« [Bootleg] ROGER DALTREY THE WHO'S TOMMY JAPAN TOUR 2012 | トップページ | 2012.06.08 Char at 銀座山野楽器 本店 イベントスペース JamSpot »

2012/05/27

2012.05.24 「LADIES OR GENTLEMEN ?」 at 恵比寿 Liquid Room

発表された時は少々迷いながらも、
そんなにいつもいつも行く訳じゃないよってツッパってたライブ。
それよりも東京ではない別の場所でライブを観たいと思って
大阪か名古屋に行ってみようかなと考えていた。
残念ながら仕事の都合でどちらも諦めざるを得ないことになり、
あらためてこのライブが対バンになっていることを考えてみた。

***

5月24日、恵比寿リキッドルーム「LADIES OR GENTLEMEN ?」
に行ってきました。
なんと、Charさんとチャットモンチーの対バンです。
Charさんが東京のライブハウスで自身のライブを行うのは、
昨年12月26日の同じハコでのパフォーマンス以来5ヶ月ぶり。
それ以前は、九州などではライブハウスを使っているものの、
東京では「何年ぶり?」というほど久しぶりだったと思います。

前述のとおり、最初は行かないつもりだったんだけど、
ライブハウスででかい音で聴きたいという気持ちがだんだん
強くなって、そんな時にたまたま mixiのコミュニティで
チケットを譲りたいという人がいたので定価で譲って頂くことが
できました。

整理番号は400番台だったけど苦労することなく入場できて、
しかもPA卓前のホールより高くなっているステージから正面の
絶好の場所に陣取ることができました。実は先に入場した知人が
その場所にいたので、挨拶したら入れてもらえたんですけど。
(どうもありがとうございました。)

先発はチャットモンチー。
僕は名前だけは知っていて、去年ぐらいにメンバーの1人が
脱退したという予備知識ぐらいしかなく、音楽はまったくの
初体験でした。

もともとベーシストの人が曲の7割ぐらいドラムを担当して、
ドラム&ギターの構成。
曲によって、もともとギターとボーカルの人がドラムになって、
ベース&ドラムの構成。
1曲、エレピ&ドラムの構成もあったかな。

音はヘヴィでハードで、若いってすげーなーと思いました(苦笑)
ドラムはまだ決して上手いとは言えないけれど、バスドラが
ずこずこ響いて良かったです。
1曲、Charさんの「気絶するほど悩ましい」を独自のアレンジで
カバー。そういう自分たちのカラーをだしたアレンジは良いと
思いますね。

その他の曲はもちろん知らない曲ばかりで、全部を好みとは
言えないけれど、好感をもちました。
それはきっと彼女たちの人柄が伝わってきたからだと思います。
MCを聴いていて、方言(あとで調べたら徳島なんですね)
と彼女たちのマイペースぶりにほんわかしました。
いい娘たちなんだなあ〜。

約1時間のパフォーマンスのあと15分強でセッティングを替え、
いよいよCharさんの登場。すでに足がつりかけてました(笑)

この日のギターは、なんと「Charizma」。
これまでこのギターで唯一演奏してきた「Apple Juice」を
1曲めにもってきました。
ブレークを入れずに2曲め「Why Aren't You Ready?」

チャットモンチーの爆音に負けないように、ということなのか
先月の日比谷野音から出音も変えてきたからなのか、
昨年12月の同じハコのほぼ同じ場所で聴いた音と比較して
明らかにデカい音でした。

2曲演奏したあとギターを「Free Spirits」に換えながら、
軽く挨拶。「こんばんは、チャートモンキーです」(笑)
その後、最後までほとんど喋らずに突っ走りました。
口を開いたのは「Zig Zag Zone」の最後の恒例のピック投げの
後と、本編ラストの「Purple Haze 〜 からまわり」の冒頭で
コール&レスポンスを優しく煽るときぐらいだったと思います。

この本編ラストの「Purple Haze」から「からまわり」の途中に、
今回はボーカル付きで「Superstition」と「Going Down」、
そして「Freeway Jam」のフレーズを入れてきました。

4月の野音では Psychedelix 時代やソロ時代のセルフカバーも
セットに入れていたけれど、今回のセットリストは、
Zig Zag Zone と洋楽カバーの部分を除き、JL&C〜PINK CLOUDの
1980年代をセルフカバーするという感じでした。
これが時間的な制約だけのことなのか、これからの方向性なのか、
あるいはジョニーさんや加部さんへのオマージュなのか、
わかりませんけれど。

本編のラスト「からまわり」が終わったあとに再度あいさつ。
でも今度は「チャーとモンキーズ」に変わってました(笑)

アンコールでは客席側まで出てきて、客にギター触らせるは、
弾かせようとするは、Charさんはご機嫌のノリノリでしたね。
やはり良い刺激だったんだと思います。若いバンドとの対バンも、
それ目当てに来ていた若いお客さんも。
最後の「Smoky」は、澤田浩史のベースソロをフィーチャー。
過去の澤田さんは Charさんのライブでは黙々とリズムを支える
タイプのプレイと低域が強くて重いトーンでしたが、
最近は高域が良く聴こえるトーンに変化してきていて、
ベースラインがより聴こえてきます。
あらためて上手いと思いました!

***

さてさて、古くからのファンは(僕も含み)、
JL&C 〜 PINK CLOUD の再結成、再演を期待してやまない
ところでしょう。
でも時は流れていて、「あの時」には戻れないという現実が
あるのも事実。
新しいアプローチで JL&C、PINK CLOUD を聴けたのは
良かったと思います。

そしてこんどは、本格的に新曲、新作を期待したいと思います。

セットリスト:

01 Apple Juice
02 Why Aren't You Ready
03 You Keep Snowin'
04 Doubt
05 I'm Here For You
06 Lady (Don't Fade Away)
07 Hug Letter
08 Head Song
09 Zig Zag Zone
10 Drive Me Nuts
11 Purple Haze (incl. Superstition - Going Down - Freeway Jam)
〜 からまわり

(encore)
12 Uncle Jack
13 Natural Vibration
14 Smoky

(約 82分)

|

« [Bootleg] ROGER DALTREY THE WHO'S TOMMY JAPAN TOUR 2012 | トップページ | 2012.06.08 Char at 銀座山野楽器 本店 イベントスペース JamSpot »

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽:Char」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511320/54810194

この記事へのトラックバック一覧です: 2012.05.24 「LADIES OR GENTLEMEN ?」 at 恵比寿 Liquid Room:

« [Bootleg] ROGER DALTREY THE WHO'S TOMMY JAPAN TOUR 2012 | トップページ | 2012.06.08 Char at 銀座山野楽器 本店 イベントスペース JamSpot »