« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月の24件の記事

2011/02/27

宮崎奈穂子 名古屋の奇蹟

なんという根性なんでしょうか。
負けず嫌い、もしかしたら意地っ張り、頑固者・・・ そんな形容もしたくなる
女性シンガー・ソングライターです。

今日はものすごく久しぶりに宮崎奈穂子さんのことを書きます。
ぼくは、たぶん昨年の9月ぐらい以降、彼女を観ていないかもしれません。
コンビニのローソンの店内放送で特集に組まれたり、ファンのリクエストで曲がかかったり、
「カンバン娘」タイアップがあったり、ワンマンライブがあったり、クラブチッタ川崎の
ライブ・イベントに出演したり、と昨年は年末にかけて大躍進だったのですね。
まったく応援についていけてない自分が悲しいですが・・・ (苦笑)

路上ライブのほうも、都内(山手線沿線)に加えて、茨城県の水戸や名古屋に何度も
遠征していました。 とくに昨年11月以降の名古屋に対するこだわりは凄まじいものが
あったと思います。

おなじ会社の他のアーティストとの競争、勝負、というものがファンにも明確に示されて、
12時間100枚手売りを目指すというものです。


この3ヶ月間の名古屋遠征は・・・

11/28 108 枚、
12/12  82 枚 (規定の 22時までの記録。その後、時間外ながら 100枚達成)
1/9   62 枚
1/16  61 枚
1/23  55 枚
2/13  75 ( 2/11~2/13 の 名古屋遠征 3 days)

11/28 は 100枚を突破したものの、その後、100枚達成できず右肩下がりの傾向。
本人は相当に悔しかったんだろうと思います。
そんなに短期間に連続してリベンジしようとしても、かえって結果を出しにくくしている
のではないか?  遠いところでそんな心配をしていました。

しかし彼女は「こんどこそ、こんどこそ」と遠征をつづけ、この週末は 100枚 x 2 days、
2日連続 100枚手売りに挑んだのでした。
その結果は ?

2/26 100 枚、 そして、今日 2/27 も 100 枚 (最終的には 104枚で終了)!

なんという根性でしょうか。
タイトルに奇蹟と書きましたが、これは奇蹟ではないですね。

この3ヶ月間の名古屋での CD 100枚手売りの挑戦は 8日間で 合計 665 枚。

* 2/11、2/12 は 100枚挑戦の日としてカウントしていませんが、
  路上ライブをやったようです。この2日間の枚数は不明のためカウントしません。

宮崎さん、2日連続の 100枚手売り達成、おめでとう。
あなたの頑張る姿に感動しています。
一生懸命やりつづける人にはご褒美があるんですね。

自分も一生懸命がんばらないとな・・・・ 


 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/26

ジェフ・ベック と ロッド・スチュアート の共演情報


Jeffbeckandrodstewart

2011年2月24日、 「Classic Rock」というメディアで、ジェフ・ベック大先生に関する
すばらしいニュースが掲載されました。 

順調に行けば大先生とロッド・スチュアートの共作・共演アルバムが発表され、
さらに二人そろって、そのアルバム発表をフォローするライブを数ヶ所で実施しよう
という、腰を抜かすほどのアイデアを、大先生みずから語ったというのです。

いや~、マジでスゴすぎます。 ファンがみな、そうなればいいな~と夢を語っていた
ことが、もう少しで現実のものになりそうです。

大先生はすでにロッドと楽曲を書き、11曲分のレコーディングを行っていて、
あとはロッドの歌入れという状態のようです。
ロスアンジェルスで、大先生がロッドの歌入れのためにスタジオを借りてるそうです。

レコーディングの話は先月も伝わってきていましたが、数曲(2,3曲)に
ロッドがゲスト参加するのだろうと思っていました。
もしかしたらジェフ・ベック & ロッド・スチュアートの、ブルース・ロックの
フル・アルバムということかもしれません。
 
「ライブをやらないってことはないよな、やるべきだ。」という大先生。
場所まで考えるほどその気になっているようです。

ロスアンジェルスのハリウッド・ボウル、
ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン、
ロンドンのハマースミス・アポロ、あたりが大先生の考える候補地です。


こりゃ良い意味でエライこっちゃです。
実現したら日本にも来てほしいですね。もう仕事に手がつかないですね。


原文はこちら。
( http://www.classicrockmagazine.com より転載)

Exclusive! Jeff Beck And Rod Stewart Back Together
mdome / News, Top Posts / 24/02/2011 16:09pm

Jeff Beck and Rod Stewart will make a new album together – and Classic Rock has the exclusive on what’s going on!

Words: Max Bell

Jeff_beck_feat_rod_stewart_classi_2

Jeff confirmed to Classic Rock that the two old buddies would renew a partnership that first saw light in the late 1960s when the two rock gods were working on Truth and Beck-Ola and were scheduled to perform at Woodstock, a plan that never materialised when the Jeff Beck Group disbanded on the eve of the festival.

The idea broke as a rumour when Rod mentioned that the two men had enjoyed a convivial meeting just before Christmas but when Classic Rock spoke to Jeff he put a great deal more meat on that bone.

“Something has been on the cards for a while,” he says. “There have been rumblings in the studio, and yes I have done some demos for him and with him. This happened after our lunch liaison in Los Angeles, but just as matters were proceeding his new baby came along and completely screwed up the whole thing.”

An exhilarated and clearly jokey Jeff continues: “I thought,’ Rod why don’t you just put it away! Leave her (his partner Penny Lancaster gave birth to son Aiden on February 17) to get on with it! She’s used to it mate, you don’t need to be there’. It’s her second child. Why not leave it at that, then? How many more miracles does he want!

“Seriously, I put in a lot of effort over the week we were together in the studio. We’ve co-written 11 tracks and I’ve suggested what might be a good starting point, and so hopefully we can come to an exciting agreement as to what to do with all this stuff. We’ve agreed on something together, a beginning for the project. At the same time I’m seeing him today (February 24) for a further chat. I’m into the idea but I’m going to shoot myself in the foot aren’t I? Bbecause everyone’s going to be wanting this reunion and not my next album. One will obviously overshadow the other, and after the reaction and great response to my 2010 record Emotion & Commotion it seems a bit of a shame to suddenly go left field over the other thing.

“But I know people won’t have been having their tongues hanging out for 30 or 40 years or whatever, waiting for us to do it, or maybe they will be? And then of course it makes no sense not to tour it, have to! Take it out on tour. It will be enjoyable anyway. We can do just a couple of Hollywood Bowls here and some Madison Square Gardens there and then there’s England. The O2 in London isn’t what I’d want. It’s too echoey. I’d much rather do three or four nights at the old Hammersmith Odeon (now Apollo). I want it to be right in your face and the sound has to be just right. The sound is my number one priority.

“Over our next lunch Rod and me will probably beat each other to death, but the fact remains he’s coming to see me and we are going over the material, all of it. I want to see that Rod is genuine into the idea and that it’s not just a weekend’s fancy. I don’t think it is because his manager (Arnold Stiefel) is well into it.”

Indeed Stiefel has recently offered the opinion that the new material, “Is mind-fucking stuff”. Beck concurs.

“It is good actually. Stage One was just agreeing that it was basically a good idea and then Stage Two was the actual collaboration and co-writing. Stage Three was me lending my studio in Los Angeles to Rod for the demos, to the tune of $17.000! So I’ll be expecting a cheque from Rod for that! But I’ve got two chances there! No chance and no flippin’ chance! But while he’s sitting there listening to the tracks I’ll sneak out and….nah I can’t say that!”

Details on the actual songs are still well under wraps. In 2004, the Jeff Beck Group reunited to play at the Royal Albert Hall with Ronnie Wood on bass, Rod at the mic and Jeff on guitar. They rehearsed a lot of classic material from their original albums and a couple of choice numbers like Rock My Plimsoul and I Ain’t Superstitious. And in 1985, Stewart guested on the Beck album Flash; the pair performed a cover of The Impressions’ People Get Ready.

“It sounded fucking brilliant,” Stewart recalled. But the concert was cancelled when Jeff phoned Rod and said he’d had a change of heart. Subsequently they did perform together in Los Angeles, and Beck caught the bug again. Now he has said that he “Would have to turn the clock back 20 or 30 years to match what Rod does, stylistically. Not that that is meant to be a derogatory statement. He loves the 60s. He loves blues he loves old stuff.” So no stretch for Beck there then.

We’ll have to wait and see what transpires regarding new material. Beck is keen to offer a modern twist on whatever the two men come up with, and the songs are bound to reflect both his single-minded desire, and Rod Stewart’s undoubted love for a belting old rocking blues tune.


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/02/20

2011.02.18~19 出張 : 13~14/14日目

意地で継続してきた出張日記もやっと(苦笑)最後になりました。
くだらない、内容のない日記を読んでくださっている方もいらっしゃったようで、
本当に申し訳ないやら有難いやらという気持ちでいっぱいです。

さてと、出張の最後をささっと。

前日の日記に書いたように、アメリカの直属の上司と最後の日の最後の最後に
ミーティングが入っていて、その時に非常に厳しい内容のフィードバックを頂きまして。
上司はとても良い人ですし、会社もこういう対応のしかたに気をつかっているので、
大変ソフトに穏やかに、私の気持ちを考えながらお話をしてくださいました。
 
私のほうも、だんだんと神妙な面持ちで(だんだんと事の重大さに気がついて)
お話を聞いておりましたが、最後に「フィードバックしていただき有難うございました」
とお礼を述べてきました。 

半分ほんと、半分はきれいごとです。 大人の対応というか、自分なりの美学は
持っていたいので・・・。 

ま、本音は落ち込むっつーか、重たいっつーか、なんだろう。挫折?敗北?脱落?
 
そりゃ飲みたいですよ。
「あんた、いつも飲みたいんじゃん」というツッコミは受け付けません。(苦笑)

アメリカ人の同僚の家族と夕食したあとホテルに戻り、日記をアップして、
ホテルから歩いて1分の Applebee's に行きました。夜 10時半ごろだったかな~
バーは込んでいて席が空くまで20分ぐらい待ちましたが、飲まずには帰れんと・・・

まずはジャックダニエルのオン・ザ・ロックス。
つぎにジンを2杯。最初にタンカレー、次にボンベイサファイア。
最後にサザンカンフォートをオン・ザ・ロックスで。 

少し酔ってホテルに戻り、パッキングをしながらダラダラと缶ビールを飲んだり、
ツイートしたり(爆)、で少しだけ休憩しようとベッドに横になったら、
次に気がついたらホテルをチェックアウトするつもりの時間に迫ってて焦る(笑)
 
大慌てで残りのパッキングを済ませ、シャワーをザーッと浴びて、チェックアウト。
バナナを食べて、コーヒーを紙コップについで、サンフランシスコ空港に向かって
出発しました。 たぶん7時半ごろだったかな。

それなりに交通量は多かったけど、時間が早めだったのでスムーズに走れた。
ガソリン入れて、レンタカーを返して、Air Train に乗って、国際線ターミナルへ。
全日空のカウンター行ってチェックイン。ぜんぶ空いてて8時40分に終了。

ここで休憩ついでに腹ごしらえ。 日本人です。
 
20110218_1


で保安検査を受けてゲートに向かいました。
途中、ギフトショップでアメリカ出張用の財布を買い、
ついでにこんな表紙の雑誌が目に入ったので、それも購入・・・ (笑)

20110218_2


いつもはワインを買ったり、搭乗ゲートの近くの店でビールかワインを飲んだりするんだけど、
ちょっと気分が乗らず、そのままゲート前に行って椅子に座って搭乗開始を待ってました。
 
飛行機の到着が遅れたらしく、搭乗~離陸も少し遅れました。
機内ではウトウトしながらも赤ワイン(カベルネ)の小瓶を2本飲み映画を観てました。

往路でちゃんと観ることができなかった 「ウォール・ストリート」、「ソーシャル・ネットワーク」、
「かぞくはじめました」(原題: Life As We Know It)、「照和 My Little Town KAI BAND」、
「エリック・クラプトン&スティーヴ・ウィンウッド ライヴ・フロム・マディソン・スクエア・ガーデン」


そして19日午後3時ごろ無事に成田空港に到着しました。
 
スーツケースは宅配便で送ることにして、手荷物ひとつにして(でもメイッパイ重い)
京成スカイライナーから日暮里のりかえ池袋へ。

池袋でポール・スチュアートのショップで予定外にコートを買い、和食の店でご飯食べました。

とりあえず、ゆっくりした気持ちになって、自分を励ましながら(苦笑)、
夜は11時半に爆睡しました。 

「ささっと」と書いておきながら、またまたチマチマとくだらない記録を書いてしまいました。
お付き合いくださったみなさん、ありがとうございました。

こんな連続での日記はもう書けないと思いますが、今後とも宜しくお願いします。
 


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/02/18

2011.02.17 出張 : 12/14日目


さて出張日記も12日目、現地時間 2月17日分です。

今週はずっと明け方から朝にかけて雨が降ったあとがあったんだけど、
今日は出勤時間もまだ雨が降っていて、ほとんど一日中降っていました。
夕方というか夜、ごはんを食べるのに少し離れたところに向かって車を運転しましたが、
あまりの雨の勢いにちょっと怖かったですね・・・
普段 時速60マイル以上ですっ飛ばしている準フリーウエイの道路で、
みんな時速40マイルぐらいに自制して走っておりました。

午前3時間弱のミーティング、午後30分前後のミーティングを3本と
1時間のミーティング、で最後にボスとの1対1のミーティング・・・・

ここでボスから非常に厳しいフィードバックを頂きました。
冷静に聴いてはおりましたが・・・ 想定範囲内といえばそうなんですが、
いやあ、厳しい・・・・ 

まあ、明日から来なくていい、と言われたわけではないのでね、
まだ冷静でいるつもりですがね。。。 いやあ厳しいなあ。。。

今年は、これから正念場です。

本番のフィードバックでどのような方向で話をされるのかというのはありますが、
悪いケースでも即日はないけどレールはしかれる、良くても今後の結果を
もっともっと厳しく追及されるということです。
 
夜はこちらのアメリカ人の同僚の家族と一緒に外食にお付き合いしたんですが、
子供たちをみながら微笑んでるつもりではいましたが、気持ちはちょっと別のとこに
ありました。

ホテルに帰ってきて、会社のメールを確認して対応したりしてますが、
今夜はもう止めにして、ちょいと近くの Applebee に飲みに行こうと思います。

 
ふ~っ  厳しい・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/17

ジェフ・ベック 第53回グラミー賞 3部門受賞(2011.02.13)


先日の日曜日、2011年2月13日(日本時間 2011年2月14日 午前)、
第53回グラミー賞の発表が行われました。
 
正直、そんなに興味はないんですけど・・・ それでも大先生が絡んでくると気になりますね。

昨年12月1日に各賞でノミネートされたなかで、大先生は5部門に絡んできました。

Best Rock Album
-------------------------------
Emotion&Commotion / Jeff Beck

Best Rock Performance By A Duo Or Group With Vocals
----------------------------------------------
I Put A Spell On You / Jeff Beck&Joss Stone (Track from: Emotion&Commotion)

Best Pop Instrumental Performance
-------------------------------
Nessun Dorma / Jeff Beck (Track from: Emotion&Commotion)

Best Rock Instrumental Performance
-------------------------------
Hammerhead / Jeff Beck (Track from: Emotion&Commotion)

Best Engineered Album, Non-Classical
---------------------------------
Emotion&Commotion / Steve Lipson, engineer (Jeff Beck)

まあ、最後のやつはエンジニアの賞なので省くとしても4部門。

で、結果はというと、

Best Pop Instrumental Performance 
(誰も寝てはならぬ)
Best Rock Instrumental Performance 
(ハンマーヘッド)

