« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の6件の記事

2012/12/27

2012.12.19 トミー・スナイダー & フレンズ "還暦" スペシャル・ライヴ・セット at Motion Blue Yokohama

20121219_tommy_snyder_at_motion_blu


2012.12.19 は Charさんのライブとスケジュールが被ってしまった
このライブにも行きたかった。

お友達が観に行っていたのだが、とても良いライブだったようだ。
なんと言ってもメンバーが凄いんだ。

Tommy Snyder(ds,vo)、ミッキー吉野(key,vo)、
小沼ようすけ(g)、鳴瀬喜博(b)、Shanti(vo,g)
スペシャル・ゲスト:浅野孝已(g)、竹越かずゆき(key,vo)

そして当初は告知されていなかったタケカワユキヒデ氏も
駆けつけて、モンキーマジック 2006バージョンを歌ったそうだ。

トミーお父さんとシャンティ娘のかけあい漫才、
聞きたかったなあ(笑)

1st show
01  She
02  Just a Little Bit
03  Boston After Dark
04  Aint No Sunshine When Shes Gone
05  The Latter
06  You And I
07  Star Of A Million Eyes
08  [unkonwn title, Jazz blues instrumental] 



2nd show
01  There Comes A Time
02  Spooky
03  What Kind
04  In The City
05  Speak To Me
06  Monkey Magic 2006
(encore)
07  Lately
08 Take It Easy 


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/26

2012.12.20 THE SOLAR BUDOKAN

20121220_the_soloar_budokan_banner5



佐藤タイジが、あの 2011.3.11のあとに考えぬいて出した結論、
それが太陽光の発電だけでコンサートをやってみせるというもの。
しかも日本武道館。 1年半がかりで現実になった、それが
THE SOLAR BUDOKAN だ。

仕事をなんとか終わらせたのが 17:50、最短ルートで日本武道館
に到着したのが 18:15、外の物販テントで記念にT シャツと
企画盤CDを購入し、入場してトイレに寄って、アリーナの座席に
座ったのが 18:25。 こんなにギリギリなのは久しぶりだったな ^^;;

あとで知ったんだけど、オープニング・アクトがあったそう。
タイジのプロジェクトインディーズ電力」と「The Sunpaulo」
だったそうだ。OAがあるなんて聞いてないよ〜。
知らんがな~(笑)

インディーズ電力はこの日に合わせてリリースされた企画盤CDに
こんな感じに入ってる。

A100solar_j

『佐藤タイジ presents A 100% SOLARS』
1. 佐藤タイジ×Salyu “together tonight”
2. 佐藤タイジ fea'Char “朝を迎えて 911to311”
3. インディーズ電力 “MY ATOM LOVE
4. インディーズ電力 “レッツゴ―電力”
5. インディーズ電力 “オリジナル電力”



18:30 開演。まずはステージのスクリーンに映像が映し出される。
「2011年6月9日  全てはこの日から始まった・・・」

そして、THEATRE BROOK が登場して本編のオープニング。
やばいやばい、武道館、最初から飛ばしてる。
観客の年齢層が 20代から30代・・・ ヤバイヤバイ(苦笑)

このあとの内容はセットリストに託すけど、
知らない人、名前は知ってるけど楽曲を聴いたことない人が
ほとんどだったんだけど楽しめた。良いなあと思った曲が
たくさんあった。

Charさんはアコギ。なんと屋敷豪太氏がカホンで共演。
「二十歳のころ、だから今から5年ぐらい前かな(笑)
 そのころ作った曲・・・」ということで
1曲目 Shinin' You Shinin' Day、そして 2曲目に Smoky。
Shinin' はかなりの高速バージョン。

Smoky はいろいろなモノの言い換えとしているんだ。
このイベントのために撮影されたタイジとCharさんの
ショート対談はこれ。

佐藤タイジってエエ奴なんやな~。
シアターブルック、エエ音出しとったな~。
吉川晃司も初生体験で良かった。控えめで渋カッコいいぞ。
フミヤの Another Orion の響き方は凄かった。

そして最後のゲスト、最年長だけど若々しい チャボ。
主宰の佐藤タイジの思いをチャボが代読してメッセージにした時、
感動して泣きそうになった。いや、確かに泣いた。

オープニングアクト
インディーズ電力メドレー (インディーズ電力)
Close To You (The Sanpaulo)

本編セットリスト
~opening VTR
01. まばたき(THEATRE BROOK)
02. Tone(Leyona + THEATRE BROOK)
03. Fever(和田唱 from TRICERATOPS + THEATRE BROOK)
04. Lady Madonna~Rockin' In A Freeworld
(KUMI/NAOKI~LOVE PSYCHEDELICO + THEATRE BROOK)
05. 愛と死のミュゼット(加藤登紀子 + THEATRE BROOK)

