« Jeff Beck with Joss Stone at FOX TV (2010.04.21) | トップページ | 大口広司トリビュート »

2010/04/24

もう一人の JEFFさん ライブ - FEN at 渋谷クラシックス (2010.04.01)

Fen_fen  Fen_20100401


ジェフ・ベック大先生の話でほとんど埋め尽くされていた今日この頃でありましたが、
来日を直前に控えた 4月1日、もう一人のJEFFさんを観て(聴いて)きました。

もう一人のJEFFさんというのは プロデュースやらライターやらのお仕事をしつつ、
ギタリストとして音楽(バンド)活動をなさっているJEFF SATOさんで、バンドはFEN。

ここにも何度か書いてきたのですが、このバンドとの出会いは mixi の Jeff Beck コミュで
ライブ告知を見たのがきっかけでした。 告知を出していたのがベーシストのGoldmanさん。
その時は、BBQというバンドで、 FENのメンバーで BBA (Beck, Bogart & Appice) を
トリビュートするものでした。

それがきっかけで何回かライブを観てきました。一時、若きドラマー Okaji さんが
他のバンドで米国に活動拠点を移すなどでメンバーが固定できない時期がありましたが、
昨年末ぐらいから、またオリジナル(かつレコーディング・メンバー)の3人になって
ますますパワフルでスリリングでカッコ良いです。

この日のライブは、JEFF SATOさんが執筆に多数参加された、シンコー・ミュージック刊
「ロック・ギター・トリビュート 特集ジェフ・ベック」の発売記念と名付けられてました。

会社を出て渋谷の会場に到着したのが、ほぼ開演時間の19:00。
ビールを買って空いている席に座ろうとしたら、ジェフ・ベックのトリビュート・バンド
Beckology のギター Naoky さんと キーボードの姫さんがいたので(FENでは初遭遇)
その後ろの席につきました。

共演はフォーキャストという オランダのFocus などをカバーしているバンド。
ドラムの方は2008年の FTB、JLCの日比谷野音の帰りの打ち上げでご一緒した方。
キーボードの方は Naokyさんと姫さんのお知り合いだそうで、音楽のつながりって
スゴイなあと改めて感じましたね。

ジェフ・ベックの来日の直前でもあり、また JEFFさんが取材を兼ねて観てこられた
ロンドン O2でのライブの観戦記念(?)でもあり、ジェフ・ベックをテーマにしたセット
になっていました。 と言っても、FENはコピバンではなくて、原曲を題材にして
トリオでインプロヴィゼーションでGとBとDが競り合うというスタイルで、オリジナリティ
あふれるというのが特徴ですね。オリジナル曲もありますしね。

セットリストは、

スネアロールを導入にした 「Stratus」、そして 「Led Boots」 (アルバム『Wired』より)へ。
このへんは今年の大先生のツアーのセットリストを把握した選曲ですね。
つぎに 「Cause We've Ended Lovers」 、なんとトリオで、キーボードレスで
この曲ですか? (笑)
オリジナルではピアノの音が印象的な出だしのところはベースです。
その後もベースがピアノのごとく絡みます。 なるほど~。

4曲目は JEFFさんのオリジナル「Electric Gypsy」 、原曲は確か Jimi Hendrix の
トリビュートだと思いますが、今夜は途中に Jeff Beck 炸裂してました。
入れていた曲は、「Plynth」 (第一期Jeff Beck Group、アルバム『Truth』より)、
「You Know What I Mean」(邦題 「わかってくれるかい」、アルバム 『Blow By Blow』より)、
それから 「Thelonius」 (アルバム 『Blow By Blow』より)もあったかな・・・・
ベース・ソロ、ドラム・ソロも入れて10分ぐらいの長さだったでしょうかね。
聴いていたら長いという感覚はなかったです。

5曲目は、これも JEFFさんのオリジナル 「Little Blue」、スローテンポで聞かせる曲。

しっとりと聴かせたあと、ギターをストラトからオックスブラッドのレスポールに変えました。
お、Goldmanさんもジャズベから、お手製の赤いPJタイプに。ここから BBAですね。

6曲目 「Superstition」、7曲目 「Lady」、そして8曲目は「Black Cat Moan」 途中、
第一期JBG の 「Blues De Luxe」、「You Shook Me」、BBAの「Jeff's Boogie」を織り
まぜながら。 BBA Live In Japan を再現しているんですね。

9曲目、再度アルバム『Wired』の曲 「Blue Wind」、途中 Train Kept A Rollin' を混ぜて
いるのはライブ・ワイヤー(原題「Jeff Beck with Jan Hammer Group Live」)バージョン
ですか。
しかし、キーボード・レスのトリオでこのあたりの曲を演奏するのはスゴイことです。

本編はこれがラストでしたが、このあとフォーキャストのギターとキーボードが加わって
セッションのかたちで「Going Down」 ・・・・  この曲はこういう時に重宝しますね~。


ということで、結構お腹いっぱいの楽しいライブでした。

あ、写真を撮ってくるのを忘れました。 (爆)


JEFF SATO さんのブログ 

|

« Jeff Beck with Joss Stone at FOX TV (2010.04.21) | トップページ | 大口広司トリビュート »

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511320/48164262

この記事へのトラックバック一覧です: もう一人の JEFFさん ライブ - FEN at 渋谷クラシックス (2010.04.01):

« Jeff Beck with Joss Stone at FOX TV (2010.04.21) | トップページ | 大口広司トリビュート »