の2部門で受賞!\(^o^)/

2年連続、通算7回めの受賞となりました。
目出度い!!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.16 出張 : 11/14日目


なげーよ (爆)

毎日すみません、出張 11日目の日記でございます。

今日というか昨夜というか、寝てて怖かった。
夢見ててベッドの右上方から肩をたたかれた感じがして、久々にビビりました。
おかげで時差ぼけは抜けたと思っていたのに朝までに2回も目を覚ましてしまって、
しかも明け方、右足、つぎに左足、2回も足(ふくらはぎ)がつりそうになった。
ほとんどツッたんだけど足首をまげてふくらはぎを伸ばす感じで頑張って耐えた。。。
 
今朝はゆで卵に加えてバナナも食べました(笑)
 
8時20分ごろ会社着。 9時から30分と思っていたが結局1時間以上ミーティング、
そのあと午後のミーティングの資料をみなおしてランチ食べながらロンドンと香港の同僚と
最終チェックの前打ち合わせ。
午後1時から2時間の枠だったミーティングが1時間15分ぐらいで終わり、ちょっと一息。
3時から頭が痛い一番の原因になっているミーティング。
いやあ、疲れた。 めちゃくちゃ疲れた。 
ボスからは「よく準備してくれてありがとう。前の時よりぜんぜん良かったよ」と。。。
前は相当落胆させてしまったってことなのね。ま、良くなったと言われたから良しとしよう。
 
ホッとしたので、5時半にさっさと会社をでてホテルに戻り、近場の Applebee's で
晩メシ兼ひとり飲み。 まずは、サミュエル・アダムスの生。
 
20110216_1_2


晩ごはんは、Bourbon Street Steak

20120216_2


途中で飲み物を追加で、コロナ(ボトル)・・・・ ほんとは違うものを注文したかったんだけど、
頼みたかったものと違うものが出てきた・・・・ 発音わるい私が悪いのよ。 (爆)

シメにボンベイ・サファイアをストレートでいただいて、いい気分。 

おまけですが、会社からホテルに戻る途中に夜のおつまみ用に買った、
グリコ・ポッキーのアーモンド・クラッシュ! 

20110216_3

 
今日は早めに寝ます。 おやすみなさい (現地時間 2/16 午後8時53分) 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/16

2011.02.15 出張 : 10/14日目


もはや、煙草をすわなくなってから今に至る、というのと同じ心境で日記を書いてます。。。

えっと、翻訳すると、ここで止めるとこんな連続記録はもう二度と立てられそうにないから
もったいないから続けてみよう・・・・ という気持ちで日記を書いてます。

そんな気持ちで煙草を吸わなくなって、早いもので丸13年になりました。

さて日記 (笑)

今朝も未明から霧雨のような雨がふった気配・・・・ アスファルトが濡れてたから。
ゆで卵ひとつとグレープフルーツジュースだけで朝食にして出勤。
しばらくのあいだ明日のミーティングの資料準備。

11時から本日の半日ミーティング。 以下、省略。 夕方5時に終了。
日本からのメールにレスポンスをして、ボスがセットしたディナーへ。
おお、ファンシーな場所、ファンシーなホテル、ファンシーなレストラン。

そこで、同僚のひとりに
「アメリカで働くことを考えたことがあるか?」 と聞かれて、
「どういう意味?」と聞き返したら、
「興味があるなら、可能性があるなら(パーマネントか短期間=1年ぐらいか)、
考えてみてくれ。ポジションは・・・・」

はいはい、そのポジションに適した人が見つからなくて苦労してるのは知ってますよ。
あれ、ということは、あなたは私の同僚ではなくて上司になっちゃうわけですよね?
よくもまあ、そんなオファーを考えるよな、非公式とはいえ・・・・ (笑)

正直、興味ないことはないけどね。
でもこれを受けるとなると、日本で戻る場所があるかどうかわからない。
いや戻る場所はなくなると思った方が現実的だろうな。
戻る場所が確保されてるなんて、バブルな時代じゃあるまいし期待したら死んじゃうよな。

ずっとアメリカ?  
いやいや、うちの両親どうすんだ? 相方の両親はどうすんだ?

え? 単身赴任? ・・・ なんか個人のリスクだけが大きい話なんだけど。(苦笑)

うちの会社、どこもみな人手に困っていて、社内スカウト、社内転職がめちゃくちゃ
増えてるんですけど。 みんな、自分のところのことしか考えてない。
しょうがないけどな。
 
これ、ブログで公開することかい? >オレ (爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/15

2011.02.14 出張 : 9/14日目


もう飽きたかもしれませんが (って、本人が飽きてるって話ですが・笑)
出張日記、9日目に突入です。

今日は2月14日、バレンタインデーです。
昨日ツイートしたんですが、米国でもバレンタインデーは特別な日のようですが、
こちらでは男性が女性に花(バラの花束とか)やプレゼンと贈ったり、
食事に出かけたりするようです。

う~ん、そうだったな~。 20年ぐらい前にアメリカに滞在していて、そういうことを真似して
やってみたことがあったりなかったりあったり (爆)
 
今朝の会社の用事は8時開始。
その後、午前中に雑務を少しかたづけて独りランチ。
やっぱり会社のカフェテリアは、ランチタイムの食べ物が約半額になるようだ。
しかし・・・・ ハンバーガーとかを焼いてくれるグリルで「グリル・スペシャル」ってのを
内容を確かめずに注文、持って帰ってきて食べたらラム肉で臭いがきつくて撃沈しました。
 
食べ過ぎなくて良かったと思おう・・・・

午後は約3時間半、ミーティング。 終わったら夕方。
会社に残って残ってる用事をやってたら6時半ぐらいになっていた。
やっぱり今日はこの時間ですでにほとんど人がいない模様。

会社をでて、晩ごはん何にしようかなあとつぶやく。
いくつかの店の前を通ってみたけど、どこも結構混んでいてウェイティングの人がたくさん。
普通は月曜は外で食べる人は少ないと思っていたんだけど、やっぱりバレンタインデーは
特別なんだなあと実感。
 
最終的に待つことに決めたのは出張初日に初めていった SUSHIMARU。
ずいぶん待ちました・・・ 寿司バーに座ったけどグルグルからはとらずに
メニューから SUSHI DINNER と HAMACHI KAMA を注文。 もう腹イッパイです。
 
20年ぐらい前に知り合った人がオーナーでシェフもやっていて今日は店にでてた。
帰るまぎわにトイレにいくついでに声をかけて軽く挨拶できた。
昔の知り合いに会えて良かったな。 
 
お腹いっぱいになったし、知人に会えてうれしかったし、いい気分になって
眠くなってきたし・・・・ 明日のことは明日考えよう (苦笑)
 
今日は隣の部屋が静かだ。 いまのうちに寝ます。 おやすみなさい。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/14

2011.02.13 出張 : 8/14日目


いや~、こんな日記ですみません(爆)

アメリカ出張 8日目、本日こちらは2月13日の日曜でした。

昨日は夕食のために外に出ただけでホテルに閉じこもってましたが、
本日もその次ぐらいにひどかった (苦笑)

一応、最低限の仕事の用は進めたので今日のところは良しとしよう・・・
ったく行きあたりばったりで、自分が情けないですけどね。
 
朝は日曜なのに結構早く起きましたがね、ぐだぐだパソコンみてたらダメですね、ほんと。
 
朝食はホテルの中で。 今日は部屋まで持ってきて、ますますヒッキ―しました。 

しばらくしてから洗濯。このホテルのゲストランドリーは洗濯機も乾燥機もタダでした。
一週間、いっぱいクオーター(25セントのコイン)を貯めてたのに。
いえいえ、タダってことはいいことですけどね。 洗剤に1ドル(25セント・コイン4枚)使用。
 
午後も部屋で仕事してました。
2時ぐらいに最初の大きな奴がめどがついたので、気分転換にPCをもって外出。
近場のスタバに行って、ベーコンと卵のホットサンドをつくってもらってアイス・カフェ・ラテで
軽~くランチ。 そのまま2時間ぐらいスタバのなかで次の仕事というか打ち合わせ準備。
 
