« 宮崎奈穂子 at shibuya乙 2010.03.03 | トップページ | 凡子(NAMIKO)@BAJ 2010.03.08 »

2010/03/06

昨晩のウイスキー(2010.03.05)

昨晩は仕事上のおつき合いの飲み会だったのだが、実に平和に21:00前に
散会になった。 (笑)

せっかくの金曜日、せっかくの自由な夜、新宿から丸ノ内線で銀座に出かけ
ることにした。

数寄屋橋交差点のソニービルの裏側の路地を入って、ほんの少し歩いた所が
目的地、9坪、12席の小さなバーだ。

日比谷Barなのだが、他の店舗のどのタイプとも異なる店。
ここはホームページでは、今は独立研修型店という名前になっている。
店長というか店主が暫定なのだ。

これまで丸5年、3名の店主が運営してきたそうだが、訳あって昨年末から
店主不在になっている。1月〜2月は各店舗の店長と、あるバーテンダー氏が
交代で試験的に店を開いてきた。
僕は、そのバーテンダー氏が担当した1月の2回目に行ってみた。

今月と来月の2ヶ月間、いよいよ彼が毎日担当することになった。
だが、まだトライアルだそうだ。BAR四代目を名乗れるかどうか、
この2ヶ月の店舗運営の結果で判断されるそうだ。

昨晩行ったら、酒の種類が徐々に彼の好みで揃えられつつあった。
バックカウンターを眺めているだけでも、これからが楽しみになった。
正式に店主として続けて行けるように、彼には頑張って欲しいなと思う。

で、昨晩いただいたウイスキー。
まずは、白州と山崎、それぞれのバーボンバレルを飲み比べ。
加水すると違いがわかってきたな。山崎の方が甘みと深みが好みだった。

それから頂いたのが、ラフロイグ、シングルカスクの21年もの。
珍しいボトル、僕のショットで最後だった。大切に飲んだ。

最後に、イチローズ・チョイス シングルグレーン川崎 1982。
蒸留が1982年、ボトリングが2009年という超稀な長期熟成。
これは参った。美味い。甘みがありつつ、力強く、味わい深い。
本当に美味かった。

こうして調子に乗って飲み続けてしまうんだなあ。 
でも至福のひと時は失くせない!(笑)

0C859236-7F51-4D10-BBD0-4CD845DFA6C9


B4FD2870-89B0-41B8-9AA9-2687BCD6FCC4

|

« 宮崎奈穂子 at shibuya乙 2010.03.03 | トップページ | 凡子(NAMIKO)@BAJ 2010.03.08 »

Food & Drink」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511320/47742694

この記事へのトラックバック一覧です: 昨晩のウイスキー(2010.03.05):

« 宮崎奈穂子 at shibuya乙 2010.03.03 | トップページ | 凡子(NAMIKO)@BAJ 2010.03.08 »