« 2012.04.02 いとうゆーすけ at 下北沢 mona records | トップページ | 2012.04.24 Roger Daltrey at 東京国際フォーラム »

2012/04/22

2012.04.21 Char 2012 野音ライブ(注意:ネタバレあり)

Char_20120421_yaon_news01


待ちに待った、2012年の本格的な Char さんのライブ、
しかも日比谷野外大音楽堂。

昨年12月26日に恵比寿Liquid Roomで行われたライブの入場者に配布された
特別先行予約で申し込んだものの、最前線の Aブロックの席にはならず Bブロック、
しかも右の端っこという席番号で、ちょっと盛り上がりに欠けてたのは事実。
でも、それ以上に一昨年9月の大井町きゅりあん以降、1年以上にわたり、
ほぼ同じようなライブを観つづけてきて、またその延長だったらどうする?という
気持ちがあったのも正直なところだった。
東京近郊に住んでいて何度もCharのライブに行く機会がある人間の贅沢病かもな、
とわかっていても、それでも今ひとつ自分のなかでワクワク感が盛り上がって
なかった。 数日前までは。

約1年前にも行われた日比谷野音でのライブは、きゅりあんのライブ後、いくつかの
小さいライブやイベントでのパファオーマンスを除くと今回以上に待ちに待った感が
あった。大雨に降られて大変だったけど、それも Char さんだと思えたし記憶に残る
良いライブだった。果たして今回はどうなる?
変化の片鱗が見えた昨年末のLiquid Room を思い起こしたりしながら、
ようやく自分のなかでワクワク感が生まれてきた。

さて、結果はいかに?

Img_0044

その前に・・・

今日のギターは、開演直前に、いつものCharさんのギタースタンドが運ばれてきた
ことがまず稀なこと、そして1本だけ外に立てかけられていたのが、フェンダー
カスタムショップ製ストラトキャスターで、 Charさんのシグネチャーモデル である
Charizma(カリズマ)だったのが2つめの稀なこと。
ついに Charizma がメインになるのか? 少なくとも1曲めがそうなのか?
だとしたら 1曲めから Apple Juice か? ・・・ と、いろいろと考えたんだけど、
すべてハズレ (え〜?) なんと Char さんはギターを抱えてソデから登場した。

Mustangだ。いつものカラーとは違う。あ?
これがフェンダーカスタムショップと相談してるよ、と言っていたやつか。
カスタムショップからその姿を一瞬公にさらされたアレか。
青みのあるグリーンのカラーをしたその Mustangは、ライブ本編の最後に
Charさんによりメンバーの1人として紹介された。その名も「Free Spirits」。
あとでZicca のホームページをみたら 4月21日付で発表されていた。
この色は御召茶(英名 Olive Green)だそうだ。

さて、ライブの開演だ。

一昨年来のTRADROCKの流れとは一線を画す内容だった。
他者のカバー曲をいっさい排除。すべて自作曲。あえて言えば自作曲のカバー。
Charさん自身が、いつものシャレのように「全部新曲でごめんな」と言ってたけど
ある意味で新曲なんでしょう。 自身の手で新しいものに生まれ変わらせようと。

素人がこんなことを言っては失礼なんだけど、まだ生まれ変わる途中、試行錯誤中、
という部分もあったと感じる。そのためシックリこないところがあるようにも思う。

でも、曲の入り方を変えたり、ギターのカッティングを変えたり、バンドのキメを
変えたり、ソロの構成やメロを変えたり、そして何より、よりアグレッシブに、
ハードに、ヘヴィに、ロックンロールしていた。

そしてMCも極力おさえめの進行。

素人がこれ以上は言うまいと思いつつ、ついつい余計なことを・・・
古田たかし、澤田浩史とのトリオで、なにかを固めていこうとしているのだろうか。
そのためには信頼できるメンバーと作り上げる方法を選んだのだろうか。
この夜のライブは、僕のココロに、これからの Charさんのアウトプットを
期待しようと思う気持ちを、あらためて強くしてくれた。