バッテリー切れそうになったので一旦ホテルの部屋に戻って、充電しながら打ち合わせの
たたき台資料をまとめて、近くの違うホテルにいるはずの外国の同僚にメール。

で 待ち合わせの5時近くになったのでパソコンをシャットダウンしようとしつつTwitter のTLを
みたら、あららら、グラミー賞の部門賞の発表をもうやってたんですね~・・・・
観そびれてしまった。  ジェフ・ベック大先生、4部門でノミネートされていて3部門で受賞。
すげ~。 今年もか。 ワーナーに移籍してマネジメントもかわって良かったんでしょうね。
 
待ち合わせは隣のホテル。 もう一人は少し離れた所から車で合流。
ここからロンドン、香港、東京の3者会談です。(笑) 

近くの Applebee でコーラ飲みながらアペタイザーをつまみながら、2時間強、
まじめにミーティングしました。
とりあえず、水曜日のミーティングの準備のファーストステップにはなったな。良かった。

皆とおやすみ~、明日の朝ね~ と言って別れて、部屋でひとりでビール飲みつつ
今日中に上司に送らなければならないデータをつくりました。 悩ましいけどこれ以上
考えてもどうしようもないしな。 もうこれで、良しということで (苦笑)

 
こちら 夜11時45分、明日は(明日も、か) 朝8時からのミーティングに出るので
6時に起きる。 最悪でも6時半。 あと1缶、ビール飲もう。(爆) 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.14 NHK J-MELO "Club J-MELO" Vol.23: SHANTI

昨年の11月3日に公開収録された Club J-MELO の Vol.23 SHANTI が、
バレンタインデー 2月14日になった直後の 0:20から放映されました。

公開収録の記録はこちら。 

http://pink-cloud.air-nifty.com/blog/2011/01/club-j-melo-vol.html


実はただいま米国出張中で観ることができなかったのですが、
録画予約をしてきたので帰国してから観ようと思っています。

ですが、インターネットってのはすごいですね。
いきなり放送された番組内容をおおまかに知ることができちゃうんですから。
 
こんな感じ・・・

--------------------------------------------------------------------
オープニング

スタジオライブより 1曲目: Chain reaction

SHANTI の紹介、J-MELOとの関係の説明。

トーク:
J-MELOで司会をしてインスピレーションをもらったこと、
特に印象的なのは、番組のライブで渡辺香津美と「Wake Up To The Sun」で共演したこと。

音楽を始めたきっかけは父親のトミー・スナイダ―がミュージシャンだったから。
(*トミー・スナイダ―はゴダイゴのドラマー&ボーカリスト)

最初のCDリリースはサッカーチーム(横浜フリューゲルス)の応援歌「Flying So High」。
(*この曲の作詞・作曲はミッキー吉野)

ゴダイゴの紹介と ミッキー吉野からメッセージ。
作詞作曲の方法について。


スタジオライブより 2曲目: Love matters
 

トーク:
今年1月に発売したニューアルバム「Romance with me」のコンセプトや選曲について。


スタジオライブより 3曲目: How Insensitive

スタジオライブより 4曲目: Slow Ballad~Our Ballad


エンディング

--------------------------------------------------------------------


前の記事にも書いたように、スタジオライブの演奏の順番は収録と放送では違っていました。
これは収録時にディレクターの方も曲順が違うかもしれないとおっしゃっていました。

放送時の3曲目は、実は収録では1曲目だったのですが、その1曲目のあとに
メンバー紹介をやったことで、これが後ろに = 最後の曲の前に= くるのかな(きたのかな)
と僕なりに思っていました。 

はたして、番組内でメンバー紹介の部分がオンエアされていたのかどうか、
僕自身はまだ確認できないでいるのですが (苦笑)


 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/13

2011.02.12 出張 : 7/14日目


せっかくなので 出張 7日目の日記を・・・

週末にやり残している仕事の用事を済ませなければならないのですが、
今日は土曜日、リセットしてリラックスするということにしました。
(後付けですけどね 苦笑)

朝は 7時半ぐらいに起きてはいましたが、ベッドでグタ~っと。
9時すぎにホテルのコンチネンタル・ブレックファスト(フリー)を
食べに降りて、そのあとはまた部屋でグタ~っと。
夕方まで部屋をでず、部屋のクリーニングも辞退して、
ずっとFMラジオを鳴らしっぱなしで70年代クラシック・ロックを聴いてました。

そう、昨日のブログ(日記)に書いていた KFOX です。
http://pink-cloud.air-nifty.com/blog/

とちゅう数回 nowplaying をツイートしておりましたが、手入力です(笑)
 
NHKで、24時間 XX 三昧 という特集をうつことがありますけど、
もう四六時中、クラシック・ロック三昧ですからね。
こんな楽しいことはないですよ、ほんと。

この放送局はガンガン音楽をかけるんですけど、たまにMCが入ります。
そのMCで情報を仕入れることもあって、今日はこの近辺で3月2日に
エリック・クラプトンのライブがあるということを知りました。
1組2名様ご招待チケットをプレゼントするっていうお知らせ。

去年の2月に来てた時は同じように5月1日だったかな・・・
イーグルスのライブにご招待というのをやってました。

2007年の9月に来てるときだったかな、Led Zeppelin が一夜限りの
再結成コンサートをやることを話しているのを聴いて、運転中に興奮しました。
 
 
で、まあ今回、この近場で近々ライブがあるというだけで、日程は合わないのは
かわりません。(残念)

そんなこんなで夕方になり、昼食を抜いていたので早めに食事にでかけました。
遠くに行きたくなかったし早く済ませたかったので、初日の昼に行った
MARUICHI というラーメン店へ。

ここのオーナーは昔知り合った方で(と言ってもオーナーが店にいるわけでは
ないのですが)、実は出身が熊本県の人吉でして、当然のことながら
とんこつラーメンがあるわけです。当然のことながらそれを注文しました。

で、写真・・・・ を取ったのですが、iPhoneの写真アプリの新しいものを
試してみようと思ったら、あとでみたら撮れてませんでした (ガクシ・苦笑)
 
スープはちょっと甘めで薄めなとんこつ味、うん悪くはないですよ。
麺は見事にくまもとラーメンの麺ですね、太さと硬さと真っ直ぐさの加減が。(笑)
 
ほかに味噌ラーメン、しろラーメン(魚でとった透明に近いスープ)、そして
くろラーメンというのがあります。 くろラーメンは黒マー油で黒いんだそうです。
これがニンニクの匂いの正体だったわけです。
次回はくろラーメンを食べよう。
 
アメリカにきて、それなりにちゃんとした日本のラーメン、しかも、くまもとラーメンを
食べられるなんて嬉しいことです。 
アメリカといっても、この辺だからこそでしょうけど。 

 
夜はチャイニーズなスーパーマーケットで買ってきたアサヒスーパードライ。
350ml 缶 x 12 で9ドルぐらい。日本の 2/3ぐらいの値段ですかね。
安いなあ。 税金の違いなんでしょうね~。
 
ビールを飲みながら、Ustreamでライブ配信されていた某番組を視聴。
SHANTI がゲスト出演するからということで・・・・ 1時間番組の最後の10分ぐらいに
登場しました。待ちました!(笑)
ライブでアコギ弾き語りの LOVE MATTERS を披露。 短時間だったけど満足です。
 

(この最後の数行だけのために、カテゴリーに 音楽:SHANTI を加えました ・笑)
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲイリー・ムーア と グレン・ヒューズ

ゲイリー・ムーアの訃報から 7日目ですが・・・・

当初は死因が不明で、一時イギリスのタブロイド紙で大量の飲酒後の窒息死という
報道があって、Twitterでもそんな(ちょっと失礼な表現も含めて)ツイートがありましたが、
スペイン当局の司法解剖の結果、心臓発作によって亡くなったということが
2月10日に発表されました。
 
元シン・リジイのエリック・ベルが 「彼は頑丈で健康だった」と語っていたという記事が
ありましたが、「かっぷく」が良くなっていたし心臓に負担がかかっていたのかもしれません。

あらためてご冥福をお祈りします。
 

さて、ゲイリーのことを確認していてグレン・ヒューズとの交流に行きあたりました。
オフィシャルな音源としては 1985年の 『RUN FOR COVER』 ですね。

Gary_moore_run_for_cover

曲目
1. Run For Cover
2. Reach For The Sky
3. Military Man
4. Empty Rooms
5. Out Of My System
6. Out In The Fields
7. Nothing To Lose
8. Once In A Lifetime
9. All Messed Up
10. Listen To Your Heartbeat


このアルバムは、ベース&ボーカルに グレン・ヒューズとフィル・ライノットの二人が参加して
バラバラな印象になってしまうのではないかと思ったりもしたのですが、そんなのは気に
ならないですね。
それよりも今となってはとても貴重なコラボレーション・アルバムになったんだなぁと思います。

ゲイリーとグレンが二人でボーカル
1. Run For Cover と 5. Out Of My System と 7. Nothing To Lose

グレンがリードボーカルなのは
2. Reach For The Sky と 9. All Messed Up

ですかね。 
 
1985年の4月ぐらいにグレン・ヒューズのゲイリー・ムーア・バンドへの加入が伝えられ
5月からレコーディングを開始したと思ったら 6月には音楽的意見の対立で脱退・・・
もし続いていたら10月の来日公演のときはグレン・ヒューズとのコンビネーションが観れた
かもしれないのに残念な話です。
 
 
実はそれ以前にもゲイリーとグレンはバンドをやろうとしたことがあったそうです。
1979年に、シン・リジィのアルバム『Black Rose』がリリースされた直後に全米ツアーを
はじめたものの、フィル・ライノットとの対立によってツアー途中で脱退(脱走?)して
しまいました。8月ごろのことです。
そのあとにデモ・テープの制作を行ったときのメンバーが、ゲイリー・ムーア、
後のG-FORCEにも参加するマーク・ノーシーフ(Dr)、そしてグレン・ヒューズだったそうです。
想像するに、これが G-FORCEのプロトタイプだったのでしょうか。
このときもグループ結成には至らず消滅したようです。
10月にはベースにトニー・ニュートン、ボーカルにウィリー・ディが加入してG-FORCEが
結成されていますので、グレン・ヒューズとデモ・テープを作っていた(作ろうとしていた?)
時期は1カ月あるかないかぐらいの短期間だったと思われます。
 
そのときのデモ・テープが発掘されたりしないかな~ なんて実現性の薄~いことを
ふと考えたりしましたが・・・・ (苦笑) 


そんな関わりのあったグレン・ヒューズからの追悼のコメントがありますので転載します。

I’m devastated to hear of Gary’s passing. A truly great British rock and blues hero.
I shared many wonderful musical and personal experiences with him.

He was a ferocious player, and had no fear of his instrument.
I’m glad that Gary and I got to mend our relationship. Rest In Peace.

(http://www.classicrockmagazine.com/news/gary-moore-dies/ より転載)

 
Glenn Hughes 本人のTwitter より:

2/6
Please remember Gary Moore with love...Belfast and all Rock fans are mourning him...
I shared some wonderful personal moments with him..GH

2/9
Gary...your presence is with me in the studio....
I will never forget you..a truly passioinate man..GH

2/12
I have been seriously shocked by Gary's Passing~his death has stunned me.
He was a very passionate person, and very sensitive..still atunned
 
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/12

クラシックロック! 昔 KSJO 92.3、いまは KFOX 98.5

ラジオを聴いていてふと書いておきたくなったので・・・・

アメリカの出張というと、90%以上同じような地域に来ているんですが、
1990年代に来てた頃はFM 92.3MHzの KSJOという放送局を聴いていました。
アメリカのFM局はすごく専門化・分断化されていて、各放送局はそれぞれの特徴を
持っています。そして、それは普遍的なものではなくて、なにかのきっかけで
違うコンセプトにダイナミックに変わってしまうところも少なくありません。

僕が知ったその局は、その当時クラシック・ロックを専門にやってました。
1989年とか1990年の頃に知って、それ以降は出張のたびに車でつけっぱなしでした。

KSJO自体がオーナーが変わったり色々なことがあって 2004年10月28日に
ロックを流す局ではなくなってしまったと聞きました。
その直後に知らずに出張に来てラジオつけたらスペイン語の放送局になっていて
面喰いました。

その後、iPodを 車のオーディオのAUXにつないで聞いていたりしてましたが、
最近は 昔のKSJOとほぼ同じノリで聴ける放送局をずっとつけっぱなしにしてます。

98.5MHz KFOX という放送局なんですが、これはクラシック・ロックという、まさにド真ん中の
ロックがかかって嬉しいですね。 アトランダムに聴くことを狙うのであれば
自分の iPod を聴くよりもいいと思います。
 
Kfox

これ、インターネットでも聴けるみたいですので、よろしければ試してみてくだい。

かかる音楽は、Zepが結構多いですし、ストーンズだったり、
エアロスミスだったり、アメリカっぽいやつだと イーグルス、ドゥービーブラザース
だったり、オールマンやクラプトンや、ホール&オーツや、クイーン、ラッシュがきたり、
イエスがきたり、ハーツがかかったかと思ったら、ジャーニーがきたり、
スティックスがきたり、今朝は TOTOやフォリナーがかかってました。
・・・・ ほんと楽しいです。

 
あ、ちなみに先ほど書きましたが、アメリカでレンタカーを借りると、
たいていオーディオ機器に AUX端子があるので、両端がステレオ・ミニプラグの
コードを持っていけば、自分のポータブル音楽デバイスをつないで、好きな音楽を
ずっと聴いていることもできますので、コードを忘れずに持っていきましょう (笑)
 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.11 出張 : 6/14日目

はい、出張 6日めの 2月11日でございます (苦笑)


なんか日本から何人も来ていたのに、ほとんど会ってないというか言葉を交わしてないのは
仲が悪いからなのでしょうか、日本人はやはりつるんでるって思われたくないから
声をかけたり寄ってきたりしないのでしょうか。

それとも私だけアローンなんでしょうか (爆)

今日の午後、夕方のJAL サンフランシスコ発 羽田行きで帰った人が数人、
たぶん明日の朝か昼の ANAかUAかDeltaで サンフランシスコ発 成田行きで帰る人が数人。

あたしゃ独りで来週まで滞在です。 
というか、今週もその人達と何かあるわけでもなく独りでしたけどね~ (笑)

えっと・・・・ 今日も特に予定を入れていませんでした。今週中にかたづけなければならない
こともあり、来週の準備のこともあり、日本にいてもこっちにいても特別かわることなく
やらなければならないことをやらなければならない。 (なんなんだ? 苦笑)

朝はちょっとゆっくりめになってしまいましたが、軽くトーストと卵とソーセージを食べて出勤。
今日は計画的に(でもないか?)午後1時になってからカフェテリアへ。
やっぱり 50%オフでした。 う~ん、1時過ぎたらそうなのか! だとしたら解りやす過ぎる!
 
