« つれづれ | トップページ | ひさびさの 「足あとキリ番 ありがとう」です。 »

2009/07/24

JEFF SATO さんのライブ

7月22日は、JEFF SATO さんの「いろんな記念」のライブに行ってきました。

いろんな、というのは、


JEFF SATO さんのファースト・ソロ・アルバム 『Crazy Fingers』 発売 5周年、
JEFF SATO さんのバンド FEN のファースト・アルバム『FEN』の発売日記念

で、ドラムとキーボードに20代のメンバーを携えて、シニアなギター&ベースで
2部構成・・・・ 前半のベースは JEFF SATO GROUP の藤城さん、
後半のベースは FEN のGOLDMAN SASAKI さんでした。

090722_203149前半は 『Crazy Fingers』 JEFF さんの 20歳ごろ、
25歳ごろ、27歳ごろに 作った楽曲を中心に。 
1曲目はご本人も言っていたけど、高中正義ぃって
感じもするサワヤカな曲。
そのあと数曲、大先生の Blow By Blow の
テイストがところどころ散りばめられて
ひとりでこっそりニンマリしてしまいました。 (笑)

ギターは 1978年 Jeff Beck が Stanley Clarke と来日したときの
ストラトキャスター+シェクター・アセンブリに思いっきり似せてつくったギターと、
これまた Jeff Beck が一番大事にしているテレギブに思いっきり似せてつくったギター。

090722_223726 テレギブはボディに Jeff Beck のサイン入り。 
これは 1999年の来日時にインタビュー したときに
サインしてもらったそうです。 
大先生も、このテレギブの出来ばえには
驚いたり喜んだりだったそうです。

テレギブは1曲だけ。 当然、「哀しみの恋人達」 ですよ。 さぁ、泣きましょう!

090722_210013 後半は 新譜 『FEN』 より。 

ベースは GOLDMANさんで、最近入手された
フェンダーUSA ジャズベース 62年モデル。 
つまみが2つだ!
ネックがやや太い。 いい音してます。 なんか暖かい音ですね。 いいなあ。

 

終わった後、おめでとうパーティ (飲み会ですけど)まで残って
JEFF さん、GOLDMAN さんとお話したり、藤城さんとはじめてお話したり、
以前 JEFF SATO GROUP のライブで鍵盤を弾いていた瀬戸さんとか、
いつもSATOさんたちのライブでお見かけする じゅん さんとか、
お話させていただきました。

藤城さん、前に見たときからギターっぽいベース弾く人だなあと思っていて、
ベースもすごく低いポジションにしてピック弾きしてるので、その話をふったら

「だってオレ、Jimmy Page が好きだからさ」 とボソっと。 (笑)

ええ、そういうの、僕も大好きですわ。

出演
 第一部 JEFF SATO - guitar
       TAK FUJISHIRO - bass
       KOICHI SAKAI - keyboards
       TAKEHIRO URABE - drums
 第二部 JEFF SATO - guitar
       GOLDMAN SASAKI (FEN) - bass
       TAKEHIRO URABE - drums
       KOICHI SAKAI - keyboards

セットリスト
 まだ未確認・・・・ (苦笑)

ところで、このライブのバンド、 JEFF SATO & Heavy Friends という名前に
いつのまにかなってました。 後日知りました。 (笑)

写真 上、SATO さん & FUJISHIRO さん、
写真 中、テレギブさん & SATOさんの手 、
写真 下、SATO さん & GOLDMAN さん


|

« つれづれ | トップページ | ひさびさの 「足あとキリ番 ありがとう」です。 »

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511320/45735522

この記事へのトラックバック一覧です: JEFF SATO さんのライブ:

« つれづれ | トップページ | ひさびさの 「足あとキリ番 ありがとう」です。 »