« 2013年4月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年5月の1件の記事

2013/05/03

2013.04.29 TULIP "THE LIVE" 40th memorial tour (at 東京国際フォーラム) *注意: ネタバレあり


*注意: ネタバレありです。

チューリップ 40周年記念ツアーの後半戦が4月からスタート。
前半戦は、初日の川口以降、府中、東京国際フォーラム、
神奈川県民ホールの4公演のチケットを確保したけれど、
府中は海外出張のため、神奈川は Char大井町と被ったため、
音楽好きの仲間に譲ったので、約半年余りぶりのチューリップの
ライブとなりました。

今回も東京国際フォーラム、満員でした。
自分の席はまたまた2階で、前回よりも後方。
こんどこそ音響的には辛いだろうなあ、音圧も感じないだろうと
思い、前回にも増してじっくりと鑑賞するつもろで開演を待ちました。

ところが嬉しい誤算でしたね。
音が回ってなくて、楽器の音がもっこり固まりにならず
それぞれが分離してクリア。音量も大きく音圧も感じて迫力が
ある。2階席後方なのにすごく良い音でした。
PAが変わったのかなあ。


* これよりネタバレになりますのでご注意くださいね。

セットリストは、小耳に挟んでいたとおり若干の変更が
ありました。
まず生ギターコーナーの「思えば遠くへきたものだ」が
「逆回転」に変更されました。
安部さんのMCも、デビュー前後の渋谷ジァンジァンの話と
その前の公園通りで楽曲につなげましたね。
安部さんのファンには安部さんのボーカル曲が消えたのは
残念だったろうなと思います。

次に生ギターコーナー後の「Mr.プレスマン」が
「新しい地球をつくれ」に変更。この曲もジァンジァンや
渋谷公会堂の時代を思い出させてくれるかな。

3つめは1回めのアンコールの2曲目が「私のアイドル」から
「あの娘は魔法使い」への変更。
「私のアイドル」は大好きな曲ですが「あの娘は魔法使い」も
良い選曲だと思います。アルバム『MELODY』は地味だけど
秀作です。

今回はさすがにバンドとして締まった感じがして、
ツアー初期の危なっかしさはなかったように思います。
「Shooting Star」の2コーラスめの出だしの歌詞を間違えて
自ら頭をポカっとやった財津さん、どうしちゃったんですか(笑)

コーラスワーク、ハーモニーもゾクゾクしました。
ツアー初期は久しぶりのチューリップのハーモニーを聴いたという感激、
今回は鳥肌が数回たつほどの感動。
特に姫野さんがリードボーカルのときのコーラスワークが素晴らしい。
つまり財津和夫氏の歌唱、発声、ハーモニー、リズム感が抜群だという
ことだと思います。財津さん、よく声が出ていました。
(生意気なことを言って済みません)

ではセットリストです。


第1部
01. 夏色のおもいで
02. 明日の風
03. 悲しきレイントレイン
(MC 安部)
(今日も精一杯努めます!)
04. おいらの旅
05. 置いてきた日々
06. セプテンバー
07. エジプトの風
08. 思い出のフリスビー

生ギターコーナー
(MC 安部)
09. 逆回転
(MC 姫野)
10. 博多っ子純情
(MC 財津)
11. 僕のお嫁さん

12.新しい地球をつくれ!
13.ここはどこ

(約15分間の休憩)

第2部
01. The Halo
02. ブルー・スカイ
03. 心を開いて
(MC 安部)
04. 風のメロディ
05. なくした言葉
06. ぼくがつくった愛のうた(いとしのEmily)
07. 青春の影
(MC 財津)
08. 虹とスニーカーの頃
09. Someday Somewhere
10. Shooting Star
(MC 財津)
11. 心の旅

(encore)
12. 銀の指環
13. あの娘は魔法使い
(MC メンバー紹介)
14. 夢中さ君に

(encore 2)
15. 魔法の黄色い靴


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年10月 »