06. together tonight(Salyu + A 100% SOLARS)
07. 新しいYes(Salyu + A 100% SOLARS)

08. 光について(田中和将 from GRAPEVINE + TAIJI at THE BONNET)
09. R'N'R JEDI(田中和将 / 増子直純 form 怒髪天 + TAIJI at THE BONNET)
10. オトナノススメ(増子直純 + TAIJI at THE BONNET)

11. 幸せであるように(浜崎貴司 from FLYING KIDS)
12. サンシャイン(土屋公平 / TAIJI +屋敷豪太)
13. Shinin' You Shinin' Day~Smoky(Char / TAIJI +屋敷豪太)

14. 1990(吉川晃司 + THEATRE BROOK)
15. BOY'S LIFE(吉川晃司 + THEATRE BROOK)
16. ルート2(奥田民生 + THEATRE BROOK)
17. マシマロ(奥田民生 + THEATRE BROOK)
18. 嵐の海(藤井フミヤ / 奥田民生 / 佐藤タイジ + THEATRE BROOK)
19. Another Orion(藤井フミヤ + THEATRE BROOK)
20. 歩いて帰ろう(斉藤和義 + THEATRE BROOK)
21. やさしくなりたい(斉藤和義 + THEATRE BROOK)
22. ガルシアの風(仲井戸麗市 + THEATRE BROOK)

23. 昨日よりちょっと(THEATRE BROOK)
24. ありったけの愛(ALL MEMBERS)

続きを読む "2012.12.20 THE SOLAR BUDOKAN"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.19 "TRADROCK by Char" Char 2012 Tour at 恵比寿GARDEN HALL

Img_0444

ついに 2012ツアーの最終日を迎えました。

場所は恵比寿ガーデンホール、2009年の12月に
BAHOで演奏して以来でしょうか。
あのときは BAHOが第一部、泉谷しげるが第二部
だったな~。写真撮り放題だった(笑)

18:30開場で 19:30開演という大人のスケジュール。
チケットとは別に、1ドリング 500円を支払う・・・
でっかいライブハウスって感じだ。
入場後、まずはエビス・ビール、そのあとカベルネ
ソーヴェニオンのグラスワインも頂きました。

座席は、これまたなんとなんとの、前から 4列めで
ステージに向かってド真ん中でした。


さて、今年は「波」をたくさん演奏していますが、
今日は作詞をした故・天野滋さんの名を出して曲紹介。
それがあったからか、これまでの「波」と全く違う波動を
感じました。心が揺さぶられる思いでした。

全体的にすごくリラックスしてご機嫌ながらも、
気合いの入ったプレイで素晴らしかったです。
Smokyに入る前に、ローディーさんにPinkloudの
チューニングを指示したので、これで終わりじゃないぞ、
と思っていたら、Smokyのベースソロ~ドラムソロの
途中でFree Spiritsから Pinkloudにまさかの持ち替え!
「もはやこれまでか」と思ったら、
2回めのアンコールに応えてくださいました。

今回のツアーの他の場所で既出だったのか、
今回初出だったのか不明ですが、Jeff's Boogieでは
Lazyのフレーズが投入されましたよ(笑)

* これは mixi のフォーラムのなかで、2月の「紫」の
 ゲスト出演の伏線だという説が流れてました。
  なるほど~(笑)

恵比寿ガーデンプレースはクリスマス気分でいっぱい
でした。暖かいところでゆっくり腰掛けて美味しいもの
食べて飲んできたかったな〜(笑)

しかし! 2013年4月の日比谷野音の公演が発表になり
それどころではなくなったのでサッサと帰宅しました。

Img_0443


2012.12.19 TRADROCK by Char at 恵比寿 Garden Hall

01. Zig Zag Zone
02. All Around Me
03. Voices
04. 表参道
05. 第三の男
06. 桃太郎
07. Future Child
08. Jeff's Boogie
   (including Stepping Out, Lazy, Smoke On The Water,
    第三の男, Whole Lotta Love, Stairway To Heaven,
    闘牛士, etc.)

09. Get High
10. Rippa na Slippa

(休憩)

11. Amano-Jack
12. Manic Depression
13. Slaughter On 10th Avenue
14. Pipeline
15. Caravan
16. Sunshine Of Your Love
17. Help
18. 波
19. Cry Like A Baby
20. Pink Cloud
21. Drive Me Nuts
22. Natural Vibration

(encore)
23. Why Aren't You Ready?
24. Smoky

(encore 2)
25. ABス session
26. Apple Juice (Ebisu Beer ver.)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.17 SHANTI クリスマス・ライブ at Blues Alley Japan

Shanti_20121217_baj

Shanti の東京での今年最後のバンド・ライブは、
9月、10月につづき Blues Alley Japan で行われました。

12月17日ということで少し早いクリスマス・ライブで
シャンパン1杯付きでお得な感じ。
今回の BAJも最前のド真ん中という、嬉しいやら、
照れくさいやら、緊張するやら、の席を頂きました。

Shanti_20121217_baj_stage


ステージ上は全体的にはいつもと同じで、左から
Key, G, Ba, Vo (& G), Dr, G という配置。
ただドラムがド真ん中ではなくて少し右寄りにセット。

Shantiは黒を基調にした衣装に赤い手袋で登場。
クリスマスを意識して、しっとりした曲調のセットリストに
なりました。

いつものように素晴らしい演奏、素晴らしいバランス、
素晴らしい歌でした。
目の前でブレスも聞き取れるような状況で、
あっという間に時が過ぎて行きました。

途中、MCで日本版 Rolling Stones 誌 2013年1月号を
手にして、
「Luna Sea の宣伝をしたいわけじゃないんだけどね」

Rolling_stone_201301



と笑いをとりつつ、ハイレゾ音源についての
インタビュー記事を紹介。

そうそう、Shanti はコロンビアからリリースしている
メジャー・デビュー作「Born To Sing」と 2作めの
「Romance With Me」はSACDもだしているのだけど、
加えてコロンビアから既発の4作とも、24bit 96KHz の
ハイレゾ音源もネット販売しています。
4作中、DRMフリーなのは「Born To Sing」だけなのが
残念ですが、最近ハイレゾ対応プレイヤーを購入した
こともあり、さっそくダウンロード購入いたしました。

http://music.e-onkyo.com/goods/detail.asp?artist=SHANTI&goods_id=cokm309183

年明けには中目黒の楽屋でアコースティック・トリオの
ライブがあるとのことで、こちらもさっそく予約を。

さらに後日わかったのが 2月の馬車道 KAMOME、
そしてその後に続く Blues Alley Japanでは
サックス奏者の海野あゆみちゃんと共演するそうです。
楽しみ~!


2012.12.17 Blues Alley Japan

1st show
01. The Christmas Song
02. Who Are You
03. Fly Me To The Moon
04. Santa Baby
05. Closing Time
06. Candy
07. Chain Reaction
08. Weary

2nd show
01. YUYAKE
02. Memorize
03. Winter Wonderland
04. What You Doing New Years Eve
05. Standing On The Outside Of Love
06. Saving All My Love For You
07. Killing Me Softly With His Song
08. Love Matters

(encore)
09. Romance With Me

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/10

2012.12.09 TRADROCK by Char at 江戸川区総合文化センター

12.01 立川と 12.19恵比寿にいくので、江戸川はパスした。
しかし、White Room と Ticket To Ride のために
行っておけば良かったかなあとも思った。後の祭りだけどね。

2012.12.09  TRADROCK by Char at 江戸川区総合文化センター

01. Shinin' You Shinin' Day
02. 空模様のかげんが悪くなる前に
03. 気絶するほど悩ましい
04. Restaurant
05. All Around Me
06. Future Child
07. 愛のメモリー incl. あずさ2
08. Jeff's Boogie
09. Rippa Na Slippa
10. Get High
11. Zig Zag Zone

(休憩)

12. Pipeline
13. Walk Don't Run
14. 十番街の殺人
15. Caravan
16. White Room
17. Ticket To Ride
18. I'm Here For You
19. Cry Like A Baby
20. Why Aren't You Ready?
21. Pink Cloud
22. Head Song
23. Drive Me Nuts

(encore)
24. Purple Haze
25. からまわり
26. Smoky

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/02

2012.12.01 TRADROCK by Char 2012 at アミューたちかわ

Char さんの 2012ツアーもいよいよ残すところ数回、

僕にとってはこの立川と最終の恵比寿となりました。

アミューたちかわ?

立川市民会館のことですか。

「新装開店したのかと思ったら古いまんま(笑)

 なんかパチンコ屋さんの名前みたいな

  Char さん談)」

僕はこの会場は 3回めになります。

1度めはJohnny, Louis & Char で、たぶん82 1月、

Pink Cloud改名直前の JL&Cラスト・ライブ。

2度めは 2001年のチューリップ、再々結成の時。

どちらも寒かった~という記憶がありますが、

今回もそこそこ寒かったですね。

コンサートは1110日の大井町キュリアン同様、

アコースティックのセットから、いきなりの

リッパナスリッパでスタート。

新しく建て替えた際は控室のスリッパも

立派なスリッパにしてくださいという

Charさんらしい皮肉ったMCもありました(笑)

珍しいところではアコギによる京都慕情、

そしてメドレーで Angel という流れですかね。

Jeff's Boogie では、ロックの代表曲のリフを

いくつか挿入する最近のパターンは同様です。

挿入されたのは、

    Stepping Out, Immigrant Song,

    Smoke On The Water, Stairway To Heaven,

    A Whole Lotta Love など。


ちょっと変わった点は、終盤にジャンベのソロと

ベースのソロを入れる構成になっていたことかな。

60分のアコースティック・セットのあと休憩。

これも きゅりあん の時と同じ。

なんだか妙な間なんですよね~。

せめてSEというかBGM流して欲しいな~。

後ろでおばはん達がアメちゃん勧め合っしたり、

べちゃべちゃ喋くってて興ざめなんすけど(-_-)


10分余りの休憩とあと、エレクトリック・セット。

ギターは Charisma、曲は Emジャ~ンの

Pipeline

最前席の客にジャラ~ンを演らせるのも

もはやお約束になってきたか

しかし毎回リズム合わないもんですわね。

俺だったら、って思ってる人、

たくさんいるでしょ?ほら貴方も?(笑)

僕もそう思ったけど、実際あの立場になったら

頭んなか真っ白になってしまって、同じように

リズムオンチを演っちゃうかもしれません σ^_^;

このあと続けて Walk Don't Run、十番街の殺人、

Caravan と、ベンチャーズ4連発。

十番街で単なるミストーンとは思えないような

音程狂いがありました。あれは何だろう。

遠くからでは何が起きたのか確認できず。

CaravanのあとギターをSGに持ち替えて

演歌調♪交差点~と遊んだあとCrossroads

ギターを戻して演歌調♪涙の乗車券~と遊んだあと

ヴァニラ・ファッジ版で Ticket To Ride

そしてジミヘンを真似てみせながら Wild Thing …

他人のカバーはそこまで。

Ticket To Ride は久しぶりだったので個人的に

嬉しかったですね。

このあとは Pink Cloud のカバー、

ギターは Pinkloud

しっとりめに 2曲演奏したあと、

「そろそろ座ってるのも疲れたでしょう?」

Charさんが言って

Why Aren't You Ready 場内総立ちになりました。


本編最後は Drive Me Nuts

このギタープレイは進化してますよね。

昔の手癖で弾いてるんじゃなくて、

新しいこと演ってますよね。

ギター弾きの方、ぜひコメントをお願いします。

4分近くの長いアンコールの拍手に迎えられ、

赤系のシャツを白いシャツに着替えて

Charさんが再登場。

ギターは Free Spirits

からまわり風のリフから Purple Haze

そしてメドレーで、今回は Superstition

さらに Going Downへと続き、お約束の通り

からまわり へ。

最後は間髪いれずに Smoky

ベース・ソロとドラム・ソロをフィーチャー。

これも最近のパターンですが、

口うるさいファンへのCharさんからの

レスポンスかなと勝手に想像してます。

でもね~

上手いということと、スゴイって思うこととは

別モノだと思うんですけどね


今回はステージから遠めの左手の壁際という

あまり恵まれない環境でしたが、

なかなか良い音を聴くことが出来ました。

Charさんのプレイの進化を感じたのが

一番良かったですね。生意気ですけど(笑)

セットリストというか曲目については

もう食傷気味になってしまっているのは

この2年ぐらいで何度も同じカバーを

聴いている自分の問題なんだろうと思います。

今年の最終の恵比寿を飛び越えて、

2013年の新しい Charさんに期待したいです。

そういえば

今回、写真をなにも撮ってきませんでした(苦笑

2012.12.01 TRADROCK by Char 2012

at アミュたちかわ

Setlist:

Rippa Na Slippa

気絶するほど悩ましい

All Around Me

京都慕情 Angel

Future Child

Restaurant

Jeff's Boogie

Get High

Zig Zag Zone

(休憩)

Pipeline

Walk Don't Run

十番街の殺人

Caravan

Crossroads

Ticket To Ride

Wild Thing

I'm Here For You

Cry Like A Baby

Why Aren't You Ready?

Pink Cloud

Drive Me Nuts

(encore)

Purple Haze

~ Freeway Jam

~ Superstition

~ Going Down

~ Purple Haze

からまわり

Smoky

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »