« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月の5件の記事

2014/02/27

2014.02.20 Jeff Beckに関する Rolling Stone 掲載記事

久々に、大先生に関するわくわくする記事が掲載されていました。
かなり気分が上がってきたので日本語に訳しました。


記事原題 "Jeff Beck Readying 'Very Important Album'”

By Patrick Doyle
February 20, 2014 10:30 AM ET

http://www.rollingstone.com/music/news/jeff-beck-readying-very-important-album-20140220


ジェフ·ベック、 「とても重要なアルバム」を準備中

ブライアン·ウィルソンのコラボレーションの状況と、ジミー·ペイジとの仕事の可能性について語る


昨年のローリング·ストーンとのインタビューで、ジェフ·ベックは「全く新しいサウンドを発見しない限り、新しいアルバムのリリースには消極的だ」と述べた。今、まだ詳細を明らかにする段階ではないとしながらも、「思いついたんだよ」と笑いながら述べている。 「サプライズはあとに取っておきたいと思うんだ。でも、なんと言うか、それは西洋のスタイルではないんだよ。」

「俺たちは大きなスタジオでトラックのカッティングのほとんどをやり終えたよ。」とベックは続けた。「俺たちは今、それらのミキシング、オーバーダビング、アライニングの作業を始めてるよ。全部 Pro Tools を使ってね。もう誰もテープなんか使わないよ!」 ベックは東京で4月7日にスタートする次のツアーまでに、2010年以来となるスタジオ・アルバムを完成させる予定だ。「俺は、それをどう加工する必要があるのかが信じられなかった。誰かが作るブートレグなんか、翌日には街中に出回るんだよ。なのにどうしてそんなに多くの時間がかかるのか不思議に思うよね。でも、まあ大丈夫さ。俺はすべてをバタバタしたものにするよりもむしろ、待って正しい理解を得るほうがいいのさ。俺にとって、これはとても重要なアルバムだよ。」

なぜこのアルバムはとても重要なのか?
「俺は自分が注目されたと思うよ。俺はこの3年間、働いて働いて働いてきたよ。まさに今なんだ。もうすぐ誕生日を迎えるんだけど(ベックは6月24日で70歳になる)、自分がコントロールしてきた本当に真に良いアルバムをつくる時であり、予算の問題を気にせずにきちんとやり遂げることができる時だと思ったんだ。たとえ予算の問題を抱えていてもね!」

ベックは昨秋、ブライアン·ウィルソンとのツアーを敢行した。そしてそこで 「Surf's Up」や「Our Prayer」などの古典的なビーチボーイズの楽曲に新たな特徴を追加した。
ツアーに出る前に、ベックとウィルソンは、これからリリースされるウィルソンのアルバムのためにスタジオで共同作業を行った。ベックはプロジェクトの状況について尋ねられたとき「そうだね、ブライアンに尋ねるほうがいいよ。」 と語った。「俺にはわからない。俺が思うには、彼らはツアーのために俺と組んだことや、レコーディングを終わらせる代わりにツアーに出て行ってしまったのは失敗だったんじゃないかな。3 、 4のトラックで俺は作業の途中で、まだ完成していなかったんだけど、俺たちは途中でスタジオを後にしたんだ。俺からすれば、ちょっともったいない話だと思ったよ。だって彼らはそのアルバムを完成して、それをキラー・アルバムにしてからツアーにでるべきだったと思う。だけど彼らとしては、俺が空いているあいだに俺を使いたかったんだと思うよ。まあそんなところかな。」

ベックはまた、彼が旧友ジミー·ペイジとツアーをする考えに反対していないと述べた。彼らが最後に共演したのは、衝撃的でヘヴィーなインストゥルメンタル曲 「Immigrant Song」と「Train Kept a Rollin」を演奏した、2009年のロックンロールホールオブフェーム式典だった。

「もしジミーにどこかに出演することを説得したとしたら、彼はもっとも考えられないようなイベントに出演して、また姿をくらますだろうね。」とベックは笑いながら言った。

「あいつはダークホースだよ。それは疑いの余地はないだろ。あいつは完全にプライベートな面を持っている。俺が持っているようにね。でも俺たち一緒にいると大笑いするような仲だ。だからあいつが何か一緒にやることを思いついたら、それは良いパッケージになると思うよ。だけど一つの疑問は、あいつが何をプレーするんだろうってことさ。彼は何を演奏するだろう?わからないよ。あいつは音楽を整理しなければならないんじゃないかな。そのあとに、俺たちは一緒に演ることができるかもな。」

-------------------------------------------------------------
(独断で意訳しておりますことを予めご了承ください。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロバート・ブリル(Robert Brill)の参加作品・海外編


シリーズ第2回にして最終回(笑)、今回は海外編です。
国内編はほぼ著名なミュージシャンだったのでまだナンでしたが
(ほぼって、そこに入らないのってどれ? なんて野暮な質問はナシ)
海外編はかなりマイナーです。少なくとも日本では。
日本のアマゾンで取り扱ってるものもあると思っても、発送元は海外
だったりね。なんやかんやで amazon.co.jp と amazon.com には
お世話になりましたわ・・・(笑)

ではそのレアなモノ達を並べてみましょうね。


Robert_brill_overseas


発表年が前後してしまいますが、まずは分りやすいものから。
一番上にあるLPサイズ大のブツはレーザーディスクで、
Berlin の1987年5月の来日公演の映像です。
右側のサングラスの男性がロブ様です。
(いつから「様」付けしとるんだ?>俺・笑)
Berlinは1978年にLAで誕生したバンドで、ロブは1982年に加入しました。

レーザーディスクの右側に上下に並んでいる2枚のCDがロブ在籍時のもの。
「Love Life / Berlin」 (1984年発表) 、
「Count Three & Pray / Berlin」 (1986年発表)

"Count Three & Pray" には1986年公開の映画『トップガン』の挿入歌になり
大ヒットした Take My Breath Away(愛は吐息のように)も入っています。
このイメージしかなかったんですけど、あらためて他の曲を聴いてみると
アップテンポなロックな曲もあっていいですね。女性ボーカル好きだし(苦笑)

*
それではその他のアルバムを順番に。
レーザーディスクの左下から右斜め下に向かって 4枚。
「Drop Down And Get Me / Del Shannon」 (1983年発表)
「Great Dirty World / Gowan」 (1987年発表)
「The Big F / The Big F」 (1989年発表)
「IS / The Big F」 (1993年発表)

Del Shannon(デル・シャノン)は「悲しき街角 (Runnaway)」のヒット曲で
知られる '60年代に活躍していた人で、1982年に復活してヒットした
「Sea Of Love 」のカバー(オリジナルは Phil Phillips)がフィーチャー
されたアルバムです。実はCDジャケットのクレジットにはロブの名前は
ありませんが、ネット上のあるページで他のセッションメンバーとともに記載
されていたので叩いているのだと思います。どの曲かは定かではないです。

Gowanはハイトーンの男性ボーカリストでAOR風、ちょっとした産業ロック風
でしょうかね。聴きやすいですが、ボーカルがかなり前面にいる感じです。
ドラムスで参加しています。

The Big F はBerlinの創始者だったJohn Crawfordが 1987年に Berlinを
解散したあとに、ロブと共に創ったトリオ・バンド。
これはハードでダークで、メタル系グランジ系の感じで少々驚きです。
個人的には苦手な部類の音楽ですが、The Big F は良いバランスで聴けました。
ロブのドラムスの派手な一面を聴くことができます。
コネタですがこのバンドを売り込む際に、Berlinのイメージを重ねられるのを
避けたかったという理由で、ジョンとロブは変名を名乗っていたそうです。
(ロブは Rob Doninと名乗る)

**
では次に進みましょうか・・・
2段め、左側から3枚。
「Find a Door / Pete Droge & The Sinners」 (1996年発表)
「Spacey & Shakin / Pete Droge」 (1998年発表)
「Skywatching / Pete Droge」 (2003年発表)

1993年に ISツアーのあとThe BIG F は解散してしまいます。
その後ロブはレコーディングエンジニアの道に進みますが、
ある特定の人物との関係性でのサポート・プレイを行っています。

その人物が Pete Droge(ピート・ドロージ)で、フォーク・ロックが
ベースになっている「Find a Door」では The Sinners というバンド名義
でした。Wikipediaでこのバンドのメンバーにロブの名前を見たんですが
CDジャケットで確認したらなんとクレジットに名前がない!
バンドのドラマーは別の人でした!
ただパーカッションでこっそり参加している可能性はあるかもなと。(苦笑)

そのあとのPete Drogeソロ名義の2枚のアルバムにはドラムスで参加。
ウエストコーストなロック、バックの演奏がボーカルより前にきてます。

***
そして写真の3段め、左側から3枚。
「The Thorns / The Thorns」 (2003年発表)
「Mile High / Alex Woodard」 (2005年発表)
「Nothing But Time / Garth Reeves」 (2006年発表)

The Thornsは Pete Droge, Matthew Sweet(マシュー・スウィート)、
Shawn Mullins(ショーン・マリンズ)の3人が組んだ男声ハーモニーと
アコースティック・ギターを中心にしたウエストコーストなフォークロック。
ロブはCDではクレジットに名前がありませんが、パーカッションとタンバリン
で参加しているようです。
つぎの、シンガーソングライターであり作家でもある Alex Woodardの
「Mile High」は Pete Drogeのプロデュース(ギターでも参加)の
これまたウエストコーストなフォークロック。ドラムスで参加してます。

続く Garth Reevesの「Nothing~」も同系統の音で、Pete Drogeとともに
サポートとして参加しています。ドラムス、パーカッション、タンバリン。

****
さて、ついに最下段、左側から3枚。
「My December / Kelly Clerkson」 (2007年発表)
「Behind The Parade / Tommy Keene」 (2011年発表)
「Excitement at Your Feet: Tommy Keene Covers Album」 (2013年発表)

ロバート・ブリルの参加作品として取り上げるものは生のドラムスでの参加、
譲っても生のパーカッションで参加しているアルバムを基本にしていました。
しかし・・・ ここで取り上げている「My December」はその後の調査で
ドラム・プログラミングだということが判明しました。ショックだ。(笑)
でも女性ボーカルだからいっか、アメリカン・アイドル出身だし(爆)

Tommy Keeneの2タイトルにはドラムスで参加しています。力強いポップな
ボーカル作品ですね。ロブのドラムスが派手で楽しいです(^.^)

*****
そしてこの記事を書いている途中に再調査をしていて、
さらに2作品を見つけてしまいました。

「Love That Smile Off Your Face / Noah Stone」 (1995年発表)
「White Balloons / Stephen Ashbrook」 (2008年発表)

昨日の今日なのでまだ入手できていないので聴けてませんが、
キリがないので取り敢えずこのへんで終わりにしておきます(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/25

【ネタバレ注意】 2014.02.21 Char 2014 TRADROCK Tour at 大宮ソニックシティ 小ホール

中部・近畿、そして山梨を経て、長野は大雪のため順延して、いよいよ東京近郊にやってきましたよ。

大宮ソニックシティ小ホール。
500席に満たないキャパで、おそらくどの席からもステージが近く感じられて、良い音で聴くことができるホールです。

ホールなので2部構成。

これまでのセットは2部構成の初日と1部構成の2日目の2パターンしか入手していなかったので、今回の大宮で初セット入りがあったのかどうかわからないのですが、アコースティック・セットで1曲めに 「All Around You」 が入りました。そして続けざまに 「Shinin' You Shinin' Day」。 両曲とも細かくギターアレンジを変えてますね。

1週間前の山梨では公演後に大雪で足止めになってしまって大変だったようで脱出できたのが3日後の火曜日だったそうです。3曲め以降、その時の状況に重ねるようなセットリストが続きます。ま、強引に繋げた感じもしますけどね(笑)

年末の3 Nightsではなぜかセットから外れていた 「Sunday Night to Monday Morning」 がアコースティックながらもめでたくセット入り。そしてアコースティックバージョンの正統 「My Favorite Things」 (JRの 『そうだ、京都行こう』 のCM曲)も。3 Nightsの流れからか、あるいはあの3作をTRADROCK化するというコンセプトなのか、アルバム 『Have A Wine』 と 『Thrill』 から多くの楽曲がアコースティックで演奏されました。

そうそう、「My Favorite〜」 と次の「気絶」では澤田氏がアコギを弾いてましたよん。アコギが出てきた時には観客から 「うおー?」 と声が上がり、さらに 「バースデイ・イヴ!」 の掛け声も。この日は澤田氏のバースデイ・イヴだったそうで。

約15分の休憩を挟んで始まったエレクトリックな第2部は シグネチャーモデルの Pinkloud を携えてスタート。ピンクラから2曲、サイケデリックスから2曲のセットは今回の定番でしょう。続いた 「Song In My Heart」、レゲエのリズムではないストレートなアレンジで嬉しかったな。

この日は澤田氏の40代最後の日、翌日は50才ということで、F9 と G10 のコードで遊んでみたり(笑)、加えて澤田氏のMCが聴けて 楽しかったです。

その澤田氏を助けなきゃってんで「Help」を演ってTRADROCKに入っていきます。ここからギターはバーガンデイのストラト。

僕の好きなJeff Beckに関しては、ツアー最初の頃の 「Tonight I'll Be Staying Here With You」 に代わって「Jeff's Boogie」。久々にエレキの Jeff's Boogie は嬉しかったけど、後で考えたら 「Tonight〜」 も聴きたかったなと… ま、次に期待して取っておきましょう(笑)

驚きのセットインは、BAHOで演っていた 「Anytime」 でした。

そして本編ラストは 「Tokyo Night」
このツアーではおそらくこの曲がご当地ソング的な役目なんだろうな。

アンコールは 「Purple Haze」 からお決まりのパターンで「からまわり」、そして 「Smoky」。 ギターはフロントPUがハムバッカーのブルーのムスタング。

あ〜、「Smoky」、やっぱり演っちゃうのかあ〜。演らないカッコ良さをみたいな〜 (笑)

はい、あたくし天邪鬼です(^.^)
さて次は練馬だ!

****
2014.02.21 大宮ソニックシティ小ホール セットリスト

第一部 アコースティック・セット
01 All Around Me
02 Shinin' You Shinin' Day
03 空模様のかげんが悪くなるまえに
04 過ぎゆく時に
05 Sunday Night to Moday Morning
06 ふるえて眠れ
07 My Favorite Things
08 気絶するほど悩ましい
09 My Friend
10 表参道

第二部 エレクトリック・セット
11 Why Aren’t You Ready
12 Falling Star
13 Do Or Die
14 Dazed (Dazed By Love)
15 Song In My Heart
16 波
17 Help
18 Jeff's Boogie
19 Budge
20 Walk Don't Run
21 Pipeline
22 I've Tried
23 Anytime
24 Tokyo Night

(encore)
25 Purple Haze 〜 からまわり
26 Smoky

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/02/15

ロバート・ブリル(Robert Brill)の参加作品・日本編

1ヵ月ほど前に「ロバート・ブリル (Robert Brill) のお仕事」というタイトルの
記事を書いたんですが、まあ正直、自己満足のかたまりだったわけです :-)

でもそれを見てくださったツイッターのフォロワーさんから、ちょっと褒めて
頂いて、まあ正直、嬉しくなってしまったわけですよ :-) :-)

というわけで、ロバート・ブリル氏が、Charさん以外で参加したアルバムを
集めてみましたシリーズです。今回を入れて2回で終了予定ですが(爆)

気が向けばもしかしたら各アルバムの感想など書くことがあるかも
しれませんが、まあ正直、自分も含めて誰も期待してませんね(苦笑)

で、並べてみました。

Robert_bill_japan_2


一番上のLPが
「ON BASS / 後藤次利 」(1978年発表) 、教則レコードです。

その右側に縦に並んでいる4枚のCDは順に
「パステル 33 1/3 / 庄野真代 」(1977年発表) 、
「BEGINNING / 竹内まりや」 (1978年発表) 、
「Love Heart / ラジ」 (1978年発表) 、
「Illumination / 浜田省吾」 (1978年発表)

ちょっとジャケットは判別しづらいですね、すみません (m_ _m)

ロブはCharさんのソロ「Char」(1976年)、「Have a Wine」(1977年)、
「Thrill」( A面, 1978年)に参加しましたが、ライブ活動は1977年の3月頃
までしかやっていなくて、同年4月以降のCharバンドのドラムはリューベン
になりました。偉い人がアイドルとして売り出そうと考えてメンバーを変えた
とかいう話もききましたが真実はわかりません。いずれにしても1977年から
1980年にかけて、すごく多くの作品にセッションで参加していますね。
最初のきっかけは後藤次利氏だったようで、後藤氏の絡みでその後の
セッションに繋がっているというのが、作品のクレジットを参照するとよく
判って面白いです。

続いて中断にある2枚めのLPが
「MR. BASSMAN / 後藤次利」 (1979年発表)

これは後藤次利氏の実質的な初ソロ作ですよね。

その右側(中段)に縦に並んでいる4枚のCDは
「素顔の私 / 八神純子」 (1979年発表) 、
「WHITE HEAT / 鈴木茂」 (1979年発表) 、
「CHA CHA ME / BACCO」 (1979年発表)

だんだんフュージョン系に向かってきましたね~。

では左手・下段に移りましょう。
「NEW YORK / (Various Artists)」 (1979年発表) 、
「オリエント / 佐藤博」 (1979年発表) 、
「UNIVERSITY STREET / 竹内まりや」 (1979年発表) 、
「マインド・スクリーン / 浜田省吾 」(1979年発表)

そして
「Studio Cat / 今剛」 (1980年発表)

これ、今剛氏の初ソロ作品ですね。
そして、なんとこのお方のアルバムにも参加!

「RISING SUN / 矢沢永吉」 (1981年発表)

このアルバムに参加したロブは佐藤準氏とともに、矢沢永吉氏の
『RISING SUN CONCERT TOUR '81』にも参加したのでした!
その後、アメリカに帰国してしまい数年のセッション活動の後に
Berlin(ベルリン)のメンバーになるのですが、実はちょこちょこと
日本人のサポートをしておりました。
で、すこし時間が経ちますが Berlinで活躍している時期に出てきたのが

「Fairway / 香坂みゆき」 (1985年発表)

香坂みゆきの10作めのアルバムだそうです。
こんなことがなければ知ることもなかっただろうな・・・・ (笑)
余談ですけど、ここに写ってるCDは最近出た 2 for 1 シリーズというもので
9作めの「Jet Lag」とのカップリングでした。(知らねーよって・笑)

え?なに?「どうせ聴かないんでしょ」って?
いや、聴きますよ、聴きますとも。 

さて一番手前の青い色のジャケットが最後になります。

「EIKICHI YAZAWA LIVE DECADE 1990-1999 / 矢沢永吉」(2000年発表)

これは前回の記事を書いたあとに気がついたものです。
そう、ロブは ’90年代にも 3回、矢沢氏のコンサートツアーのメンバーに
なっていたのでした。'90年代のベストライブ集のこのアルバム、全32曲中
10曲はロブが参加したツアーから選曲されています。

今回はここまで。次回は海外編を予定しております。

*この記事、アクセス少ないだろーなー (爆)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/02/02

2014.01.26 Char 2014 TRADROCK Tour at 三重 M'AXA

ツアー2日めのセットはエレキのみだったそうです。
今後も日替わり、または大きく2種類のセットでツアーするのでしょうね。
楽しみです。

続きを読む "2014.01.26 Char 2014 TRADROCK Tour at 三重 M'AXA"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »