« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の2件の記事

2012/06/25

6月25日 忘れたくない日

6月25日は、私の好きな人の誕生日です。
でも、その人は昨年の11月に急逝してしまいました。

その人は若い時には表舞台にもいらっしゃったミュージシャンでした。
その後、良く知られている日本のロックバンドのプロデュースもなさったこともある、
音楽制作関係の仕事をされていた方でした。

その人が急逝されて、いままでこのような文章を書けないでいました。
でも、そうして自分自身がその人のことを忘れていくのではないかという
不安を抱きました。
誕生日のことを思い出させてくれたのは mixi のマイミクさんの誕生日お知らせ
機能でした。

その人とは、そう、mixi で知り合ったんです。
僕が mixiを始めて、それまでの10年近くの空白を埋めるかのようにライブを観に
行き始めた頃でした。
Jeff Beck関係のコミュニティにライブの告知が出ていました。
コメントを書いて、観に行きますと宣言しました。 池袋 ADMだったな~。

そのバンドが演奏したのは BBAのカバーでした。
出番が終わってシールドを片づけているところに近づいて挨拶しました。
あの時の人懐っこい笑顔、忘れられません。
それから何回、ライブを観に行ったかなあ。外苑前や渋谷公園通り。
2008年から2010年のことです。 何度かお酒も飲みました。

「今日は声が出ていて良かったですよ」 ・・・・ とか、今ふりかえると、
生意気なことを言っちゃったなあ。 でもいつもニコニコ笑って話をしてくれました。

ほんとに優しく接してくれました。声をかけてくれました。
演奏が終わったあとも、飲もうよ、って誘ってくれました。

2011年は、タイミングが合わなくて、いや合わせようとしなくて・・・・
1回しかライブに行かなかった。渋谷のNOBというハコでした。
楽しそうだった。聴いている僕も楽しかった。
その時は、他にたくさんの旧友のような方々がいらっしゃったので、
僕は一言だけ声をかけて帰ってしまったのだけど、もっとお話すれば良かったな。

その後、参加するバンドが増えて、ライブ活動も横浜など新たな場所が増え、
行きたいと思っていながら、今回は仕事が・・・ なんて感じでいくつかミスしてしまって。

もう2度とライブで聴けなくなっちまった。
僕はその人とお別れをする機会もなかったし、
渋谷のNOBという店の演奏と笑顔のまま、時間が止まったままなんです。

佐々木さん、お誕生日、おめでとうございます。
何もできなかったですが、これからも貴方のお誕生日を覚えていたいと思います。

来週、佐々木さんが活動していたバンド FEN が新しいメンバーになって2回めの
ライブをやるそうです。 そして、そのライブは彼のトリビュート・ライブだそうです。

なにを差し置いても行きます。


■F E N
 JEFF SATO - gutar & vocal
 OKAJI - drums
 TOSHITUGU - bass

 GOLDMAN SASAKI 時代の初公開映像の上映あり。  

■7/5(木) 19:00 open/19:30 start
 渋谷・公園通りクラシックス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/10

2012.06.08 Char at 銀座山野楽器 本店 イベントスペース JamSpot

2012_char


銀座山野楽器の創業100周年記念と「Rock!ロック!6/9!キャンペーン」
の一環として、6月8日(金曜日)に山野楽器の銀座本店のイベントスペース
JamSpotsで行われた Charさんの無料招待ライブに行くことができました。

余談ですが応募方法がハガキ!いまどき珍しいですよね。
山野楽器の方によると1000枚以上の応募があったとのこと。
整理券は160枚ほど用意されていたようで、実際の入場者は150名程のようでした。
抽選の当選者に当選結果がハガキで送られてきて、それを銀座山野楽器の本店で
イベント当日に入場整理券に交換し、そこに書かれている集合時間までに指定の
集合場所に行き、整理番号順に並んで入場する… めんどくさいんですけど(笑)
まあ幸運にも当選して、無料でCharさんのライブを観ることができるのですから、
モンクを言っちゃバチアタリってもんですね。

僕は仕事の都合をつけて11:30ごろお店に行き、整理番号64番を頂きました。
集合指定場所の階段に並び、18:00から皆さんお行儀よく入場。
縦長の、さほど広くないイベントスペースには80席ほどのパイプ椅子が並んでいて
70名ぐらいはその後方と左右で立ち見でした。
僕は運良く最後列の中央からやや右寄りに着席することができました。

着席して落ち着いたところでステージを見て嬉しい驚き。
てっきりアコースティック・ライブだと思い込んでいたのですが、なんと!
ステージには、いつもの MATCHLESS のアンプの前に、御召茶色の MUSTANG
"FREESPIRITS" が置かれています。
心の準備ができていなかったのでドキドキでした。(なんだそりゃ? 苦笑)

開演予定の18:30を10分ほど過ぎてから山野楽器の方の挨拶があり、
いよいよCharさんの登場。メンバーは当然ながら古田たかしさんと澤田浩史さん。

「え~、こんばんは。今日はこれからずっとお喋りですから(笑)」
… で、しばらく山野楽器にまつわる思い出など。と言うより銀座の思い出だな。
ヤマハ、アシベ、山野、十字屋 。

演奏の方は、何やろうかな~と言いながら、まずはイベントのキャッチコピーの
"Be Happy with Music" をテーマにジャム。途中、Free Spirits を Charizma に
持ちかえて、BBA の "Black Cat Moan"(黒猫の叫び)を挿入。
最後は観客も入れて、 Be Happy with Music の大合唱になりました。

それから客席からお題を貰って即興でジャムセッション風に。
お題「銀座」は分数コード A/B , G/A , B/E を使ったオシャレな音。
次の「Sky Tree Blues」ではいい感じの熱いソロもあれば、ボトルネックで
ピックアップの上までスライドさせて、まるで Jeff Beck!(笑)

懐が深いと言うか、引き出しが多いと言うか、これはなかなか観ることは
できないですよ。イイもん観たなあ。イイもん聴いたなあ。
もうこれだけで満足モノです。

こにあとのお題「Fender」で、フェンダーと言えばヘンドリックス。
以下、ベンチャーズ、ビートルズと続き、Smokyで〆 。

「タダのライブに来てくれて、皆んなありがとう~!」

アンコールなんかするなよ、と言うメッセージかな~とも思いました。
実際、アンコールの拍手は2~3分 続いたのではないかと思います。
ついに再登場してくれて、Apple Juice で本当の締めとなりました。

使用ギターは、
Free Spirits, Charizma のあと、パンダ・ストラト、
さらに撫子色の Pinkloud が初登場 ! して、山野楽器 = フェンダー らしい
イベントでした。

120_char


少し余談と言うか、勝手な推測なんですが、
この日のCharさんは、やっぱり調子悪かったんじゃないか…
または集中力を持続するのが難しかったのでは… と思ったんですよね。
珍しくミストーンやキメられない場面が多かったような気がしました。
冒頭の「リハと思って聴いて下さい」は、ジョークでなく
本当にエクスキューズしたのではないのかとか、後になって思いました。
やっぱり本当のリハが出来ないまま今日を迎えたのでは… とか。

それは4日前に亡くなってしまったジョニーさんのことが
やはり影響してるのではないかとか、勝手な推測ですけど。

演奏曲目も、JL&C ~ PINK CLOUD の曲は封印(Apple Juiceを除く)したのは
意味があるのではないか、とか。
曲目については、山野楽器でTRADROCKシリーズのDVD/CDを
キャンペーン販売中という理由に過ぎないかもしれませんけども。

セットリスト

01 Jam "Be Happy with Music (incl. Black Cat Moan)"
02 Jam "銀座"
03 Jam "Sky Tree Blues"
04 Purple Haze (incl. Freeway Jam)
05 Manic Depression
06 Pipeline
07 Walk Don't Run (急がば回れ)
08 Slaughter On 10th Avenue (十番街の殺人)
09 Caravan
10 Ticket To Ride (涙の乗車券)
11 Smoky
(encore)
12 Apple Juice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »