« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年4月の3件の記事

2016/04/10

2016.04.10 宮崎奈穂子 & Band Birthday Live at 青山 月見ル君想フ

青山 月見ル君想フにて、宮崎奈穂子 & BAND BIRTHDAY ONEMAN LIVE

20160410_1

宮崎奈穂子さんの久々のバンド形態のワンマンライブ、お客さんの数が
とんでもなくてびっくりしました。遠く中国地方や近畿・中部、東北地方
から来ている方々もいるし、デビュー当時やその少し後から応援している
というファンから、最近 YouTubeを観たのがきっかけで初めてライブに
来たという方まで、すごく幅広くてバラエティに富んだお客さん層でした。

ファンの優しさに包まれてました。

久々のバンド形態のライブ、オープニングに「あなたと」は良い選曲
アップテンポで楽しくて明るくなれる曲ですね。
そして、宮崎さんの意外にも張りのある太い声に気がつくことができます。

宮崎奈穂子さんの魅力は、囁くような語りかけるような子守唄のような
優しい歌唱だけではないのです。
ずいぶん前になりますけど、プロデューサーだった立石氏が、
当時のレーベルのアーティストの中で「実は宮崎奈穂子が1番声量があるのだ」
と語っていたのでした。

宮崎奈穂子ワンマン、「小さな恋」初バンド演奏バージョンが披露されました。
そして、昨年の定期公演で発表された新曲たちの「この恋が終わる日」、
「また明日」もバンド演奏で成長したと感じました。

今夜はゲストにカドジュンさんと伊吹唯さんのユニット「クラウソラス」の
ハーモニーが聴けて良かったです。
オリジナルの「桜、風の中」、2人らしい素敵な楽曲でした。
そして、クラウソラスの2人と宮崎さんの 3声ハーモニーの
「おやすみなさい。」が聴けたのが良かったです!

新アレンジの「ステラ」も、新たなキメが入って生まれ変わりました。
キレキレで良かったです。
新しいアレンジの「優しい青」は弦楽器の音が重ねられてドラマチックな
雰囲気になりました。これも素晴らしかったです。

最近のファンの方は宮崎奈穂子さんの新しいというか別の面を知ることが
でき、昔からのファンにとっても新しいアレンジで楽曲の魅力をあらためて
感じることができ、クラウソラスとの出会いもあり、とても良いライブに
なったと思います。

誕生日ということで、ファン有志の方が色々と企画していらっしゃったのは
敬意を表して気持ちだけ賛同させて頂きました。ありがとうございました。

で、セットリストです。

01. あなたと
02. 夢グライダー 
03. がんばれっ!ニッポンの女の子っ!
04. オレンジ
05. 小さな恋
06. 沈黙の夜
07. この恋が終わる日
08. 生まれてくれてありがとう (ピアノ・ヂュオ)
09. がんばらない日(ピアノ・ヂュオ)
10. また明日(ピアノ・ヂュオ)
11. 桜、風の中 (クラウソラス)
12. おやすみなさい。(w/ クラウソラス)
13. カンバン娘とあなたが私を呼んでくれるなら
14. ステラ
15. 優しい青
(encore)
16. 笑って
17. ぴっかびか

20160410_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

​ 2016.04.09 Char Special Live 2016 at 王子 北とぴあ

先週に引き続き Charさんの Special Live 2016、今回は2016ツアーの8本目、4月からの新体制の 2本目です。

Char_20160409_1_less_than_1m

2部構成であることと、本編のセットリストは前回と同一。ツアーだから当然ですね。
先週の江戸川で Pink Cloud時代の曲名を記憶違いで誤記していたことが判明しました(笑)

アンコールは All Around Me が追加されて、ダブルアンコールではなく 1回で計4曲。

使用ギターは 1部は カスタムショップの白ストラトは変わらず、2部でFree Spiritsでスタート、Les Paul Gold Topに持ち替えて「Hallelujah, I Love Her So」、「Wondering Again」、Pinkloudに替えて「Stuck In My Brain」、バーガンディ・ストラトで「XQZ ME」までは変わらず。その後は、Pinkloudに持ち替え直してラストまで。

本編最後の「Smoky」では途中で弦が切れたようで、急遽、澤田さんにベースソロを振って、そのあいだに Free Spiritsに持ち替えました。

アンコールでは再びバーガンディ、そしてもはや定番となってきた石やんのテレキャスで「Happiness」、そのままテレキャスで「Apple Juice」で締めとなりました。

声の調子は、今回のセットリストでは「Navy Blue」、「Wondering Again」あたりで計れると思います。江戸川の時よりも高音が出て調子は上がっているのではないかなと思います。ファルセットはこのところ好調を維持してますね。

このところ時間的には長くなくて辛くなくてちょうどいいです。
次は千秋楽 2-days、渋谷オーチャードホールです。

セットリスト:

第1部
01. Moving Again
02. I'm Just Like You
03. 7月7日
04. カタルシスの凱旋
05. Still Standing
06. 坂道ホームタウン
07. Night Flight
08. 悪魔との契約満了
09. ニッポンChar,Char,Char

第2部
10. Shinin' You, Shinin' Day
11. 逆光線
12. Navy Blue
13. ふるえて眠れ
14. Hallelujah I Love Her So
15. Wondering Again
16. Stuck In My Brain
17. XQZ ME
18. Tokyo Night
19. 闘牛士
20. 視線
21. Smoky

(encore)
22. All Around Me
23. Anytime
24. Happiness
25. Apple Juice

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016/04/03

​ 2016.04.02 Char Special Live 2016 at 江戸川区総合文化センター

今年デビュー40周年となるCharさんの Special Live 2016 ツアーは、1月31日の大阪フェスティバルホールに始まり、2月26日のZepp Sapporoまで6公演が開催されました。

今回はその7公演めではあるのだけど、メンバーの半分(2名)が代わり、前回から5週間の間隔があったので、果たしてどんな変化を見せてくれるのか、あるいは同じツアーだからと同じコンセプトのままなのか、それなりに興味津々でありました。

結果はと言うと、Charさんの現役感をますます感じさせて戴いたというところでしょうか。

過去6公演は、ドラムにRobert Brill氏、キーボードに佐藤準氏、ベースに澤田浩史氏という年末の EX THEATER ROPPONGI で行われた Moving Again 2015 と題された 2デイズ公演と同じメンバーで、セットリスト構成も途中からカバー曲を1曲追加しはじめた事を除くと基本的に同じでした。

今回からドラムに安定起用の古田たかし氏、キーボードには昨年も何度か共演したKyon氏となり、2部構成という形は同じであるものの、その内容には変化がありましたね。同様にサウンド面でも異なるセッティングを持ってきた感じです。

20160402_char

まず第1部、定刻より約10分遅れて 17:10に客電が落ちました。オープニングからいきなりの「Moving Again」、その後の楽曲は昨年リリースのアルバム「ROCK+」からの楽曲で固めたセットリストで約50分ほど。これまでの6公演よりも曲数を増やしてガッツリ8曲入りました。

ここから新しく始まるんだ、7公演めではあるけどここからまた新しく始めるんだ、というCharさんの前を向いたメッセージを感じました。

アンプは年末とツアーの前回公演までのHYWATTからMATCHLESSに変更。まあ、変更というより本来の姿に戻したと言うべきでしょう。ギターは第一部はフェンダー・カスタムショップの白ストラトを一度も変える事なく弾きっぱなしでした。太い音でした。

15分の休憩を挟んで始まった第2部は「Shinin' You, Shinin' Day」で再開。客席からは「おおお〜」、「わぁ〜」という声が上がりましたね〜。 ちなみに「いつも来てる」というタイプのお客さん以外の、つまりすごく久しぶりとか数十年ぶりとか、Charのライブは実は初めてというお客さん率が結構高かったように思います。

やっぱり第2部は芸能界時代の楽曲で懐かしさ重視なのかなと思ってしまいましたが、実際にはそうではありませんでしたね。デビュー曲「Navy Blue」やバラッドの名曲「Wondering Again」を久々に入れてきたり、ちょいちょい珍しい楽曲を混ぜてきましたよ。例えば80年代末ごろのソロアルバム『PSYCHE』から「XQZ ME」とか、Pink Cloudの「Hug Letter Stuck In My Brain (2016.04.09 訂正)」とか、カバー曲では「Hallelujah I Love Her So」とか。

第2部のギターは、しょっぱなから最近では逆に珍しくなった Free Spirits、Les Paul Gold Top (track 14, 15)、Pinkloud (track 16)、バーガンディストラト(track 17)、そして石やんのグリーンのテレキャス(track 23)、最後はこれまた久しぶりの Charisma (track 24)

今、そしてこれから、この辺のぶっとい音で行くぜ! って感じのサウンド作りなんだなと解釈させていただきました(笑)

休憩を入れても合計 2時間半弱の時間で、体力的にも集中力的にもちょうど良かったです(爆)

セットリスト:

第1部
01. Moving Again
02. I'm Just Like You
03. 7月7日
04. カタルシスの凱旋
05. Still Standing
06. 坂道ホームタウン
07. Night Flight
08. 悪魔との契約満了
09. ニッポンChar,Char,Char

第2部
10. Shinin' You, Shinin' Day
11. 逆光線
12. Navy Blue
13. ふるえて眠れ
14. Hallelujah I Love Her So
15. Wondering Again
16. Hug Letter Stuck In My Brain (2016.04.09 訂正)
17. XQZ ME
18. Tokyo Night
19. 闘牛士
20. 視線
21. Smoky

(encore)
22. Anytime
23. Happiness

(encore 2)
24. Apple Juice

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年6月 »