本日のスペシャルの2つのなかの1つ、簡単に言ってしまうと フィッシュ & チップ です。

あ~ ビール飲みて~ (爆)

20110211_lunch


その後、午後もつづけて仕事してましたがなかなか決着をつけられない・・・・
人の管理、評価、昇給、賞与 の決断なのでね・・・ 
適当にやったら後で面倒なことになるし。
 
夕方 6時半すぎまで頑張ってみたけど、結論をまとめるのは週末にホテルの部屋から
続けることにして退散することにしました。

普段の日より、金曜日だと人がはけるのが早いかな。 いや、それでも6時ちょいまでは
けっこういたし、僕が帰るときも駐車場にはまだ車が何台も残ってたし、
アメリカ人は働かないって思っている人が今でもいたら、それは誤解です。
 
ホテルに帰還して荷物を置いて、ホテルから徒歩圏内の飲食店をあらためて確認・・・

う~ん、すごいウエイティングの店があるじゃないか・・・ 明日にでも試してみよう・・・

で、結局は慣れた店に行きました。 Applebee's Neighborhood Grill & Bar です。
 
 
今日は写真を撮ってきましたよ~。
 

まずはビール。 SAMUEL ADAMS(サミュエル・アダムス)、
現地ではサムアダムスのほうがいいかな。
アメリカのボストンビール社のいわゆる地ビールのブランドです。
こいつの生ですね。こいつだったら大体どこにもあると思われます。
(もちろんバドとかバドライトとかはもっと普通にありますけどね。)
 
20110211_beer_2
 

ごはんはこれ。なんか汚そうに見えちゃいますよね、この写真じゃ。
シュリンプ アンド パルメザン サーロイン ってやつなんです。(Shrimp 'N Parmesan Sirloin)

20110211_dinner
 

左手にあるのはマッシュド・ポテト、これはベイクド・ポテトとどちらか選ぶことが出来ます。
右手は付け合わせの野菜、ニンジンとブロッコリーとアメリカのキュウリ。
 

肉とチーズ&海老は美味しいです。 お酒も進みます。(笑)
今日はサムアダムスのあと、ナパバレーにあるワイナリーの
Beringer のカベルネ・ソーヴィニヨン、
3杯めは タンカレーのジンでドライ・マティーニ。 
いい気持ちだ~ (爆)

ホテルから歩いてすぐそこなので気楽に飲めてしまいます。

 
あ、食べたやつらしき良さげな写真があったので勝手に転載ごめんなさい。宣伝だよん。

Applebee_shrimp_and_parmesan_sirloi


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/11

2011.02.10 出張 : 5/14日目


出張 5日目、なんとか日記をつづけてます(苦笑)

今朝は5時過ぎの起床、はやめに支度して始動するぞ、と思っていたのに
1時間以上 Twitter や mixi をアクセスしていた馬鹿は私です。

8時からのミーティングに出席、たまにはストレス・レベルの低い場におりました。

昼は今回の出張で初めて会社のカフェテリアで食べました。
8ドル50セントぐらいだったはずなんですが、なんとサービスタイムとかで
50%オフになりました。得をしたのですが理由がわかりません。
1時過ぎたら安くなるのかな~ なんなんだろう。
 
午後は夕方30分のミーティングが2本だけ予定していて、
他は来週からのミーティングの準備やら、そもそも完了しておかなければ
ならない残務をこなしておこうと・・・・ 頑張っておこうと・・・・
でも睡魔がくるわ、集中できないわ、落ち着かないわ、ってなことで
進んでません。 いや手がついてません。

週末もホテルの部屋、または近くのカフェで 仕事だ~ (予定通りか・・・)
 
夜はホテルから比較的近場にある、ネットで見つけた日本食レストランに
出かけてみました。 初めての場所、初めての店です。
こんな感じ ↓ 

20110210_sendai_at_milpitas


ネットで評判が高かったとおり結構な繁盛ぶりで、しばらくウェイティんグでした。
アメリカらしいのはテイクアウトする人も多いことですね。平日だから尚更でしょう。
 
で、お客さんも店員も寿司バーの職人も、誰も日本人がいない! (苦笑)
メニューも英語のものしかない。寿司バーと言っても、
いわゆる寿司屋のカウンターっぽくない。
かなり不安になりました。

刺身と握りを食べましたが、意外にも味はまあまあ。
特別すごく美味しいとは言わないけれど悪くはない。
いや、もっと変な怪しい不味いところはいっぱいありますからね、
そういうのに比べれば良いのではないかと思いましたね。

握りはセットメニューで頼んでみましたが、出てきたときはお皿の片側に寄ってて
盛り付けが残念だな~ とつぶやきましたが(ツイッターで・笑)
もしかしたら運ばれるときに傾いたのかもしれませんけどね。
これも写真がかなり悪いけど一応ね。たまに写真とってみたので (爆)

20110210_sendai_sushimix_at_milpita


店員さんの対応も悪くないですね。 むしろ日本食レストランとしては良いほうかも。
そういうのも店の人気には重要な要素ですね。

会社の出張のときの定宿のホテルから近いのでローテーションのリストに
入れておこう。 先日の回転すしの店よりはこちらが良いかな。
その回転すし店は、大昔に知り合った人が経営している店なので残念ではあるけど。

 
ホテルに帰ってきて、お腹がいっぱいで少しウトウトしてしまいましたが、
夜10時から日本にいる人と電話会議でした。
日本側も「建国記念の日」でお休みなのにご苦労さまでございます。 
 
さてと、そろそろ寝るとします・・・・  
日本は夕方5時40分ぐらいですけど、おやすみなさい。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/10

2011.02.09 出張 : 4/14日目


出張 4日目、こちらは2月9日水曜日です。

今朝アラームにセットした iPodの音楽が鳴り出す前に起床。
あいかわらず睡眠時間は長くはないけど割とすっと起きることができました。

今日は絶対にでなければならない会議はないつもりだったけれども、
なんか出ておかないと(顔を出しておかないと)マズそうだと思わせる
メールがボスから来てて、朝8時からということが直前に判明して
慌ててホテルを飛び出しました。 ま、結果は当然遅刻なんですがね。(苦笑)
 

その後、午後1時からも入っていたらしく、自分のOutlookには会議通知が
きてなかったんだけど、こちらの同僚に教えてもらって出席はしてきました。
おかげでランチ抜きになってしまった・・・・
 
 
その後、急遽 30分ミーティングを入れた以外は仕事関係のメールの返信などで
あっというまに夕方になってしまったです。
 

今夜はSAFEWAYというスーパーでお寿司のパックを買ってきて
ホテルの部屋で食べました。 あ、案の定、写真を撮り忘れました (あ~あ)
ビール 2本付き。
 
 
もう日記を書くのが辛くなってきました。 日記を書くほどのネタがないです。
 
 
と言う事で、明日から書かないかもしれません。 (苦笑) 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/09

2011.02.08 出張 : 3/14日目

出張3日目です。

仕事上の予定が入っているのは今日からです。
前夜、ブログやらツイッターやらやってて、ついついベッドで寝るのが2時過ぎになって
3時間ちょっとしか寝てませんが、アラームとしてセットした音楽の爽やかさで
気持よくスタートできました。

朝の音楽は シャンティ (SHANTI) の 『Romance With Me』

今日は朝から昼まで、会社内で大人数(100人以上はいるんだろうな)のミーティング、
ミーティングと言っても聴いているのが仕事なわけですが、集中していたのであっという間でした。

昼はそこから分割された80人規模のオフサイト・ミーティング。
会社から車で10分ぐらいの某ホテルの宴会場で、ランチを兼ねていましたが、
もはやランチの味なんて覚えちゃいません(苦笑)

なんとか約4時間越えのセッションを終えて、
そのまま再度全体のディナーミーティングのために各自で移動。
ふつうだったら車で15分ぐらいでしょうか。 夕方のラッシュで30分ぐらいかかりましたが
無事に到着。 今回は、夕方6時からカクテルがスタート、ネットワーク作りの時間として
各自で交流しなさいということで1時間半もいただきまして、いやはや大変でした(苦笑)

自分としては上出来の1時間半、その後さらにディナーで1時間半、もたせました(偉い>自分)


いや、もうこれ以上は日記に書けることはありません。
全部切れ目なく仕事の一部でしたので写真もありません (でなくても撮り忘れるんですが)

っつーことで、つまらない出張 3/14 日目の日記ですが、このへんで勘弁してください。

おやすみなさい (爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/08

Gary Moore と Cozy Powell と Philip Lynott

昨日、急逝してしまったゲイリー・ムーアの個人的な思い出(公式音源の話)を
書きましたが、その最後に、

>生前はおそらく実現していない、ゲイリー、コージー と、ベースにフィル・ライノット
  というセッションが行われてるかな・・・・

と書いたところ、”ゲーリー&コージーファン” さんという方から
「実は実現してたのですよ!」 というコメントを頂きました。

知らなかった! というより勉強不足だった、無知だった!

いや、これは凄いですね。
確かに非常に近い時期に両方と関わっているわけですからね・・・・

後追いで少しだけ調べました。

この映像はイギリスの BBC2TV の "Old Grey Whistle Test Studio Live"
という、1979年 7月9日に放送された番組だそうです。(収録日かも)

 

メンバーは、

Gary Moore (Vo, G), Cozy Powell (Dr), Philip Lynott(Vo,B),

Don Airey(Key), Scott Gorham (G) という豪華な布陣。

ゲイリー・ムーア + レインボー + シン・リジイ ですぞ。

 

ここでゲイリーの「Back On The Street」 と 、フィルの曲でシン・リジイの

持ち曲である 「Don't Believe A Word」を演奏しています。  

では、バック・オン・ザ・ストリートの映像を・・・・ 

   

どうやら、これはゲイリーのソロ・アルバム 『Back On The Street』の

プロモーションだったようです。

 

ところで、この『Back On The Street』、バック(リズム隊)はシン・リジイと

思っていましたが、ドン・エイリーも参加しているし、ドラムには

サイモン・フィリップスも参加していたのは今の今まで知りませんでした。

この2曲、アルバムではサイモン・フィリップスがドラムです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.07 出張 : 2/14日目


出張2日目です。

こちら2月7日の月曜でして会社に行く曜日なんですけど、今日だけ夕方まで用件が
入っていないという怠け者にはたいへん問題な状況です (爆)

朝は、前夜にアラームをセットしていたのもあってサクっと起床しました。
このアラーム、よくある目覚まし時計にFM/AMラジオがくっついてるやつですが、
iPodドックもついていて、目覚ましの音楽を自分のiPodの音楽にセットできるんです。

起床の音楽は、レインボーの 「Rising」、しかも Rough Mix Hidden Master という
西新宿の某LHで最近入手したもの。いやあ迫力ありました。

その後、ネットしながらゲイリー・ムーアを聴いてました。

パリの散歩道 ~ SUNSET ~ THE LOANER

 
腰が重くて立ち上がれなくて、あれよあれよと時間は過ぎ、ええい、お昼を食べてから
オフィスに行こう、なんていう怠惰な生活を・・・・ ええ、明日からは容赦ないスパルタを
受けますから勘弁してください (; ;)

 
お昼は IN-N-OUT Burger というファストフードで、チーズバーガーとポテトとコーラのセット。
ちなみにロゴはこんなんです。
 
In_n_out_logo
 
 
オフィスに行ったあとは溜めてた原稿チェックを。 これ日本でやっとけ、ってやつです。
無駄にアメリカにいます。(爆)

 
なんだかんだで夕方になり・・・・ あ、その前に 某LHの今週の発売商品をチェックして・・・
迷いつつ悩みつつ我慢をすべきかと自問しつつ、我慢は決壊しました(爆x2)

 
夜、ホテルの隣のブロックにあって徒歩で行ける Applebee's Neighborhood Grill & Bar
という店で晩メシ。

外観はこんな感じ。

20110207
 
で、中はこんな感じ。

Applebee_milpitas

 
またしても料理の写真を撮り忘れました。
ふだんやり慣れないことは出来ないってことですね (苦笑)
 
これからもう一本、原稿チェックをやってから寝ます。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

Gary Moore の思い出

2011年2月6日、出張先のアメリカに到着して Twitterを見たらタイムラインに
信じられないニュースが流れていた・・・・

ゲイリー・ムーアが、休暇で滞在中だったスペインのホテルで、現地時間の2月6日早朝、
遺体で発見されたと。就寝中に亡くなったとみられているそうだが、死因はまだ不明だ。

まだ 58歳、ミュージシャンは早く逝ってしまう人が多いような気がする。 


 
Cozy_powel_tilt_2

ゲイリー・ムーアとの出会いは、同年代の他の多くのロックファンと同じように
コージー・パウエルの1981年に発表されたセカンド・ソロ・アルバム LP 『TILT』
(邦題:サンダーストーム)に収録された楽曲だった。
 
SUNSET  実に美しい曲とギター

 
それまでジェフ・ベックを追いかけ遡っていて、ジェフ・ベックが参加しているという理由で
購入した「サンダー・ストーム」、そこでゲイリー・ムーアのギターを初めて聴いたのだが、
ジェフの曲よりゲイリーの曲のほうがヘビロテだったな。 
 
 


Gary_moore_corridors_of_power_2

そして 1982年に発表されたゲイリーのヴァージン・レコード移籍第一弾のアルバム LP、
『Corridors Of Power』 を購入した。
1983年1月の初来日公演、新宿の厚生年金会館に観に行った。
メンバーはイアン・ペイス、ニール・マーレイ、ドン・エイリー、ジョン・スローマン。
凄いメンツだよね。
  
 

 
Gary_moore_rockin_every_night_liv_2

Gary_moore_victims_of_the_future__2
 
もちろん日本限定発売のライブ盤 LP 『Rockin' Every Night (Live In Japan)』も購入した。
その後のLPは 『VICTIMS OF THE FUTURE』 (1984年)まで購入したと思う。
 
 

  
Gary_moore_back_on_the_street_2
 
Gary_moore_gforce_2
 
1982年~1983年ごろはゲイリー・ムーアをたくさん聴きたくて、ヴァージン移籍前の音源を
探しに輸入盤屋に行った。購入したのが初ソロの『BACK ON THE STREET』(1978年)。
それからJETレコード在籍中の『G-FORCE』(1980年)。これは好きだったな。
周りに知っている人は誰もいなかったけどね。(笑)
 
  
  

Gary_moore_live_at_the_marquee_2

Gary_moore_dirty_fingers_2 

1983年にソニーレコードがジェットレコード在籍中の音源の販売権を獲得して、
『Live at Marquee』、『Dirty Fingers』の2枚をリリースしてくれたのは嬉しかったな。
 
  
 

この2枚が立て続けにリリースされたために、1984年のワールド・ツアーから US、UK、
日本のライブ音源を編集したLP 『We Want MOORE!』の日本発売は見送られたそうだ。
 
Gary_moore_we_want_moore 

これは 1990年ごろだったかな、アメリカ駐在中にゲイリー・ムーアを一枚
手元に持っておきたくてアメリカのタワレコで CDを購入した。 

  

 

一時、僕のフェイバリット・ギタリストは Jeff Beck と Gary Moore と Char だった。 
Gary Moore は泣きのギターというだけでなく、自分でボーカルをとるのが好きだった。
 
1990年代以降、ブルーズに傾倒してからは聴いていなかったので、昨年4月の21年ぶり
来日公演も迷った挙句に行かなかった。
もう自分もブルーズをすんなりと聴ける年になって久しいのだから、迷わず行けば良かった。
悔やまれる・・・
 
 
今日、あらためて SUNSET を聴いた。
『TILT』のバージョンの他に、1983年のライブバージョンも聴いた。
1983年のライブでは1982年に軽飛行機の墜落事故で死亡してしまったランディ・ローズに
捧げると言っていた。
  

ツイッターなどで「天国でコージーと・・・」 と書かれているけど、
生前はおそらく実現していない、ゲイリー、コージー と、ベースにフィル・ライノットという
セッションが行われてるかな・・・・

 
ゲイリー・ムーア、安らかに。
 

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2011/02/07

2011.02.06 出張 : 1/14日目(パート 2 - 現地にて初日)


レンタカーで南へ。 いわゆるシリコンバレーと呼ばれるところ。
かつては名前の通り半導体関連企業で栄えてきたのですが、
いまやApple や Google や、ネットワーク機器のシスコの街ですわ。(笑)

いつもの Westfield Valley Fair というショッピングモールに行き、まずはStarbucksへ。
ここはフリーのWiFiが使えるので、さっそく iPhoneでメールとTwitterとmixi をチェック。
それから家族のお土産をさっさと買って、ホテル方面に移動。
 
 

昼ごはんは、ホテルに行く途中のチャイニーズ系のスーパーと飲食店が集中している
ブロックに行き、日本人が経営者だとわかっているラーメン屋 MARUICHI (丸一)へ。

Maruichi_milpitas_20110207

実は初めて行く店でした。 店員は日本語話しません(笑) でも BGMは J-POP。
トンコツのいい匂いがしました。 僕はラーメン屋でラーメンを頼まずカレーライスを食べる
不届き者ですが(爆)
 
 

ホテルにチェックイン。
Twitterしたり、Jeff Beck の Rock'n'Roll Partyを聴いたり、SUPER BOWLを観たりして
グダグダと過ごす。 少し睡魔と闘いながらグダグダ過ごしてました。
 
 

夜は同じ仲間の日本人が経営している廻転寿司屋 SUSHIMARU へ。
 
Sushimaru_milpitas_20110207
 
ここも実は初めて行く店でした。 一見さんなのに鮭カマ焼きをサービスしてくれたのは
良かったですがね・・・・ やっぱりグルグルはやめておこう (笑)
 
 

さてと、もう夜10:30 になってしまいました。 日本は月曜の午後3:30ですね。
時差ぼけに打ち勝つ睡眠の友、メラトニンを服用して、1時間後に就寝します。
おやすみなさ~い。

(とか言いながらツイッターしちゃってるかもな~ 爆)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.02.06 出張 : 1/14日目(パート 1 - 現地着陸まで)

Twitterで逐次ツイートしてる普段は、日記を書くことはあまりないんですが、
海外出張の時は常時接続の環境がなかなか無いので、できれば毎日、
日記の形で記録しておこうと思います。

まあ、どうせたいした内容では無いんですけどね(苦笑)

あらためて・・・ 2月6日出発でアメリカに出張してます。

出発の日は案の定、いつもの事ですがドタバタになってしまいました。
今回は約2週間も留守にするので、
「まだiPodに入れていない音楽や映像をいろいろとインポートしていくぞ!」
と張り切っていたのに、結局は時間が足りなくなってしまいました。

やっぱり新しいパソコン買わなきゃダメだな。 遅くて全然進まない。
(パソコンのせいにしてる・苦笑)
つーか、心は iMacで固まってますけどね。 早く買っちまえってことですがね。(苦笑)

そんなこんなでパッキングをはじめたのが、出発の朝の11:10過ぎという・・・
12:00前には家を出て、途中でランチを食べるなり成田に早く行ってのんびりするなり、
と考えていたのは木っ端微塵にふっとびましたね。

遅くともこの電車には乗ろう!と密かにバックアッププランとして考えていた電車も乗れず、
最初のもくろみからは約1時間20分、遅くともプランからも約20分の遅延で、
出張おでかけがスタートしました。

それにしてもお腹が空いてたまりませんでしたね。
我慢できずに日暮里駅のスカイライナーのホームにある自動販売機でメロンパン 130円を
購入、しかし飲み物を買う時間がなく、口の中をパフパフさせながら飢えをしのぐ(笑)

成田空港では、若干遅めだったということなのかチェックインも混んでなくてスムーズに
済み、若干の現金をUSドルに両替して、会社の人へのお菓子のお土産を買って、
クレジットカード会社が共同で提供しているラウンジへ。 アルコールは1杯目は無料だそうで
缶ビールをいただきました。 ソフトドリンクが何種類かはありますが食べ物などはないので
依然として空腹感を抱えたままでしたね。

で、出国審査を通って短い時間で軽く空腹を落ち着かせるものを、と思ったのですが
なかなか適度なものは都合よくは見つからないものです。
なんとか搭乗開始の直前にコンビニで売ってるようなサンドイッチを買って食べました。
ここで二本目のビール。

で、搭乗。 たぶん満席。 昔のジャンボ機のような大きな飛行機は飛ばさないので
席がガラガラということは無いんでしょうね。

今回の夕食は 豚の角煮弁当。 まあまあでした。
やっぱり日本の航空会社に変えて良かった。

映画は、いまやっている「ウォールストリート」の前作の 「ウォール街」を。
そのあと今の「ウォールストリート」を見始めたのですが、夕食時の赤ワイン2本のせいか
(その前のビール2本もか・・・) 途中で寝てしまいました。帰りの機内でリベンジを。

目が覚めたあとは、いまやっている「アンストッパブル」。
面白かったけどドキドキのところはテレビでさんざんやってますから・・・・ (苦笑)

朝食はハンバーガー。機内食でハンバーガー。自分でレタスとトマトを挟んでケチャップと
マスタードを塗ってハンバーガーを完成させるという、アトラクション的要素を含んで
楽しいのですが、手がベトベトになってしまうところが要改善項目か。

現地時間 2月6日(日) 午前9:30過ぎ、サンフランシスコ空港に着陸。
今日は偏西風が弱かったらしく、そのせいで時間がかかったそうで、予定より30分ぐらい
遅れて到着したのですが、僕に取ってはレンタカー借りて移動してホテルのチェックインまで
時間をつぶすにはちょうど良い時間でした。


(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/04

Jeff Beck リーダー・バンドのツアー 2011

ひとつ前に書いたとおり、2011年の Jeff Beck大先生のツアーは

Rock'n'Roll Party として Imelda May Band とともに 3月24日から

4月9日まで、11箇所です。

そして、その小さいツアーが終了してまもなく、今度は大先生の

リーダー・バンドのツアーが始まるとのことです。

このバンドのメンバーとして名前がリストアップされているのは、

昨年と同じ 3人です。

 

Jason Rebello  (Key),

Rhonda Smith (B), :

Narada Michael Walden (Drs) 

 

とりあえず現在わかっているのは 4月13日から5月1日まで。

場所とスケジュールは以下になります。

 

4/13  THE DEPOT, SALT LAKE CITY, UT

4/15  PARAMOUNT THEATRE, DENVER CO

4/16  UPTOWN THEATRE, KANSAS CITY, MO

4/17  STATE THEATRE, MINNEAPOLIS, MN

4/19  DEVOS HALL, GRAND RAPIDS, MI

4/21  CASINO RAMA, ORILLIA, ON

4/22  UNIVERSITY AT BUFFALO CENTRE FOR THE ARTS, BUFFALO, NY

4/23  CARNEGIE MUSIC HALL OF OAKLAND, PITTSBURGH, PA

4/26  LOUISVILLE PALACE THEATRE, LOUISVILLE, KY

4/27  RYMAN AUDITORIUM, NASHVILLE, TN

4/29  NEW ORLEANS JAZZ AND HERITAGE FESTIVAL, NEW ORLEANS, LA

5/ 1  SUNFEST, WEST PALM BEACH, FL

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/02/03

Jeff Beck 2011年の最初のツアーは Rock 'n' Roll Party

Jeff_beck_rock_and_roll_party_1_2

 

Jeff Beck 大先生は今年もアクティブで嬉しい限りです。

昨日、日本で先行発売になった 「ライヴ・アット・イリディウム~レス・ポール・トリビュート」

(原題 「Rock & Roll Party: Honoring Les Paul」) を再現する短期ツアーが、

2011年の最初のツアーとなるようです。

アメリカ国内だけというのが残念ですけどね。

以下、スケジュールです。

 

Jeff Beck and the Imelda May Band: Rock N Roll Party

3/24 9.30 Club, Washington DC

3/25 Keswick Theatre, Glenside PA

3/26 The Wang Centre, Boston MA

3/28 Beacon Theatre, New York NY

3/29 State Theatre, New Brunswick NJ

3/31 Michigan Theatre, Ann Arbor MI

4/ 1 Cadillac Palace Theatre, Chicago IL

4/ 4 Verizon Theatre, Grand Prairie, TX

4/ 5 Moody Theatre, Austin TX

4/ 8 Fox Theatre, Pomona, CA

4/ 9 The Fillmore, San Francisco CA 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »