って、オープニング・アクトを演ったバンドは、ブルース・ロックを中心に
ギター&Vo が、セミアコでいろんな音&ジャンルを出してて、
ベースもツーフィンガーで早弾きのフレーズをおり混ぜたり、
楽しかったです。 すっげーよかったです!  

(昨夜、酔っ払ってたのと眠かったので、なんかヘンな文を書いていたので
修正・追記しました。  笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/12

異国で嬉しかったこと

無事にアメリカ 4日目の仕事が終了。 なにが無事なんだか、わかりまへんが。(苦笑)

夕べはちょっと嬉しいことがありました。

夕方、会社のインド系の人がデスクにきて、
「いまから時間ある?」っていうんで 「何?」 と聞き返したら、「ビールでもどう?」

正直、こういうのはメンドクサイと思うときもあるけど、すごく良い人なので行きました。

なにか言葉を選んでる感じがあって、悪い話でもあるのかな・・・と思っていたら、
こっちの最近のことなど聞いてきて・・・ で、彼から言われたのが

「すごくストレスをうけてるように見えるよ。」

で、私の上司がどういうタイプで、どういうタイプが好きで、どういうことを期待する人か、
それに対応できている良い例、対応できてない良くない例など、話してくれました。
「あくまでも自分が感じていることだから、正しくは無いかもしれないけど」と前置きしながら。

「こういう話は、あまりしないけど、君のことは前からずっとリスペクトしているし、
フレンドだと思っているから。 ボクが何を助けてあげられるかわからないけど、
助けてあげられることは無いかもしれないけど、何か話したいことがあったら
いつでも言ってくれよ。 フレンドだから。」 と言ってくれましてねぇ。

いやー、嬉しかったです。 日本でこんなことを言ってくれる人、いないですからね。
日本人だと言えないか、照れくさくて。(笑)
ガキじゃあるまいし、こんなことを言われたからって、どんな人でも信じたり喜んだり
するわけではないですが、この人が私に対して計算することなんて有り得ないし、
素直に心にしみました。


♪胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に 変わるように
  いつも 今日だって 僕らは動いてる
  嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう
  もっと 大きなはずの自分を探す 終わりなき旅

( 『終わりなき旅』 Mr.Children  桜井和寿 )

最近、ミスチルばっかです (苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/10

命はとりとめましたけど・・・



例えば誰か一人の命と
引き換えに世界を救えるとして
僕は誰かが 名乗り出るのを
待っているだけの男だ

(「HERO」Mr.Children 桜井和寿)


・・・ 気がついたら肉食獣に捕らわれていました。
『言うとおりにやれ、さもないとお前を食ってしまうぞ』

ここで食われてしまうわけにはいかない。



愛すべきたくさんの人たちが
僕を臆病者に変えてしまったんだ ...


・・・ どなたもコメントのしようがないですよね、これは。(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

出発

してきます・・・ アメリカにある本社に出張です。

と言っても、フライトは夕方ですけどね。 (笑)

先週の金曜に、日本の会社の上の方から、意味深というか
「はあ、やっぱり何かあるんだな。 てか、向こうですごいこと何か言われるんだ。」
と簡単に予想できることを言われてましてね。 

いわば、いまの職責に対する私の能力に疑問があるかも、とかなんとか・・・ 
まあ、大人とは言え、そんなことを目の前で言われたらねぇ、
午後のレコーディングも上の空・・・・ ってことも無かったけど、実は。 (苦笑)

で、「あなたの組織は大きく変わりますよ。 ・・・ あ、そうなんじゃないですかね。」

わかりやすいだろ。 もう決まってるみたいに、わかっちゃうだろ。
「あ、」 とはなんだよ。 ったく、へたくそ。

で、前から決まっていた本社への出張です。 直接の上司は本社にいます。
英語で難しい、ややこしいこと言われるんだろーか。

ま、なるようになるさ、かな。 

♪ 何がおきても変じゃない そんな時代さ 覚悟はできてる

( es 〜Theme of es〜 by Mr Children,  桜井和寿)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/05

レコーディング終了

………

って、音楽関係じゃないんですけどね。(笑)

仕事上の手段のひとつとして、インターネット配信のセミナーをやってまして、
その音声の収録でした。\(^O^)/

        写真

昨夜、じゃなくて、今日の午前5時ちょっと前に、
原稿を書き終えて、リハもなく本番に行くしかない
スケジュールでしたけど、その割りには、まあまあスムーズでしたが。

単語単位やフレーズ単位で音のデータを差し換えたりを
その場でやりながら、最小限の録り直しで済むので
楽です。デジタル、万歳!

これから音源の最終調整と、画像と同期取る作業です。

あ、ワタシがやるわけではないですけどね。(笑)
10月上旬、某サイトから配信予定です。地味〜(苦笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/02

死ぬほど

忙しい

って、よく言いますけど、ほんとに死ぬほどのことになるのは、そうそうはないですよね。

過労死っていうのはありますが・・・ そんなことにはならないようにとは思います。

15年ぐらいまえ、学生時代の先輩が亡くなってしまいました。
学生時代はベーシストでした。 西荻のアパートに泊めてもらったこともありました。
夜おそくに就寝して、朝、起きてこなかったそうです。
私も悲しかったですが、ご家族の悲しみ・辛さは相当なものだったでしょう。
先輩自身も悔しかっただろうな。 

生きてることは素晴らしい。 生きてるだけでありがたい。

今週、ものすごく仕事が溜まってキュウキュウです。 
来週は本社に出張で、上司にギュウギュウ絞られそうです。 
手ぐすねひいて待ってるって。 会社での生命の危機が・・・ (苦笑)

出来るだけのことは、しっかりやります。 ちょっとキツイけど。
肉体的な意味では ♪ 誰もアンタを殺しゃしないから〜  ですからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »