« 忌野清志郎さんの告別式と追悼特番 | トップページ | 5月8日 東京ドーム »

2009/05/10

グループ・アンド・アイ (2009.05.05)

Vs_1_20090505_4

Vs_2_20090505_8

2009年5月5日、渋谷 duo music exchange で行われた
「~First and Last~ 加部正義 vs ルイズルイス加部」 です。

当日の終演後に、トリの Johnny, Louis & Char のことを
興奮したまま書きましたけど (ここを参照) 、
ちょっと落ち着いて、そのライブの様子を記録しておこうと
思います。

このライブは、タイトルの通り加部さんの2面性の対決と
いうか共存というか、そういうものを期待させましたが、
まさにその期待通りの内容でした。

オープニング・アクト(ひらたく言えば前座ですね)として、
マルチプル・パーソナリティ が登場。
これは加部さんの娘 Maasa さんがやっているバンドです。
メンバーは Maasa(vo)/金本宙育(g)/盛山キンタ(b)/みのり(ds) の4人。
もともと Maasa がシンガー・ソングライターとして詞・曲を作って、
加部さんがアレンジして、音源つくったりしていたようです。

加部さんが参加したライブもあったみたいですね。
写真があったので貼っておきます。 
たぶん2年ぐらい前、加部さんの髪がまだ長いです。

Multiple_personality_maasa_and_mach

とても独特というか摩訶不思議というか・・・ ダークなヘヴィな・・・
Maasa ちゃんのMCがまた不思議ちゃんな感じでした。
友達とか幼なじみとか「ちっちゃい頃から知ってるよ」的な
おじちゃんやおばちゃんがたくさん集まっていたんでしょうね。

さて、オープニング・アクトは予想どおり 30分ぐらいで終了し、
本編の1番手であるグループ・アンド・アイの登場です。
もともとは「そくせきかぞく」という名前で活動していた、
加部さんの奥さん YUKI さんが vo のバンドです。
メンバーは。ルイズルイス加部(g)/YUKI(vo)/大貫悟(b)/みのり(ds)。
このバンド名で初めてライブを行ったのは、昨年の7月の本牧ゴールデンカップ、
続いて 8月の横浜 ストーミーマンディのライブ記録がありました。

基本的に、ハード(&ヘビー)ロック、リズム&ブルースをカバーするバンド。

YUKI さんのボーカル、ハード・ロックなシャウトが凄いですね。
MCのときの声とか物腰と、ボーカルのときのギャップが大きくて、
なおさら凄いです。

曲数は 14曲ぐらい、時間は 70分弱ぐらいでしたか。
出だしでベーアンが調子悪くて、1曲目終わったら死んでました・・・・。
セットリストは書けません、わかりません。 (苦笑)

我々の年代を嬉しくさせてくれた Led Zeppelin のカバー。
Whole Lotta Love, Bring It On Home, Communication Breakdown !

さらに、Black Sabbath の Iron Man、これはプロレスのロード・ウオリアーズの
入場テーマ曲としても有名ですよ。

それから、加部さんのカップス時代のベースを彷彿とさせる Hey Joe ・・・
加部さんはギターですけどね。

(音源についてはこちら、「Pink Cloud の独りよがり」 ブログもどうぞ。)

加部さんのギターは、これまた独特ですね。 加部スケールと表現してしまうほど
ユニークなフレーズがでてきますね。手クセでしょうか。
それと、加部さんの手はでかい。 ネックをわしづかみという感じです。
ベースのときも感じますが、ギターだとなおさら。
手がでかいので、あまりポジションを動かさずに指だけでグシャグシャ弾いちゃう
感じに見えます。 プロレス的にはジャイアント馬場さん級というところでしょうか。(笑)

いままで加部さんがギターを弾いている音源はあまり聴いてこなかったんですが、
(江戸屋から '94年ごろに出た eyeless sight は購入しましたが)
ちょっと聴いてみたくなりました。 
カップスの69年渋谷公会堂のライブ、Amazon や HMVネットでは取り扱って
ないようで Disk Union で探してみようと思います。

JL&C の1回目のアンコールのとき、Charが
「マーちゃん、ソロ・アルバムいつ出すの?」と。
「今年中かな」 と加部さん。 なぜか笑い。 
実は 昨年の夏、すでにソロ・アルバムの話が あって、
そこに入ると思われる曲をこのバンドのライブで演奏したらしいです。

そういえば会場の前に出ていたポスターに 「2009 RELEASE」の文字が。
本当はこの日はレコ発ライブの予定だったそうなんですね。 
遅れちゃってるんですって。(笑)

20090505_poster_2009_release

さて、このライブのタイトル 「First and Last」の意味はなんだったんでしょうか。

仮説 1: 予定していたソロ・アルバムのタイトル

仮説 2: グループ・アンド・アイがメジャーの最初のバンドであり、
           最後のバンドにもなるとか・・・
           (グループ・アンド・アイは、ザ・ゴールデン・カップスのメジャー・デビュー前の
            名前でもある。)

仮説 3: 単に、オープニング・アクトを除いて、このライブの最初のバンドと最後のバンド
           (2バンドですが)に出演するということ

どうでもいいことですけどね。 (笑)

この日、1日限定で T シャツが販売されていました。
4種類あって、一番人気はスタッフさんたちも着ていたブラックの奴ですかね。
いつもライブで会うお友達に訊ねたら、やっぱりブラックの奴を買ったと。
僕は若い加部さんがベースを弾いている白い奴にしました。

20090505_tshirt_sold_out_2

   

20090505_tshirt_4a_ph04_2 20090505_tshirt_3a_ph03_3

|

« 忌野清志郎さんの告別式と追悼特番 | トップページ | 5月8日 東京ドーム »

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽:Char」カテゴリの記事

音楽:加部正義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511320/44968459

この記事へのトラックバック一覧です: グループ・アンド・アイ (2009.05.05):

« 忌野清志郎さんの告別式と追悼特番 | トップページ | 5月8日 東京ドーム »