« [Bootleg] PAUL McCARTNEY - OUT THERE IN TOKYO: FIRST NIGHT(2CD) plus Bonus 2CDR "LAST CONCERT IN JAPAN 2013" | トップページ | 2013.12.27, 28, 29 Char 3 Nights at EX Theater Roppongi »

2013/12/24

[Bootleg] PAUL McCARTNEY - THE LAST NIGHT IN JAPAN

Paul_mccartney_lh_the_last_concert_

PAUL McCARTNEY - THE LAST NIGHT IN JAPAN(無料4CDR)
Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 21st November 2013
TRULY AMAZING/PERFECT SOUND(2 Diff Sources from Original Masters)

(メーカーインフォ)
感動のポールの来日公演から一か月が過ぎたこの時期。新たなる感慨と共に、11月の興奮と感動を、既に懐かしい気持ちで思い出すファンの方も多いのではないでしょうか。今回のポールの6公演は、各公演とも、ライン録音のようなステージ近くでの録音から、熱気に満ちた臨場感いっぱいに、耳に優しいソフトなサウンドで楽しめる後方席録音まで、各種、様々な名音源が出揃っている状況で、ブートレッグファンを大いに賑わせています。そんな中、ポールの日本ツアー最終公演である、11月21日東京ドーム公演から、またしても、優良新音源が登場です!今回のギフト4枚組のディスク1&2に収められたソースがそれで(便宜上「Source #1」とジャケに記載されています。)、録音席は、アリーナブロックB5と言うので、ステージ向かってやや左からの位置になります。勿論、録音者から直に譲り受けたマスターを使用した、完全初登場音源です。聴けば、一発で判りますが、相当、録音慣れした人のテイクであるのは一聴瞭然で、適度な距離感を感じさせながらも、圧倒的な音の完成度を感じさせてくれます。ポジション的にやや遠いので、プレスCDでのリリースはないかなとも思いますが、この位置の録音ならではの音の魅力を存分に感じさせてくれ、またこのポジション付近での録音では間違いなく「ベスト・オブ・ベスト」と思える優良録音です。ソフトチューンからハードなナンバーまで、音像を余裕をもってとらえており、加えて、周囲に煩い歓声を上げる人も殆どいないという、絶品の録音。本当に何度聞いても「素晴らしい」と思えるのは録音された音の完成度ゆえ。ライン録音のようなAブロック最前席のサウンドも最高ですが、ブートファンは、こういった優良録音にも痺れてしまうことは必至でしょう。この安定感は本当に素晴らしいです。コンサートの内容はほぼ語りつくされた感もあり、ここでは述べませんが、毎度、お決まりのポールのMCの中でも、この日のAnother Dayの前の「This is the last night here at Tokyo Dome...」「It's so the last night in Japan」「So we gonna have a party!」というMC、更にはラストの「マタアイマショウ!元気でね。See you next time!」「マタネ!」などは、この日ならではの感動を追体験させてくれます。ポールの新音源?もういいよ!とお思いのそこの貴方、この音源を聴けば、きっと「あーこの録音が聴けて良かった!幸せだー」と思うこと間違いありません。是非ともこの機会にお楽しみ下さい。そしてディスク3&4には、先週、「Out There In Tokyo: First Night」再発盤に特別に付いていた「Last Concert In Japan」音源を「Source #2」という名称で改めて収録しています。こちらも、録音者からマスターを直に提供いただいた正真正銘ファースト・ジェネレーションで、スタンド一階の一塁側2列目で録音したというオリジナル・マスターです。「Source #1」に比べると、流石にやや遠目に聞こえるものの、これもまたなかなか侮れない良質なマスターで、スタンド前方という好ポジションが幸いしてドームの残響・音回りを最小限に止めて悪影響を逃れ、しっかりと原音を捉えた聴きごたえのある音像を実現しています。ポールの調子は日本最終公演ということで、東京初日、2日目よりもむしろ良かったのではないかと思えるもので、最後までしっかり声を出し切っています。客席に旧知の駐日米大使キャロライン・ケネディ氏がいたことも張り切る要因になったかもしれませんが、11年ぶりに大阪、福岡、東京と大都市を回り、楽しい時間を過ごしながら日本のファンからの大声援を一身に浴びてきたことへの感謝の気持ちをこの日に込めたのかもしれません。そう思いたくなるほどの充実のパーフォーマンス。この日のアンコールでは、ポールはジャパンツアーで唯一、「ユニオンジャック」柄にペイントしたヘフナーのバイオリンベースを弾きました。その盛り上がりも是非ご確認いただきたいところです。感動のポール2013年日本ツアー最終日の、大変、良質な記録音源2種は、ポールファンの貴方にとって永遠の宝物になることは間違いありません。ギフトタイトルと言えど、音のイコライズ、ジャケデザインと、ファンの期待を裏切らないように、徹底的に作り上げました。是非ともコレクションに加えて下さいませ。

Live at Tokyo Dome, Tokyo, Japan 21st November 2013

Source #1
Disc 1 (79:19)
1. Intro 2. Eight Days A Week 3. Save Us 4. All My Loving 5. Listen To What The Man Said
6. Let Me Roll It 7. Paperback Writer 8. My Valentine 9. Nineteen Hundred And Eighty-Five
10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face
13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today
18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita

Disc 2 (79:11)
1. Everybody Out There 2. Eleanor Rigby 3. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
4. Something 5. Ob-La-Di, Ob-La-Da 6. Band On The Run 7. Back In The U.S.S.R. 8. Let It Be
9. Live And Let Die 10. Hey Jude 11. Day Tripper 12. Hi, Hi, Hi 13. Get Back 14. Yesterday
15. Helter Skelter 16. Golden Slumbers 17. Carry That Weight 18. The End

Source #2
Disc 3 (79:49)
1. Intro 2. Eight Days A Week 3. Save Us 4. All My Loving 5. Listen To What The Man Said
6. Let Me Roll It 7. Paperback Writer 8. My Valentine 9. Nineteen Hundred And Eighty-Five
10. The Long And Winding Road 11. Maybe I'm Amazed 12. I've Just Seen A Face
13. We Can Work It Out 14. Another Day 15. And I Love Her 16. Blackbird 17. Here Today
18. New 19. Queenie Eye 20. Lady Madonna 21. All Together Now 22. Lovely Rita

Disc 4 (78:52)
1. Everybody Out There 2. Eleanor Rigby 3. Being For The Benefit Of Mr. Kite!
4. Something 5. Ob-La-Di, Ob-La-Da 6. Band On The Run 7. Back In The U.S.S.R. 8. Let It Be
9. Live And Let Die 10. Hey Jude 11. Day Tripper 12. Hi, Hi, Hi 13. Get Back 14. Yesterday
15. Helter Skelter 16. Golden Slumbers 17. Carry That Weight 18. The End

Paul McCartney - Vocals, Bass, Guitar, Piano Rusty Anderson - Guitar, Backing Vocals
Brian Ray - Bass, Guitar, Backing Vocals Paul Wickens - Keyboards, Backing Vocals
Abe Laboriel, Jr. - Drums, Percussion, Backing Vocals

THIS IS THE GIFT ITEM FOR OUR CUSTOMERS THIS WEEKEND ONLY. NOT FOR SALE

|

« [Bootleg] PAUL McCARTNEY - OUT THERE IN TOKYO: FIRST NIGHT(2CD) plus Bonus 2CDR "LAST CONCERT IN JAPAN 2013" | トップページ | 2013.12.27, 28, 29 Char 3 Nights at EX Theater Roppongi »

Bootleg」カテゴリの記事

LIGHTHOUSE」カテゴリの記事

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511320/58848706

この記事へのトラックバック一覧です: [Bootleg] PAUL McCARTNEY - THE LAST NIGHT IN JAPAN:

« [Bootleg] PAUL McCARTNEY - OUT THERE IN TOKYO: FIRST NIGHT(2CD) plus Bonus 2CDR "LAST CONCERT IN JAPAN 2013" | トップページ | 2013.12.27, 28, 29 Char 3 Nights at EX Theater Roppongi »