« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月の5件の記事

2012/03/25

チューリップ の頃

なぜだか、ふと熊本に住んでいた時代を思い出して、
先日「 かまいたち 」のことを書いていてみたんだけど、
その大元のところにあるのは紛れも無く 「 チューリップ 」だ。

で、自分は随分あとになって、どのチューリップを演っていたのか
ちゃんと思いだして記録しておこうと思った。
自分だけのためのメモランダムだ。

いくつか残っているライブのセットリストの記録を集めてみる。。。

Hello, How Are You? ~ Welcome To My House
あのバスを停めて!
電車
二人だけの夜
風のメロディ
サボテンの花
私の小さな人生
娘が嫁ぐ朝
ここはどこ
私のアイドル
夢中さ君に
新しい地球をつくれ
青春の影
魔法の黄色い靴

レパートリーはこんな感じだったかな・・・・
いつもライブの持ち時間は 30分以内ぐらいだったから
セットリストはこの中から5曲か多くても6曲ぐらいだった。

結果的に、76年の Live Act Tulip Vol.2 と 78年の Vol.3 の
ライブバージョンのアレンジを選んでたってことみたいだな~。
「電車」は 1980年 鈴蘭2 ライブバージョンの筈だ。
嵐の鈴蘭、ライブ録音がカセットテープのみで限定販売された。

当時、70年半ばから生まれたクロスオーバーという造語があって
チューリップだか財津和夫がそれを意識したのかどうかは
わからないけど、ロックだ、ジャズだ、クロスオーバーだ、という
自分の周囲へのアピールみたいな意識は、僕自身のなかにあった
んだろうなと思う。
それで、ハイカラな(笑)アレンジで生まれ変わった「電車」を
レパートリーにして、必ずセットリストに入れていたように思う。

サポートしてくれたメンバーは、チューリップをとても良く知ってる
というわけではなかったので、選曲やどのアレンジを使うかは
全部僕のワガママし放題だった。
まったく僕の欲求のはけ口であって、僕自身の高校の頃の思い出を
卒業するためのバンドだった。
別名、ライブ・カラオケ・バンドという位置づけだったかもな(笑)

懐かしいな~。
いまも歌えると思うけど、声はすぐには出ないかもな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/24

Who's ready ? - 2012.03.23 SHANTI "Lotus Flower" 発売記念ライブ

SHANTI のメジャー(コロンビア)からの3rd フルアルバム「Lotus Flower」 の
発売記念ライブツアーの最終日。

20120323_shanti

昨年の 2nd アルバム「Romance with me」の発売記念ライブも、
同じ日、同じ場所だった。偶然と言っていたけど、この偶然は胸キュンだ。
昨年はあの大震災から2週間弱という日程だった。
ほとんどのライブがキャンセルになっていくなか、おそらく悩んだ挙句、
SHANTI はライブを決行した。そして僕もそれを見届けに行った。

あれから 1年、SHANTI はものすごく大きく逞しくなって、パワーアップして
ここに帰ってきた。
お客さんに楽しんでもらう、元気になってもらう、そのために自分自身が
楽しんで元気に歌い踊る。

開演時間 19:00の予定だったが演奏開始は19:21頃になった。
新譜 Lotus Flower の 1曲目 Memorize でしっとりとスタート。
ブレークを入れずに、木原氏のギターのリフにのって
「みなさん、こんばんは~! Tokyo! 最終日~!
 Lotus Flower Tour 2012, Welcome ! Great Person, Great Music !」
とテンション高めの挨拶から、インディーズ時代の Wake Up To The Sun 。
それから 4曲目までMCいれずにイッキに突っ走った。

今夜のSHANTIは、いつもより心持ち英語が多かったように感じた。
彼女がより自然体でいたのか、テンションが高かったのかもしれない。
そう思うとなんだか嬉しい。

最終日はゲスト 3名が Lotus Flower 1曲のためだけに、
コーラスとしてサポートした。
それぞれがソロボーカリストとして活躍している面々だ。
Ashton は Philippe Wooのライブで BAJで聴いたことがある人だ。
世の中には一般に広く知られているわけではなくても
素晴らしい凄いアーティストがたくさんいるもんだ。

Lotus Flower は、ゲストコーラス 3名を含むメンバー全員のソロ回しがある
特別バージョンだった。ライブの醍醐味だ。

1st セットは 20:08 頃に終わり、約 16~17分程度の小休憩。
20:25 頃、2nd セットがスタートした。
"Who's ready? Who's ready? Who's ready?"
やっぱり今日は SHANTI のテンションが特別高い!
そして始まった 2ndセットの 1曲目は Galaxy 。
昨年の大震災のとき、プロモーションで博多に行っていたSHANTIが、
ホテルに缶詰になって、何をすればいい、何ができる、と自問して
ギターで作った曲だ。
1年前のこの場所で、最後の曲として披露された曲だ。
きっと、ずっとずっと歌い続けていく一曲になるのではないだろうか。

続く Standing On The Outside Of Love で、SHANTI が木原氏の
オレンジのストラトタイプのエレキを抱えた。
4年前のKAMOMEでエレキギターを弾いたと話だけ聞いていたけれど、
実際に目にするのは初めてだ。
コーラスをかけたコード弾きがイントロのアクセントになっていい感じだった。

本編の最後は YUYAKE。 2010年の メジャー 1stアルバム Born To Sing
に収録されている曲だが、5~6年前から歌ってきた曲だ。
そしてアンコールは Penny K のピアノで、しっとりしっとり、
Estrada Branca (This Happy Madness)

すばらしい。とても満足なライブだった~、と浸ろうとしていたら、
再度のアンコールに応えてくれた。 最後のアンコールは Spooky !
ノリノリのチューンで大満足のライブを締めくくってくれた。

今夜の SHANTI は、客席に向かって煽るのもいつも以上だったように思う。
客席にも降りてきた。(これは名古屋 Blue Noteでも行われた模様)

SHANTI が呼びかける。クラップしよう、みんな立とう、合唱しよう~ 
客席が笑顔と幸せな空気に包まれた。

楽曲と演奏のクオリティも高く、それに比較してとてもお得な料金。
Blue Note系の箱と違って通しで 17曲も堪能できて、しかもゲスト付き。
帰る前にサイン会に並び、すでに購入済みの Lotus Flower 初回限定版の
SHANTI オススメの場所にしっかりサインを頂いてきた。

素晴らしいライブと、久しぶりに SHANTI に直接あいさつできたこととで、
冷たい雨のなか、僕の心はとても暖かかった。


*** ライブ記録 ***
2012.03.23 SHANTI "Lotus Flower" 発売記念ライブ

渋谷Mt.Rainer Hall Pleasure pleasure

Musicians:
西山 Hank 史翁 (EG, BV)
木原 良介 (AG, EG)
Crif Archer (B)
Jay Stixx (Dr)
Penny K (Kb)

Guest chorus for "Lotus Flower":
Maru Firelily、Ashton Moore、Maya Hatch

1st set:
1. Memorize
2. Wake Up To The Sun
3. Overjoyed
4. Chain Reaction
5. Closing Time
6. Sunshine
7. Lotus Flower ~ NK's break time
8. Love Matters

2nd set:
1. Galaxy
2. Standing On The Outside Of Love
3. Candy
4. Saving All My Love For You
5. Look Back
6. Weary
7. YUYAKE

(Encore #1)
Estrada Branca (This Happy Madness)

(Encore #2)
Spooky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/23

35年前の 「 かまいたち 」

1976年〜1977年前後だったろうか。

僕の出身地である熊本に「かまいたち」という名のアマチュアバンドがいた。
地元のラジオ番組でライブ出演もしていたのでそこそこ有名だったと思う。

ちなみに80年代後半のイカ天に出たらしい京都の同名のバンドとは
ベツモノだと思う。たぶん… そっちも良く知らないんだけど。

そんな昔の田舎のアマチュアバンド「かまいたち」を覚えているのは、
彼らがチューリップの「夢中さ君に」や「僕のお嫁さん」、ガロの「時の魔法」
等を演奏していたから。それをラジオで聴いて、羨ましくて悔しかったな。

エレキでバンドを組んで、歌謡番組にも出る(出てた)ようなグループの楽曲を
演奏するというのは、当時はあまりいなかったんじゃないだろうか。
みんな欧米のハードロックを演るのがカッコいいと思ってた時代だと思う。

それから数年後、僕は大学に進学して音楽系のクラブに入った。
2年目に、他の複数のバンドからボランティアを募るようにメンバーを寄せ集めて、
副業バンドを組んだ。
全曲チューリップ、もう本家の財津氏と同じようにワガママし放題で (笑)

「かまいたち」のメンバーだった人たち、会ったことも見たこともないんだけど、
今どうしてるんだろうな〜。まだバンドやってるかな〜。
知ってる方、情報あれば教えてください。

ま、当時の知り合いでもなんでもないので、今出会ったところで何もないけどね(笑)

あ、脈略がないけど、1976年といえばCharさんがデビューした年だったね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/22

あれから5年

あの春の一日から、僕の環境が、いや精神状態が、ガラリと変わってしまった。

あれから5年。

もはや不信感や絶望感や空虚感や悲哀感は、心の奥底に沈みこませた。
決して忘れはしないが、特別な感情はない。

ただ付随して失ったものはあまりに大きかった。
負の遺産を今も引きずっている。

救ってくれたのは、音楽と出会いと家族。

4年半前、池袋南口のまだ工事中だったEsolaの前で唄っていたのが
宮崎奈穂子さんだった。
初めてのCDを出したばかりで路上ライブも慣れない感じだった。
精神的に弱ってた僕を助けてくれたのがその曲「優しい青」だった。
初めて路上ミュージシャンの演奏の前で立ち止まり、
路上で歌を聴いて涙がでた。それが最初の出会いだ。
2枚めも3枚めも、そのあとも、彼女の曲を聴いている。
でも僕にとって、あの時の、あの場所の、あの出会いの、
あの曲とあの歌声に優るものはない。

同じく4年半前、mixiを始めた。同じ音楽の趣味・嗜好の人たちと出会えた。
好みの音楽やアーティストという共通点を通じて音楽を楽しむことで、
心のバランスをなんとか保てたんだ。
それから1人でもライブに行くようになった。音楽と人との出会い。
2年後、Twitterも始めた。そして更なる新しい出会い。
mixi とTwitter を通じて、ずっと友だちでいたいと思える人たちに恵まれた。
この出会いは僕の救いだ。

そして家族。
この家族がいるから、今ここに僕がいる。この家族でなければダメなんだ。

あれから丸5年。
精神的なドン底には行きつくところまで行っただろうか。
あとはアガるだけだろうか。

…… 今、僕は元気です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/15

インフルエンザ

何時以来だかも覚えていない日記でございます(笑)

昨年に引き続き、仕事と責任のストレスと、自分の内面での葛藤とで、
クタクタになっておりました。

昨年末に決断して実施したことがあって、外向きには後退、内向きには改善、
本人的には納得で上等、ということですが、簡単に何もかもチャラになるわけ
じゃないよね。
ま、そのへんはいずれ書きたくなるときがきたら書き残しておこうと思う。

ところで先週はすごくシンドイ週で、木曜(3/8)は数年ぶりに完徹だった。
というか、まったく居眠りやうたた寝も仮眠もとらなかった起きっぱなしたった。
仕事では数十年ぶりかもしれない(苦笑)

起きっぱなしで迎えた金曜(3/9)は朝から夕方まで全社員集合、外人2名の
2012年キックオフミーティングという会社イベントで、一睡もせぬまま出席、
午後は約90分のプレゼンテーション実施・・・ しかも急遽、英語でだ。

夜は西新宿の小さめのホテルのレストランを貸しきってアワード・ディナーパーティ。
ここにもニコヤカに出席するのが立場ってもんだ。
しかも一名、表彰者の紹介をしなきゃならんのだ。
寝不足と緊張感とでボロボロになった僕は、8時半の終宴の三本締め後、
ニコヤカにさよならを言いながらさっさと会場をあとにした。

でも・・・ ちょっとは自分に褒美をやりたい、という基本、自分に甘い僕は、
知り合いのドラマーがメンバーになっているバンドがライブやるってきいて
池袋のライブハウス「Black Hole」に出かけたのである。

えっと、その話はまた別にするとして・・・・

金曜は朝から雨だったんだけど、夜はその雨もさらに冷たくて、空気も冷たくて、
帰りは寒くて寒くてしかたがなかった。

そして、翌日の土曜日の朝、起床したときから風邪っぽいかなと思ってたら
どんどんグッタリしてしまい、昼前に体温を測ったら 38.8度だった。
実は前週も、その前週も、週末に熱を出していたので、同じようなものかもと
思って、最初に医師に処方された風邪薬を飲んで布団に寝てた。
夕方、熱が下がったようだったので油断してたら、今回は違ってた。
日曜も熱が上がったり下がったり・・・ 風邪薬と睡眠では治らない。。。
さすがに怪しいってことで月曜(3/12)に医者に診てもらったら、
インフルエンザ A型にあたってた。
インフルエンザにかかっちゃうなんて何年ぶりだろう。

火曜になってやっと下がった体温がおちついた。 
熱がさがってから2日は出社しないように、という医師の指示を守って、
今日(木曜 3/15)まで会社はやすみました。

まだ喉の具合が悪くて咳がでるんだけど、全体的には9割ぐらいの元気かな。
明日はマスクをつけて出社する予定。種々雑多な仕事が溜まってる(ひえぇ~)

土曜から今日まで6日間、酒を飲んでない。
我慢してるわけでなくて、飲んでも不味そうだから飲んでない。
睡眠をたくさんとれて身体も休めたし、心も少し元気になったかな・・・
ちょうど良いタイミングで休む理由ができたってプラスに考えてる。

インフルエンザ、ありがとう。 (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年4月 »