« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月の4件の記事

2012/09/20

2012.09.01 Char at YOKOHAMA SUMMER ROCK FES at 新山下BAY HALL

9月に入って初日が土曜日。
ウチの子供たちは夏休みの続きで、父親としては
朝っぱらからライブに出かけるというのは気が引けるが、
この際これはしょうがないってもんで…

Charさん出るし。子供ばんども観たいし。
根強いファンがいるTENSAWもいい機会だ。
…ということで行ってきましたよ、Club Sensation が
プロデュースする
YOKOHAMA SUMMER ROCK FES.


20120901_yokohama_summar_rock_fes


14:00開演、13:00開場、Club Sensation のWebで
予約をしたので、会場前にチケット受け取ることも
あり、早めに会場に行きました。
13:00前に無事にチケットを手にしましたが、
Charさん、子供ばんど、TENSAWの予定出演時間を
確認して、そこまで体力、いや脚力がもつのか?
と考えるとそれだけで倒れそうになったので、
昼メシがてら一旦会場から離れました。

その頃、横浜方面に雨! やはり雨! 雨男の中の雨男!
Charさんの雨男ぶりにはホントに心から敬服しますね。
良かった、今日もCharさんは元気だ!(笑)

途中は割愛するけど、つい新横浜まで行ってしまって
矢沢えいきち氏の集会に参加される、元ヤンチャな
お兄様・お姉様方をたくさんお見かけしましたよ。


*
さて4時間後に会場に戻り入場。
そこらじゅうに座り込んでるお客さんたち。
そりゃそうでしょうね。再入場可にして欲しいよね。
と言っても周りに何も無いですけどね。

僕らが入場した時は SKA-9 という名前の通りの
スカのバンドがはじまっところでしたが、
客席がかなりの熱気でノリノリのいい感じ。
その間に自分にとってのベストなポジを捜して、
落ち着きました。

そしてTENSAW。
はあ、TENSAWってこんなのだったの?
僕は爆音の中で立ったまま寝てしまいましたよ。
音やスタイルの好みは人それぞれだからね、
僕は好みではないなとだけ言ってオシマイにします。
でも人気あったよ、ウン(苦笑)

あ、ちなみにポスターにあるように、当初の
発表時は TENSAW + 金子マリ でしたが、これは
主催者側のフライングだったようで、マリさんの
承諾なしの(と言うより打診なし?)発表だったそう。
当然、マリさんは怒ったらしく、出演なし、
しかも同日、東京でライブやってたらしいです・・・
なにやってんだよ、Club Sensation、っていうか
おまえたち! もっとちゃんとしろよ。(怒)


**

SEに「狂気」が流れる中にセットチェンジ。
曲が「RELAX」に変わって、子供ばんどが登場!
実は初のナマ子供ばんどでしたが、これはいい。
ロックンローラー! エンターティナー!
気持ちイイ~。

ふと斜め前方に目をやると、小学4, 5年生ぐらいと
思われる女の子がノリノリで楽しんでいました。
将来有望だ~!(笑)

いや~、うじきさん、温め過ぎだってば。
トリのCharさんをくっちゃうつもりだね。
いるいる、プロレスにも、そういうレスラー(笑)

僕もひとつ前のバンドのことは忘れて、
子供ばんどに熱くしてもらいましたよ、ウン。
セットについては尊敬するこの方のブログで
確認されたし。

子供ばんど at YOKOHAMA Bay Hall
【YOKOHAMA SUMMER ROCK FES. Revolution Rocks 2012】
2012年9月1日


もれなく愛と魂を感じることができますよ。


***

SEにエアロスミスの Sweet Emotion が流れる中、
さあ、いよいよだ~。ついにCharさん登場~!
ドラムはいつもの古田たかし氏で、
ベースはなんとナルチョ!

Charさん自身も言っていたけど、急造バンド、
ちょっとミスしたりもしましたが、貫録いっぱい。
メロウにジミヘンの Angel で始まり、
最近定番アレンジでクリームの Crossroads 、
そしてレゲエ・アレンジで第二期ジェフ・ベック・
グループの Tonight I'll Be Staying Here With You 。
これはナルチョがメンバーにいるからこその選曲。
意外にレゲエのリズムが合うのは嬉しい誤算でした。

イエィ イエィ イエィ… とコール&レスポンスして、
「お前ら、やるじゃねえか」とChar さんも楽しそうだ。

ジャック・ブルースとの共演以来、
アコースティックのライブでも好んでセットに入れて
いたクリームの I'm So Glad 。
これは Charさんのカッコ良さがさらに映えるなあ。

ちょっとジャムってから、ジミヘンの Purple Haze、
ジェフ・ベックの Freeway Jam のお決まりの
フレーズを挟んで、BBAの Superstition (迷信)~
Black Cat Moan (黒猫の叫び)。

この辺りからナルチョの凄みがでてきましたよ。
ファズ・ベース、音が切れない、音にスキマが無い、
ランニング・ベース、ニコニコ笑ったまま、すげえ!
ろくすっぽベース弾かず飲んだくれてた男のことは
スッカリ忘れてしまいましたよ(爆)

そして、これも最近のアコースティック・ライブで
連発していた、ストーンズの Parachute Womanを
日本語詞で。なんだろう、この渋すぎる選曲は…

本編の最後はクリームの Sunshine Of Your Love を
長尺で。ここでのソロ回しはスゴイの一言。
もう好き放題に演ってるって感じでしたね。
それにしても、Charさんとナルチョにムチャさせて
あげられる古田たかし氏、素晴らしいテクですね!
ピース、ピースのポーズさえ無ければなあ~(笑)

あっという間に終わっちゃいました。
アンコールには応えてくれるのか?
それまでどの出演者もアンコールは無かったから、
多くの客はセッション大会を期待してたでしょう。

結果として、Charさんが単独でアンコールに応えて
くれました。

Char「最近は友達が減っていくいっぽうでして…」
女性客「友達いないじゃん!」
Char「まあ、それはそうなんだけどさ…」

(注: 9/20, Twitter で教えて頂き修正しました)

というやり取りの後、

「ジョニー吉長に捧げます」

と言って、Only For Love …

胸がキューンっとなって、じ~んと来ました。
そこにジョニーさんがいるようで、
ジョニーさんの声が聴こえるようで、涙が出ました。
この1曲のためにここに来て良かったと思いました。

あとで判ったのですが、8月に行なわれた 2回の
アコースティック・ライブでも演ってたんですね。
Charさんの気持ち、感じました。

セットリスト
YOKOHAMA SUMMER ROCK FES. Revolution Rocks 2012
at 新山下 BAY HALL

01. Angel
02. Crossroads
03. Tonight I'll Be Staying Here With You
04. I'm So Glad
05. Jam ~ Purple Haze ~ Superstition ~ Freeway Jam
~ Black Cat Moan
06. Parachute Woman
07. Sunshine Of Your Love
(encore)
08. Only For Love

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/19

2012.08 Char アコースティック 2連発+スペシャルセッション

もう1ヶ月近く前になるけれど、8月下旬に
Charさんのライブが 1週間のあいだに 3本行われました。
僕は 3本とも行けませんでしたが…

*
まず 8月25日、Slow Music Slow in 池上本門寺 の 2日め。
昨年は前売りチケットを買っていたものの、
家族旅行の都合により行けなくなったヤツ。
今年は偶然、11月の大井町きゅりあんのチケットの
前売り初日で早起きして並んだ後で当日券で参加する元気は
ありませんでした。
もっとも当日券の発売は無かったそうですけど。

ライブ・レポートが主催者のページに掲載されています。
http://lultimo.jp/smsl/smp/livereport/825_7.php

ここではセットリストだけ掲載します。
アコースティック・ライブです。
Char II Have A Wine から「秋風」を演ってます。

1348027346692.jpg

2012.08.25 Slow Music Slow in 池上本門寺
セットリスト
01. Hold On I'm Coming
02. I'm So Giad
03. Parachute Woman
04. Zig Zag Zone
05. Only For Love
06. Rippa na Slippa
07. 秋風
08. 空模様のかげんが悪くなる前に
(encore)
09. Smoky

**
翌 8月26日は名古屋のクラブ・ダイヤモンド・ホールで、
元・憂歌団の木村充揮さんとジョイント・ライブ。
てっきり TRADROCK 2012 ツアーのひとつだと
思い込んでいたら、全くの勘違いでした。
ライブ鑑賞した愛知県在住の友人によると、
木村さんの独特の間合いで完全な木村ワールドと
化していたもようです。
二部構成だったようで、第一部の木村さんのステージで
台風で沖縄に行けなくなった元・憂歌団の盟友の
内田勘太郎さんが飛び入りゲストで登場したそうですね。

第二部がCharさんのソロ。
ソロと言っても古田&澤田コンビを従えた
アコースティック・ライブだったそうです。

アンコールでは木村さんのボーカルを中心に
全員でセッション、弦が切れてその場で弦を張りながら
数曲演奏したそうです。
セットリストは第二部本編のみを。

1348027361879.jpg

2012.08.26 Char/木村充揮 LIVE
CLUB Diamond Hall 20th Anniversary presents
Vol.5~Acoustic Live One-to-one and More~

セットリスト
01. Hold On, I'm Coming
02. I'm So Glad
03. Parachute Woman
04. Zig Zag Zone
05. Only For Love
06. Rippa na Slippa
07. Get High
08. 空模様のかげんが悪くなる前に
09. Thrill
10. Smoky

**
29日は大阪城ホールで、有名DJのマーキーさんの
還暦祝いパーティのコンサート、MARK'E ROLLING 60 。

Charさんは、なんとSuperfly 志穂ちゃんと共演。
ツインドラムで1人はあっくん こと 金子ノブアキ、
ベースは TOKIE さん! これは観たかったな~

FM802で生放送してたそうで、各曲の演奏時間と
演奏者名を含む詳細なセットリストが出ていました。
ここでは Char さん出演分のみを。

1348027366478.jpg

2012.08.29 MARK'E ROLLING 60 at 大阪城ホール

21:41
STEPPING OUT ? ~ JAMPIN'JACK FLASH
by Superfly+Char+TOKIE+奥野真哉+クハラカズユキ
+金子ノブアキ

21:53
GIMME SHELTER
by Char+Superfly+TOKIE+奥野真哉+クハラカズユキ
+金子ノブアキ

ものすごくアクティブな Char さんのライブ活動は、
この週の土曜日の YOKOHAMA SUMMER ROCK FES.
に続くのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/18

山下達郎 シアター・ライブ PERFORMANCE 1984-2012


Performance_19842012_poster


山下達郎の 1984年から2,012年の 19年に及ぶコンサートから、
ご本人が撮りためていた映像をよりすぐり、ご本人の手でリマスタリングされて、
映画館で上映するシアター・ライブの形で公開されました。

僕は8月28日と29日、両日とも新宿バトル9 の 17:50の回に観に行きました。

当初、8月25日から1週間だけの上映の予定でしたが、
首都圏では渋谷で9月15日から追加上映となり、この記事を書いている時点では
まだあと4日を残しています。

そのためネタバレをしてはいけないだろうと思いブログにも書いてませんでしたが、
曲目リストも公式サイトに掲載されていて、まあそろそろ書いても良いのかなと・・・

曲目リストに関しては、2回めに観た時に、暗がりの中で各曲の演奏日と会場を
メモしてきたのですが、公式サイトにはそれも書かれているので、暗がりでの
努力は無駄になりました(笑)

僕は山下達郎さんの楽曲を継続してじっくり聴いてきたわけではなく、
ただリアルタイムに知っているというだけで、コンサートに行くようになったのも
この数年のことです。
だから、ずっとヤマタツを聴いてきたちゃんとしたファンからすれば「にわか」で、
昔のコンサートの映像にグッとくることもないわけですが、それでもとても
楽しめたし凄いと感じました。

シアター・ライブのセットリストは、そのまま本物のライブ・コンサートにしても
良いぐらい練られたものだと思います。
80年台~90年台の映像は、解像度も低く アスペクト比も 4:3 で、多少厳しい感も
ありましたが、いやいや映画館のスクリーンで観ても何ら問題のない品質です。

2000年台になると技術・機材の進歩が感じられます。
映像も音もすごい迫力で押し寄せてきます。

僕にとっては、昔の映像で青山純氏のドラミングを観て聴けたことは
良かったですね。

聴けて嬉しかったのは、「SO MUCH IN LOVE」, 「煙が目にしみる」。
心にしみました。

「ずっと一緒さ」以降はコーラスの国分友里恵さんを追っかけてました(爆)

「DOWN TOWN」のゲスト・コーラス、身長高いです(笑)

2012年4月30日の大宮ソニックシティからは 3曲。
あ~、あのへんに僕もいるんだけどな~、客席の暗がりを凝視(苦笑)

ラストは2010年のRising Sun Rock Festival 2010 in EZO より、
「さよなら夏の日」

夏フェスでこれを聴いたら泣くでしょ。
8月下旬から9月にかけて上映するシアター・ライブのラストとしても
ピッタリな選曲だと思いました。
そしてこの曲では、それまでと違って客席のショットを意識して使ってます。
これについては、それまでの客席からライブ体験している感覚から、
一気に記録映像を観ているんだという感覚に戻された、という指摘が
どこかでありました。
そうかもしれませんね。 でも、この映像は、「さよなら夏の日」は、
特別だと思って観るほうが良いと思いますね。
本編とは切り離したボーナス・トラックというか。
いずれにしても EZOの映像を観ることができたのは良かったです。

僕の周囲では、最前列で緑のタオルで涙を拭いながら聴いてるあの娘で
感動した人(おじさん)がイッパイでした (笑)

エンド・ロール時は「Your Eyes」、これも実際のコンサート通り。
映像は終演後、客が席をたって退場していく会場の様子をステージから
映していました。 「本日のコンサートはすべて終了しました・・・」という
会場アナウンス付きで。

これについても違和感を持った人もいるようです。
コンサートを見に来ている、という客側の視点からすると、
終宴したステージ上を映し続けていても良かったかもしれませんけどね。

曲目リスト

Opening - Ray Of Hope

01)SPARKLE
1986.7.31@中野サンプラザホール(PERFORMANCE '86)

02)LOVELAND, ISLAND
1986.10.9@郡山市民文化センター(PERFORMANCE '86)

03)メリー・ゴー・ラウンド
1985.2.24@神奈川県民ホール(PERFORMANCE '84-'85)

04)SO MUCH IN LOVE
1986.10.9@郡山市民文化センター(PERFORMANCE '86)

05)プラスティック・ラブ
1986.7.31@中野サンプラザホール(PERFORMANCE '86)

06)こぬか雨
1994.5.2@中野サンプラザホール(Sings SUGAR BABE)

07)煙が目にしみる(SMOKE GETS IN YOUR EYES)
1999.2.4@東京・NHKホール(PERFORMANCE '98-'99)

08)ずっと一緒さ
2008.12.28@大阪フェスティバルホール(PERFORMANCE 2008-2009)

09)DOWN TOWN
2008.12.28@大阪フェスティバルホール(PERFORMANCE 2008-2009)

10)希望という名の光
2012.4.1@神奈川県民ホール(PERFORMANCE 2011-2012)

11)今日はなんだか
2010.10.27@神奈川県民ホール(PERFORMANCE 2010)

12)アトムの子
2012.4.30@大宮ソニックシティ(PERFORMANCE 2011-2012)

13)RIDE ON TIME
2012.4.30@大宮ソニックシティ(PERFORMANCE 2011-2012)

14)恋のブギ・ウギ・トレイン
2012.4.30@大宮ソニックシティ(PERFORMANCE 2011-2012)

15)さよなら夏の日
2010.8.14@石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージ
(RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO)

End Roll - Your Eyes

【上映時間/約92分】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/08

2012.09.07 TULIP "THE LIVE" 40th memorial tour (at 川口総合文化センター・リリア)

チューリップの 40週年記念ツアーの初日公演、
川口リリアの2階席で鑑賞してきました。

前回の 2007年~2008年のツアーはライブで
鑑賞できなかった(と言うよりライブの鑑賞を数年
していなかった期間だった)ので、自分にとっては
11年ぶりのチューリップのコンサートでした。

ステージのセッティングはシンプルそのもの。
左から安部さんのギター、姫野さんのキーボード、
上田さんのドラムス、財津さんのキーボード、
一番右が宮城さんのベース。

これは前回の35周年のときと同じだけど、
昔の現役時代とは左右が逆で若干の違和感は
否めませんでした。

初日ということもありメンバーの緊張が伝わって
くるようでした。PA、照明もミスがありました。
MCは安部さんに委ねられている感じで、
財津さんは意識してMC少なめにしたようです。

久しぶりの生チューリップ、選曲もヒネリがあって
楽しめました。

セットリスト
第1部
01. 夏色のおもいで
02. 明日の風
03. 悲しきレイントレイン
(MC 安部)
04. おいらの旅
05. 置いてきた日々
06. セプテンバー
07. エジプトの風
08. 思い出のフリスビー

アコースティック・コーナー
(MC 安部) 
09. 思えば遠くへきたものだ
(MC 姫野)
10. 博多っ子純情
(MC 財津)
11. 僕のお嫁さん

12 .Mr.プレスマン
13 .ここはどこ

(15分休憩)

第2部
01. The Halo
02. ブルー・スカイ
03. 心を開いて
(MC 安部)
04. 風のメロディ
05. なくした言葉
06. ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)
07. 青春の影
(MC 財津)
08. 虹とスニーカーの頃
09. Someday Somewhere
10. Shooting Star
11. 心の旅

(encore)
12. 銀の指輪
13. 私のアイドル
14. 夢中さ君に

(encore 2)
15. 魔法の黄色い靴

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »