« [Bootleg] JEFF BECK - TOKYO DOME CITY HALL 2014 COMPLETE 3 NIGHTS | トップページ | 【追記あり】 Char は進化している! - 2014.12.29~30 EX THEATER presents Char the Recital "リサイタル" 2014 »

2014/05/01

Char TRADROCK Tour 2014 「ほぼ」全曲目プレイリスト


TRADROCK Tour 2014 は雪のために延期になった Vol. 10 長野公演がまだ終わってはいないですが、4月12日 愛媛までの27公演からセレクトされた公式リリース音源で、ここまでの「ほぼ」完全セットをつくってみました。


春の小川、長崎は今日も雨だった、ゲゲゲの鬼太郎、長い髪の少女は割愛しました。曲間のMCや、曲と曲のつなぎなどに考慮しつつ、ロックの名曲を「さわりだけ」演る遊びの要素も可能な限り取り込みながら選曲しました。実際のコンサートは日によって曲を入れ替えていてトータル3時間半ぐらいの尺ですが、私の選曲による全部入りセットの時間は、アコースティックセットで 11トラックの 57分、エレクトリックセットで 42トラックの3時間59分になりました。

まだ 5月18日に延期になった長野公演が残っていますが、とりあえず今日現在の「ほぼ全曲リスト」になります。

アコースティック・セットでは、定番8曲に、All Around Me, Sunday Night To Monday Morning, Zig Zag Zone の3曲を加えた 計11曲で完全だと思います。
ほとんどの公演では1曲目が Shinin' You Shinin' Day でしたが、ここでは埼玉・大宮ソニックシティホールより、All Around Me 〜 Shinin' You... にしました。

エレクトリック・セットでは、1曲目が Pink Cloud になっていた公演もあったようですが、大勢のセットリストに準ずる形で Why Aren't You Ready にしました。ここは 3月2日の大阪・森ノ宮ピロティホールの演奏から。この日はいきなり機材トラブルがあったようですが、それにも関わらずZicca Pickerでも選曲されている良テイクです。不幸中の幸い的な澤田ベースのアドリブ・ソロを聴く事ができます。

このリストの4曲目には、3月23日の東京・パルテノン多摩での演奏から、稀少な Hear Me In Heaven を配しました。ほとんどの公演では Do Or Die, Dazed が続けて演奏されましたが、この日はこれら2曲のあいだに Hear Me In Heaven が挿入されています。

その後の Song In My Heart 〜 波 までが定番セット。そこからいわゆるTRADROCKのセットに移るんですが、その構成や選曲の組み合わせが公演ごとに変化するので、ほぼ全曲を集めたと言ってもどう並べるかが一筋縄ではいかないのです。クラプトンが先だったりビートルズが先立ったり、ジミヘンはやったりやなかったり。できるだけアーティストごとにまとめて、MCをもとに曲順を考えてみました。

いくつかMCでの次の曲(またはアーティスト)の紹介と曲順が合わないところ生じてしまうため、7トラックで MC箇所を若干だけカットするなどのエディットを施しました。

岐阜・club-Gの演奏から選択した Help のトラックには、Help演奏後のMC中に「さわりだけ」で For Your Love, Got To Hurry, 監獄ロック, Plynth を演っています。

青森・Quarter における White Room の演奏後には Jimmy Page (Led Zeppelin)の「さわりだけ」で A Whole Lotta Love, Immigrant Song をリフだけ演っています。

広島・Blue LIVE における Sunshine Of Your Love の演奏後、「つぎは Jeff Beckを」とMCしています。ここではその流れを利用して、珍しい Jeff Beck風 Crossroads を山口・シンフォニア岩国からセレクトしました。

Jeff Beckコーナーでは、大阪・森ノ宮ピロティホールにおける置ける Tonight I'll Be Staying Here With You の演奏後のMCで観客とのやり取りで決まったサンタナの Europe(哀愁のヨーロッパ)のさわりを含めました。

神奈川・KAAT神奈川芸術劇場では Going Down 後の「ジミヘン風 Day Tripper と言う事で」のMCに続けて、ジミヘン風MC付きの Day Tripper を長崎・NCC&スタジオの演奏から。その演奏後のMC「クラプトンの黄金期のクロスロードを・・・ (ギターを替えて)これが有名なレスポール牧といいます」という親父ギャグをきっちり残して、同公演から「正調」 Crossroads をセレクトしました。

ここで選曲がいったん Jeff Beckに戻ってしまうのですが、MCを残したいために東京・練馬文化センターにおける Jeff's Boogie、そしてジミヘンの Villanova Junction (さわり)をセレクト。ここでは MC内で スライ&ファミリーストーン、アルヴィン・リーを入れています。

ジミヘンをさらに2曲入れたあとに、滋賀・U☆STONEの演奏から Changes をセレクト。このツアーではレアな曲だと思います。それに続いて同公演からベンチャーズを3曲。3曲演奏している点もレアです。
Pipeline の後のMC も残しておきたいです。

この後の I've Tried, Anytime, Tokyo Night は本ツアーのほぼ定番で、本編ラストは Tokyo Night でほぼ間違いなかったのかなと思います。ここでは再度、滋賀・U☆STONEの Tokyo Night からアンコール、本ツアーでは超珍しいエレキ・バージョンの My Favorite Thingsが含まれています。

その後のアンコール曲は公演ごとにバラエティーに富んでいて大変でしたがむりやり並べました。鳥取・AZTiC laughsでの Apple Juice の演奏後に観客から Head Song のリクエストがかかるも「じゃあ哀愁のヨーロッパね」とすかしたのでこれも収録しておきましょう。流れにのって愛媛・松山市総合コミュニティセンターの Head Song、兵庫・CHICKEN GEORGEにおける Pink Cloud と続けて、埼玉・大宮ソニックシティホールにおける Purple Haze 〜 からまわり、最後は Smoky を愛媛・松山市総合コミュニティセンターの演奏からセレクト、曲順に悩みましたが再々々アンコール的に大分・T.O.P.S Bitts HALLの Natural Vibration を〆にしました。

いやあ、我ながらムダなことして遊んでるなあ (爆)


アコースティック・セット (57分)
-------------------------------------------------
01. All Around Me (6:26 vol.11 [2/21/14] 埼玉)
02. Shinin' You Shinin' Day (8:32 vol.11 [2/21/14] 埼玉)
03. 空模様のかげんが悪くなる前に (6:13 vol.12 [2/22/14] 静岡 下田)
04. 過ぎゆく時に (3:46 vol.03 [2/1/14] 静岡)
05. Sunday Night To Monday Morning (4:57 vol.11 [2/21/14] 埼玉)
06. ふるえて眠れ (4:28 vol.16 [3/09/14] 広島)
07. My Favorite Things (3:35 vol.27 [4/11/14] 徳島)
08. 気絶するほど悩ましい (5:58 vol.03 [2/1/14] 静岡)
09. My Friend (4:01 vol.16 [3/09/14] 広島)
10. 表参道 (5:55 vol.16 [3/09/14] 広島)
11. Zig Zag Zone (2:41 vol.26 [4/08/14] 宮城)

エレクトリック・セット (3時間59分)
------------------------------------------------
01. Why Aren't You Ready (7:27 vol.14 [3/02/14] 大阪)
02. Falling Star (4:20 vol.26 [4/08/14] 宮城)
03. Do Or Die (6:53 vol.06 [2/8/14] 滋賀)
04. Hear Me In Heaven (3:35 vol.21 [3/23/14] 東京 多摩)
05. Dazed (7:37 vol.16 [3/09/14] 広島)
06. Song In My Heart (9:40 vol.04 [2/2/14] 岐阜)
07. 波 (8:51 vol.08 [2/11/14] 福井)
08. Help (8:09 vol.04 [2/2/14] 岐阜 *Edited)
09. Come Together (3:41 vol.17 [3/10/14] 鳥取)
10. Ticket To Ride (7:06 vol.12 [2/22/14] 静岡 下田 *Edited)
11. Badge (5:29 vol.03 [2/1/14] 静岡)
12. White Room (6:14 vol.19 [3/15/14] 青森 *Edited)
13. Sunshine Of Your Love (7:03 vol.16 [3/09/14] 広島)
14. Crossroads (ジェフ・ベック風)(3:32 vol.15[3/07/14] 山口)
15. Tonight I'll Be Staying Here With You (5:53 vol.08 [2/11/14] 福井)
16. Black Cat Moan (4:10 vol.14 [3/02/14] 大阪)
17. Europa (1:41 vol.14 [3/02/14] 大阪 *Edited)
18. Going Down (5:20 vol.20 [3/22/14] 神奈川)
19. Day Tripper (ジミヘン風) (4:19 vol.22 [3/27/14] 長崎)
20. Crossroads (4:37 vol.25 [4/06/14] 福島)
21. Jeff's Boogie (6:06 vol.13 [3/01/14] 東京 練馬)
22. Villanova Junction (3:55 vol.13 [3/01/14] 東京 練馬 *Edited)
23. Wild Thing (6:06 vol.21 [3/23/14] 東京 多摩)
24. Manic Depression (5:18 vol.24 [3/30/14] 大分 *Edited)
25. Changes (6:58 vol.06 [2/8/14] 滋賀)
26. Walk Don't Run (1:40 vol.06 [2/8/14] 滋賀)
27. 十番街の殺人 (2:07 vol.06 [2/8/14] 滋賀)
28. Pipeline (5:38 vol.06 [2/8/14] 滋賀)
29. I've Tried (6:37 vol.16 [3/09/14] 広島)
30. Anytime (8:25 vol.18 [3/14/14] 岩手)
31. Tokyo Night (9:17 vol.06 [2/8/14] 滋賀)
32. Tomorrow Is Coming For Me (8:33 vol.02 [1/26/14] 三重)
33. 闘牛士 (5:27 vol.24 [3/30/14] 大分)
34. Drive Me Nuts (5:19 vol.24 [3/30/14] 大分)
35. Cats'n Rats (2:36 vol.24 [3/30/14] 大分)
36. Apple Juice (5:39 vol.17 [3/10/14] 鳥取)
37. Head Song (3:59 vol.28 [4/12/14] 愛媛)
38. Pink Cloud (3:58 vol.05 [2/07/14] 兵庫)
39. Purple Haze (3:14 vol.11 [2/21/14] 埼玉)
40. からまわり (5:34 vol.11 [2/21/14] 埼玉)
41. Smoky (8:11 vol.28 [4/12/14] 愛媛)
42. Natural Vibration (9:22 vol.24 [3/30/14] 大分 *Edited)

--

|

« [Bootleg] JEFF BECK - TOKYO DOME CITY HALL 2014 COMPLETE 3 NIGHTS | トップページ | 【追記あり】 Char は進化している! - 2014.12.29~30 EX THEATER presents Char the Recital "リサイタル" 2014 »

ライブ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

音楽:Char」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/511320/59417722

この記事へのトラックバック一覧です: Char TRADROCK Tour 2014 「ほぼ」全曲目プレイリスト:

« [Bootleg] JEFF BECK - TOKYO DOME CITY HALL 2014 COMPLETE 3 NIGHTS | トップページ | 【追記あり】 Char は進化している! - 2014.12.29~30 EX THEATER presents Char the Recital "リサイタル" 2014 »