« 2015年1月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年2月の1件の記事

2015/02/02

2015.01.18 May J. "Live to the Future - Budokan 2015 -

2015.01.18 May J. "Live to the Future - Budokan 2015 -

Image


もう2週間以上も経ってしまったけれど、やはり記録として書き残しておこう。

May J. のメジャーデビュー8年間で初の日本武道館公演。May J. Family (ファンクラブ)先行予約で買ったチケットはMay J. の顔写真付きのオリジナル・デザインだ。7月のZepp Tokyoも顔写真付きチケットを持っているが、仕事で行くことを断念した。断念したと言えば、11月のBlue Note TokyoのJCBメンバースペシャルも、予約当選していたのに郷里に帰る用事ができてしまって残念な思いをしたものだ。
そんな事もあってこの日本武道館公演は楽しみにしていた。

座席は1階の南、ステージのほぼ正面を向いた良席。前2-3列は招待者席っぽかったです。2列めの4人ぐらいのちょっとヤンチャな感じのお兄さんたち、つまんなそうに体斜めって座ったまま、途中中座して戻ってくる時のドカドカという無神経な足音… 来ないで頂きたいですね。

Image_2



それ以外はお客さんの層が幅広くてビックリしました。まさに老若男女、子どもからお年寄りまで、1人、カップル、友達同士、親子…
「関ジャニの仕分け」効果に加えて、圧倒的な「アナ雪」効果なんでしょう。とは言え、特に年配の方々のノリの良さには感服致しました。手を突き出してコール&レスポンスに参加するわ、タオルを振り回すわ、なんだかとっても凄いパワーですよ。

コンサートのオープニングには前方のスクリーンにこれまでリリースされたCDのジャケットイメージをデビューから順番に投影しました。8年分ですよ、そこそこのタイトル数をリリースしてますよ。そのジャケット写真を年を追って見ていくと、May J.のいろんな顔、色、そして音を感じます。

そしてコンサートがスタート。なんと1曲めからゲストのDJ KAORI に煽られて「GARDEN」でノリノリです。

衣装を何度も変え、これまでコラボしてきた人達をゲストに迎え、オリジナルのメロウから Hip Hop調な曲やダンサブルなナンバーに、カバー曲をメドレーで繋いで、引き出しの多さを見せつけてくれました。そうそう、バックダンサーを従えてダンスしながら歌う場面もありました。

ゲストのZeebra氏を呼ぶとき、「My darling!」と叫んだのにはドキッとしたな〜。そんな人は多勢いたんじゃないでしょうか?ね?そうでしょ?(笑)

きっと大切な仲間とか親愛なる同士というフィーリングなんだろうと思いますが、まさかの婚約発表か?とか、え?この人だったの?とか暫くのあいだアタマでっかくなってましたよ(笑)

途中、デビューしてからなかなか自分の歌を届けることができなかった(つまり売れなかった)辛い時期のこと、その時の心情を書いた曲TSUBASA を歌うときはジーンときました。涙が… (僕です)

それから2014年の嬉しかったことの引き換えに受けた辛い事、でもそれも人生なんだと受け入れたという話にはさらに泣けました。
度が過ぎるバッシングや中傷、本人も当然のことながら知っていたわけで。

ここからは僕がずっと思っていた事だけども… 松たか子の歌の方が好きならそれでいいじゃない。だからと言ってMay J.を叩くことはないよね。カバーだけで自分の曲がないくせにとか、人の歌で紅白に出るなんて許せないとか… そんな様な事を言う人達、全部あなた達の誤解だからね。カバーでもクリス・ハートは感動するから好きだけどMay J.はカラオケがうまいだけで何も感じないって、それはもう人それぞれの好みの次元だからね。そう思うのは自由だけど叩く必要はないよね。

アンコールは昨年のドラマの主題歌になったオリジナル曲「本当の恋」に続き、クリス・ハートとのデュエット2曲、そして合唱曲として有名な「Believe」を大合唱。May J.はステージから客席に降りて、歌いながらアリーナ席をひと回りしました。僕は歌詞をかみしめながら3度めの涙(苦笑)

ダブルアンコールでは Let It Go 劇中歌の英語バージョン、やっぱり凄い歌唱力です。そして「ありがとう」。こちらこそありがとう〜と心の中で叫びながら、この日4度めの涙(爆)

この日は歌わなかったけど、Amazing Grace も素晴らしいんですよ。

最後にいつものライブと同じように大撮影会をやり、バンドメンバーがはけた後に1人残ってセンターステージでマイク無しの地声で「ありがとうございました〜!」

あれ、宮崎奈穂子さんとかぶって嬉しいな〜(笑)

感動したな〜。
このコンサートの帰りのツイートがその時の感動を端的に表現できたと思うのでコピペします。

May J. 日本武道館公演 〜Live To The Future〜 長いコンサートだったなあ。 8年間で蓄積したものを披露して、ある種の回答にするかのような…引き出しの多さを見せてくれてありがとう。圧巻のステージでした。

Image_3




セットリスト

01.Garden(feat. DJ KAORI)
02.Be mine ~君が好きだよ~
03.レット・イット・ゴー ~ありのままで~ (エンドソング)
04.風になりたい(feat. Zeebra)
05.ONE MORE KISS (colors)(feat. Zeebra)
06.カバー曲メドレー(366日~First Love~花~すべての人の心に花を~~ハナミズキ~Precious)
07.HERE WE GO(feat. VERBAL(m-flo))
08.MY GIRLS
09.DO tha’ DO tha’
10.Dear…
11.もし君と(with キマグレン)
12.LIFE(May J., キマグレン)
13.カバー曲メドレー(手紙~拝啓 十五な君へ~~やさしさに包まれたなら~元気を出して~キラキラ)
14.My Sweet Dreams
15.Lovin’ you
16.TSUBASA
17.I DREBMED A DREAM
18.So Beautiful
19.Sunshine Baby!
20.RAINBOW
21.Beautiful Days
22.Shiny Sky


(アンコール)

23.本当の恋
24.A Whole New World(with クリス・ハート)
25.白い雲のように(with クリス・ハート)
26.Believe

(ダブルアンコール)

27.Let It Go (English ver.)
28.ありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年12月 »