最初の登場から、笑顔で「立てよ」と言わんばかりのジェスチャーで
観客を総立ちにさせ(注:正確にはごく一部、座ったままの観客もいましたが)
その後、終演までほとんど立ちっぱなしにさせてくれた楽しいライブだった。

ちなみに、ビデオカメラ数台で撮影され、客席内にはオーディエンスの音を
録るためのマイクが立てられていたので、Zicca からDVD化されるか、
またはCS放送の Music ON あたりで放送されるか、あるいはその両方か、
いずれにしても映像の公開が期待できます。

* 澤田さんの珍しくハデな衣装はそのためでしょう。きっと!(爆)

では、ネタバレのセットリスト。たぶん、こんな感じです。
これからライブが予定されている地域のみなさん、ご注意ください(笑)

2012.04.21 日比谷野外大音楽堂
開演 17:45頃

(Opening SE "風に吹かれてみませんか")
1. Drive Me Nuts
2. Pain
3. Merry-Go-Round
4. Cry Like A Baby
5. Dazed (Dazed By Love)
6. I'm Here For You
7. And Their Sons And Daughters
8. Doubt
9. Without Love
10. Hug Letter
11. Zig Zag Zone
12. Until The End
13. Lady (Don't Fade Away)
14. Head Song
15. Finger
16. Uncle Jack

(encore)
17. Taxi Driver
18. からまわり
19. 視線

(encore 2)
20. Apple Juice
21. Smoky

(Ending SE "かげろう")
終演 20:01頃


アンコールで演奏された Taxi Driver は金子マリに提供した曲で、
過去にもライブで演奏したことがあるもの(例えば2006年10月渋谷節)
途中にHumble Pie の C'mon Everybody のフレーズが出てくるところが
らしいっちゃぁらしいかな(笑)
そういや 視線 の間奏には Steppenwolf の Born To Be Wild が出てくるね。

使用ギターは、2度目のアンコールの Apple Juice のみ Charizma で、
他はすべて Free Spirits 、 Char さん、かなり気にいってるみたいです。

Char_signature_mustang_free_spirits

|

« 2012.04.02 いとうゆーすけ at 下北沢 mona records | トップページ | 2012.04.24 Roger Daltrey at 東京国際フォーラム »

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽:Char」カテゴリの記事

コメント

チケット紛失でとうとう参戦できませんでした。

シグネチャーモデルでしかもこの選曲はおっしゃる通りこれからのツアーを見据えた途中経過かもしれませんね。

逆にそれを観れたらうれしいだろうなぁ。

まだまだ進化してるんですね竹中さんは。

すっげーなぁ。

詳細なレポートありがとうございました。

投稿: りゅーちゃん | 2012/04/22 05:21

りゅーちゃんさん、

チケット紛失でしたか、残念でしたね。
私も直前になって「iどうしたんだっけ?」
と慌てました。

Charさんは、これまでの TRADROCKツアーとは
明らかに意識して変えてきたと思います。
この元気さは嬉しかったし、これからも楽しみです。

投稿: Pink Cloud | 2012/04/22 05:33

SEの「かげろう」に反応しちまった。
あの曲をライヴで取り上げることはあるんだろうか。

投稿: マスターG | 2012/04/22 13:11

マスターGさん、こんにちは。

かげろう、過去に何度かセットリストに入れてまして、
実は昨年の秋からのツアーでは標準セットになってたんですよ。

投稿: Pink Cloud | 2012/04/22 14:40

はじめまして、まだまだ10何年か前にCharさんのファンになりました、keikeiと申します。私もコメントされていた方(りゅーちゃんさん)と同じく?、21日野音のチケットを紛失してしまい、どなたかライブの様子をアップされていないかと思い、拝見できてよかったです。ありがとうございました!!

GW中のライブも行けないのが残念ですが、次の機会まで楽しみにしていようと思います。

(御礼をお伝えしたく、こちらですみません。←公開なさらず読み捨てて下さいm(_ _)m)

またお邪魔しますm(_ _)m

投稿: keikei | 2012/04/23 04:44

keikei さん、

コメントありがとうございました。
せっかく頂いたコメントですので公開させて頂きました。
返信コメントが遅くなってしまい済みませんでした。
チケット紛失は痛かったですね。
また近いうちにライブが行われると良いですね。

投稿: Pink Cloud | 2012/04/27 22:31

詳しい情報ありがとうございました。

今週末の大阪BIG CAT参戦予定
なのですが、この公演も
このような内容なんですかねー??

クラプトンとかの
cover等も期待してるのですが(笑)

投稿: やまぐち | 2012/05/09 14:00

やまぐち さん、

コメントありがとうございます。

アンコールの時に「なにやろうかな~」
とつぶやく瞬間を聞き逃さず、
大声でリクエストすると、もしかしたら
応えてくれるかもしれませんよ(笑)

大阪で何かサプライズがあると
良いですね!

投稿: Pink Cloud | 2012/05/10 08:51

初めまして Shi-Geといいます。
初のコメントで失礼します。

野音のセットリストとレポートを拝見して
スゴイ!って思ってしまいました!

私は、昨日の徳島公演行ってきました。
キャパ300人程度のライブハウスだったのですごく良かったし、Charさんのパワー凄かったです!
ゲストで、徳島出身の佐藤タイジさんが数曲で演奏されてました。

セットリストは
大筋は野音と同じ感じなのですが

Superstition
かくれんぼ
Jumpin' Jack Flash
Come Together

など、野音では演らなかった曲も演奏されてました。


でも正直・・・

Head Song
Finger
Uncle Jack
Doubt
Without Love
Apple Juice

という、鳥肌ものの曲たちのほうが聴きたかったです。

しかし
久々の自作曲メインのライヴに感動したし、ここ数年のライヴの中では一番良かったです!

投稿: Shi-GE | 2012/05/12 09:31

Shi-Ge さん、

コメントありがとうございました!
徳島公演に行かれたのですね。
セットの情報をありがとうございます。

「かくれんぼ」は昨年のアコースティックライブでも
タイジさんといっしょに演奏しましたね。
清志郎との思い出で、先日のタワーレコードの
アコースティックイベントライブで期待したのですが、
聴けませんでした。
僕はこの曲を聴くと泣いてしまうので明るい場所で
聴くのはヤバイですけど(笑)

Superstitionはフルコーラスでしたか?
だとしたら久しぶりですよね〜。

Jumpin' も昔からたまに演奏してますね。
Come Together、かっこよかったでしょうね。
ギターはテレキャスターに換えてましたか?

今後とも宜しくお願いします!

投稿: Pink Cloud | 2012/05/12 09:48

Pink Cloudさん
コメントありがとうございます!

かくれんぼ は、「清志郎と一緒に作った曲で・・・」と言ってから演ってくれましたよ♪
ボクも、RC大好きだったので
清志郎を思い出し、ジ~ンときてしまいました。

Superstition は Voodoo Child のフレーズを挟みながらのフルコーラスでしたし
Come Together はテレキャスに持ち替えての演奏でした。


それから思い出しました!

Wondering Again
Black Shoes
籠の鳥
Wonderful Tonight(佐藤タイジと、かなりなワイルドバージョン)

も演ってましたよ♪

しかし、籠の鳥 はほんとにいい曲ですね~
いつ聴いても心に染みわたります。

それと
Hug Letter はライブではあまり演らないせいか、すっごく良かった!
アルバム「PINK CLOUD」は全曲大好きなのでとくに嬉しかったです。


本日の大阪公演、チケット取っておくべきだったな・・・
と、今更ながら後悔していますが(^_^;)

こちらこそ、今後とももよろしくお願いします!

投稿: Shi-Ge | 2012/05/12 21:37

ShiGe さん、

追加情報ありがとうございました。
Wondering Againはレゲエ・アレンジでなく
かつ、できればキーボード付きで
聴きたいですね〜。

籠の鳥 はいつも聴く度に震えてきます。

あらためて情報とコメントありがとうございました!

投稿: Pink Cloud | 2012/05/13 17:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511320/54529734

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.04.21 Char 2012 野音ライブ(注意:ネタバレあり):

« 2012.04.02 いとうゆーすけ at 下北沢 mona records | トップページ | 2012.04.24 Roger Daltrey at 東京国際フォーラム »