カテゴリー「映画・テレビ」の18件の記事

2012/09/18

山下達郎 シアター・ライブ PERFORMANCE 1984-2012


Performance_19842012_poster


山下達郎の 1984年から2,012年の 19年に及ぶコンサートから、
ご本人が撮りためていた映像をよりすぐり、ご本人の手でリマスタリングされて、
映画館で上映するシアター・ライブの形で公開されました。

僕は8月28日と29日、両日とも新宿バトル9 の 17:50の回に観に行きました。

当初、8月25日から1週間だけの上映の予定でしたが、
首都圏では渋谷で9月15日から追加上映となり、この記事を書いている時点では
まだあと4日を残しています。

そのためネタバレをしてはいけないだろうと思いブログにも書いてませんでしたが、
曲目リストも公式サイトに掲載されていて、まあそろそろ書いても良いのかなと・・・

曲目リストに関しては、2回めに観た時に、暗がりの中で各曲の演奏日と会場を
メモしてきたのですが、公式サイトにはそれも書かれているので、暗がりでの
努力は無駄になりました(笑)

僕は山下達郎さんの楽曲を継続してじっくり聴いてきたわけではなく、
ただリアルタイムに知っているというだけで、コンサートに行くようになったのも
この数年のことです。
だから、ずっとヤマタツを聴いてきたちゃんとしたファンからすれば「にわか」で、
昔のコンサートの映像にグッとくることもないわけですが、それでもとても
楽しめたし凄いと感じました。

シアター・ライブのセットリストは、そのまま本物のライブ・コンサートにしても
良いぐらい練られたものだと思います。
80年台~90年台の映像は、解像度も低く アスペクト比も 4:3 で、多少厳しい感も
ありましたが、いやいや映画館のスクリーンで観ても何ら問題のない品質です。

2000年台になると技術・機材の進歩が感じられます。
映像も音もすごい迫力で押し寄せてきます。

僕にとっては、昔の映像で青山純氏のドラミングを観て聴けたことは
良かったですね。

聴けて嬉しかったのは、「SO MUCH IN LOVE」, 「煙が目にしみる」。
心にしみました。

「ずっと一緒さ」以降はコーラスの国分友里恵さんを追っかけてました(爆)

「DOWN TOWN」のゲスト・コーラス、身長高いです(笑)

2012年4月30日の大宮ソニックシティからは 3曲。
あ~、あのへんに僕もいるんだけどな~、客席の暗がりを凝視(苦笑)

ラストは2010年のRising Sun Rock Festival 2010 in EZO より、
「さよなら夏の日」

夏フェスでこれを聴いたら泣くでしょ。
8月下旬から9月にかけて上映するシアター・ライブのラストとしても
ピッタリな選曲だと思いました。
そしてこの曲では、それまでと違って客席のショットを意識して使ってます。
これについては、それまでの客席からライブ体験している感覚から、
一気に記録映像を観ているんだという感覚に戻された、という指摘が
どこかでありました。
そうかもしれませんね。 でも、この映像は、「さよなら夏の日」は、
特別だと思って観るほうが良いと思いますね。
本編とは切り離したボーナス・トラックというか。
いずれにしても EZOの映像を観ることができたのは良かったです。

僕の周囲では、最前列で緑のタオルで涙を拭いながら聴いてるあの娘で
感動した人(おじさん)がイッパイでした (笑)

エンド・ロール時は「Your Eyes」、これも実際のコンサート通り。
映像は終演後、客が席をたって退場していく会場の様子をステージから
映していました。 「本日のコンサートはすべて終了しました・・・」という
会場アナウンス付きで。

これについても違和感を持った人もいるようです。
コンサートを見に来ている、という客側の視点からすると、
終宴したステージ上を映し続けていても良かったかもしれませんけどね。

曲目リスト

Opening - Ray Of Hope

01)SPARKLE
1986.7.31@中野サンプラザホール(PERFORMANCE '86)

02)LOVELAND, ISLAND
1986.10.9@郡山市民文化センター(PERFORMANCE '86)

03)メリー・ゴー・ラウンド
1985.2.24@神奈川県民ホール(PERFORMANCE '84-'85)

04)SO MUCH IN LOVE
1986.10.9@郡山市民文化センター(PERFORMANCE '86)

05)プラスティック・ラブ
1986.7.31@中野サンプラザホール(PERFORMANCE '86)

06)こぬか雨
1994.5.2@中野サンプラザホール(Sings SUGAR BABE)

07)煙が目にしみる(SMOKE GETS IN YOUR EYES)
1999.2.4@東京・NHKホール(PERFORMANCE '98-'99)

08)ずっと一緒さ
2008.12.28@大阪フェスティバルホール(PERFORMANCE 2008-2009)

09)DOWN TOWN
2008.12.28@大阪フェスティバルホール(PERFORMANCE 2008-2009)

10)希望という名の光
2012.4.1@神奈川県民ホール(PERFORMANCE 2011-2012)

11)今日はなんだか
2010.10.27@神奈川県民ホール(PERFORMANCE 2010)

12)アトムの子
2012.4.30@大宮ソニックシティ(PERFORMANCE 2011-2012)

13)RIDE ON TIME
2012.4.30@大宮ソニックシティ(PERFORMANCE 2011-2012)

14)恋のブギ・ウギ・トレイン
2012.4.30@大宮ソニックシティ(PERFORMANCE 2011-2012)

15)さよなら夏の日
2010.8.14@石狩湾新港樽川埠頭横 野外特設ステージ
(RISING SUN ROCK FESTIVAL 2010 in EZO)

End Roll - Your Eyes

【上映時間/約92分】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/31

NHK ヤング・ミュージック・ショー

大晦日なので大掃除をしなければ、と思って取り掛かったのが映像の整理という
あいかわらずのおバカさんな私です。
で、数年前に録画してそのままになっていたNHKアーカイブスという番組で放送された
「ヤング・ミュージック・ショー」のKISSの映像を見入ってしまいました。

その番組でも言っていましたが、当時はテープが高価だったために放送が終わると
次の番組のために上書き録画していたそうで、ほとんど映像が残っていないそうです。
なんとも勿体無い話です・・・

同じように勿体無い話はNHK「少年ドラマシリーズ」にも言えることなんですよね。
シリーズ第一回の「タイム・トラベラー」をもう一度観たかったなあ・・・。

話も元に戻して、もう観ることができないであろう勿体無いヤング・ミュージック・ショーの
全タイトルを記録しておきます。単にため息つくだけにしかなりませんけどね(苦笑)

放送日   アーティスト名
--------------------------------------
'71/10/24 C.C.R
'72/03/20 The Rolling Stones ('69/7/5 Hyde Park, London)
'72/05/07 Cream ('68/11/26 RAH, London)
'72/08/25 "Super Show" ('69/3 Staines, UK)
'72/10/08 EL&P
'73/03/17 Pink Floyd ('71/10 Live at Pompei)
'73/03/18 Lindesfarne
'73/08/05 Leon Russell & His Beautiful Friends ('71 US TV Live)
'73/10/28 Elton John
'73/12/22 Cat Stevens, Deep Purple
'74/08/04 EL&P
'74/10/12 Rod Stewart & Faces
'74/12/31 Three Dog Night
'75/03/15 The Rolling Stones
'75/08/30 Jimi Hendrix
'75/05/10 Strawbs ('75/4/14 NHK studio)
'75/08/30 Monterey Pop Festival '67
'75/10/04 Chicago, Wet Willie, Marshall Tucker Band, Allman Brothers Band
'75/12/21 Rick Wakeman
'76/05/05 Bay City Rollers
'76/06/20 Yes ('76/7 Queen's Park, London)
'76/08/28 Super Trump ('76/05/26 NHK studio)
'76/10/09 Rod Stewart & Faces ('74/12/23 RAH, London)
'76/12/30 Freetwood Mac, Roxy Music
'76/12/19 Bay City Rollers ('76/12/19 NHK studio)
'77/03/12 The Rolling Stones ('76/6 Abattoir, Paris)
'77/05/07 Kiss ('77/04/02 Budokan)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/08

卒業課題曲 Smoky - NHK チャレンジ!ホビーの真実

ネタバレ注意です。(笑)

2010年5月7日、「恵比寿GUILTY」 という渋谷・道玄坂にある、
ややこしい名前(笑)のライブハウスで行われた、NHK 教育テレビの
チャレンジ!ホビー 「めざせ!ロックギタリスト」の公開収録ライブに
行って参りました。

並んでるだろうなと思いつつ、一応会社勤めですので早く行くと
言っても限度っつーもんがあります。
それに、一番前に陣取ってテレビに映るのも何かと支障をきたす
のでね・・・・(苦笑) 
18時開場に対して、17:15ごろGUILTY前に出かけました。
すでに20人近くは並んでたでしょうかね。
先頭は Charさんが出演するライブではたいてい見かける方々・・・
スゴいね。

今回はmixiのマイミクさん3名と合流して並びました。
他の申し込みされてたマイミクさんは急遽行われた「抽選」で
ハズレてしまって参加できなくなったとのこと。そのわけはコレです。

※卒業ライブ会場の安全上の問題により、観覧申し込み者を
抽選で絞らざるをえなくなりました。
当初は申し込み者全員に観覧していただく予定でしたが、
誠に申し訳ありません。


入ってみてわかりましたよ。ステージ前のスペース、スタンディング
でざっと5列ぶんぐらいをカメラマンのためにリザーブしたようです。

テレビの収録ということで色々と事情があるのでしょうが、会場の
トイレが使えないと・・・・それは先に教えておいて下さい、ですね。
後ろのPA卓の近くに立っておりましたが、そばに立っていた
スタジャンのおにーさんは、モーションブルーヨコハマでやった
トミースナイダー&フレンズのときの Charさんのローディさんでは
ないだろうか・・・・ たぶん・・・

それから50分近く、ドリンクもなくひたすら人が増えていく様を
後ろから眺めているという・・・(苦笑) 
みつけた楽しみは会場で流していた音楽ですが、子供の声の
ボーカルで70年代ハードロックを演ってるんですわ。
Smoke On The Water、We Will Rock You, All Night Long、
I Love Rock'n Roll、Walk This Way、We Are The Champion、
等々。 子供の声でハードロック、なんなんだろう、これは。(笑)

さて、19:00近くになってスタッフの方がステージに出てきて
諸注意を。 適度に笑いを取って場を和ませるのが上手ですね。
てか、お客さんがみんなあったかいですよ。
19時5分過ぎ、「 三喜屋・野村モーター'S BAND」が登場!
番組で各回の卒業試験でバック演奏しているメンバーで、
講師役の野村よっちゃんに、元・C-C-Bの渡辺英樹(B)、
元・「JUDY AND MARY」の五十嵐公太(Ds) の3人。

演奏曲は
「Helter Skelter」 (The Beatles)、「Crossroads」 (Cream)、
Keyboardに力石理江を加えて 「Led Boots」(Jeff Beck)
の3曲。 よっちゃんのファンだかバンドのファンがたくさん
来てるんですね。 力石(ちからいし)さんは外見の雰囲気と違い、
パーカッションのようにシンセを弾きまくる、いや叩きまくって
いました。ソロ長い。(笑)

その後、主役である「ますだおかだ」の増田さんが登場。
よっちゃんとの掛け合いで会場がいい感じで温まります。
その後、卒業課題曲の前にイントロだけの「American Band」、
さらに渡辺氏のボーカル付の「Smoke On The Water」と続きます。
「Smoke On The Water」は番組ではイントロのリフと最後のキメ
だけだったけど、番組以外でその後の部分も練習したそうです。
曲の合間にも掛け合いが面白かったです。
さすがお笑い芸人ですよ。

そして卒業課題曲の「Smoky」
これは5月10日放送分から3回(3週)にわたって放送される
練習曲なので、まだ誰も練習の模様は見たことがないですよ。
さらに途中からよっちゃんの「チャレンジ!ホビー」になっていた
というエピソードも紹介されました。めちゃ笑いを誘ってましたよ。
そのエピソードはここでは語らないでおきましょう・・・・(笑)

たぶん Smokyに挑戦3回目、5月24日放送分を観るとわかるかもよ。

で、「Smoky」  
ふりかけも パッパッパッ、パッパッパッ 
入浴剤も  パッパッパッ、パッパッパッ ・・・・ という笑いのあと
いよいよ演奏がスタートしました。
あ、リードギターのパートはよっちゃんが弾いてくれるのね。
で、ボーカルは? と思っていたら、おお、増田さんが歌うの!?
いやいや決して「Smoky」らしくもロックっぽくもないんだけど、
歌、うまいじゃん? 今日、もしかして一番うまいじゃん?
(この時点でまだ登場していないCharさんを除く。)

間奏のカッティング、ちょっと怪しくなったりしてたけど、
でも立派だよねぇ。 ギター練習して2ヶ月で、ライブハウスで
観客の前で、ギター弾きながら歌う!
大学の音楽のクラブでの新入生発表ライブとか思い出しますわ。

このあといろいろと掛け合いがあって大爆笑もあって、みんなが
ソデに引っ込んで、観客、一瞬迷いがありつつアンコールの拍手。

みんなが戻ってきて、よっちゃんと増田さんとで会場をもういちど
温め直して(笑)、やっとCharさんが登場です。
いやあ、やっぱ他の人とはカッコ良さとオーラが違いますわ。
カッコええ~な~。
男(詳細に言えばオッサン)が見ても、惚れてまうやろ~っ (笑)

あ、もうとっくの昔に惚れてます。

フルバージョンのSmoky、っつーかやや長尺のSmoky、
なんで長尺かっつーと、ここでも力石さんのシンセソロが長っ!
Charとよっちゃんが 「もうそろそろ宜しいでしょうか、お姉さま」
的な視線を送りつつ、なかば強引?にギターを被せてきて、
二人でギター掛け合いを始めました。この間、アンプに繋いでない
ギターでひたすらカッティングする増田さん。
カメラ用のスペースでかぶりつきでCharを観るという素敵な提案を
けって、同じステージに立って演奏に参加することを選んだ増田さん。
シールド抜きますから立たせて下さい、と。
そうだよ、可能性を考えたら同じステージに立つ方が超レアだよね。

やや長尺の Smoky、約6分45秒で終了。
ってなわけで、楽しい1時間半(待ちも入れたら約3時間)が
あっという間に終わったのでした。

一応、ライブ・レポでした。 伝わらないよね、これじゃ。(苦笑)
詳しくは(詳しくないかもしれないけど)  5月31日(月)放送の
チャレンジ!ホビー「めざせ!ロックギタリスト」最終回をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/05

めざせ! ロック・ギタリスト

Nhk

NHK教育テレビの、趣味工房シリーズ チャレンジ ! ホビー 「めざせ!ロック・ギタリスト」
の最終回となる卒業ライブの収録が5月7日に行われます。

そのライブの観客としての(公開録画の)参加申し込みの件は先日ここに書いたのですが、
ココログのブログのほうでは、

「あんたみたいな考えの人には、ライブチケット当たりません様に。」

とのコメントを頂きました。 いやあ、わざわざ済みません。

私としては単純に生のCharさんを久しぶりに観れる機会だということで、
いささか不謹慎な発言をしたのかもしれないなと考えたりしました。
だからというわけでは無いですが、今週まで放送された番組はちゃんと観て、
この公開録画自体の予習はしていこうと思っています。
さきほど第一回目を見終えました。 これから残りも観ます。

・・・が、全10回のうちの第6回までなんですね~、今週までだと。
Smokyにチャレンジするのは来週の第7回からなんですよね~。

その前に卒業ライブの公開収録を観るというのは、完全にネタバレのコースです。(笑)

ま、そういうことはさておき、ちょいと真面目にロック・ギターの基礎の基礎を
やり直してみようと思います。(爆)

とりあげられている曲:

グランドファンク 「アメリカン・バンド」
ディープ・パープル「スモーク・オン・ザ・ウォーター」
ドゥービー・ブラザーズ「ロング・トレイン・ランニン」
キッス「デトロイト・ロック・シティ」
イーグルス「ホテル・カリフォルニア」

んで、 Char 「Smoky」  (これだけカタカナじゃないです 笑)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/30

NHKチャレンジホピー最終回ライブ - ゲスト Char

Nhk


Char師匠の 『The B』 DVDに、ボーナス映像で六本木のミュージックバー 8:30での
ミニライブの模様が収録されていましたね。
セミアマチュアバンド、ハンドレッドフィフティーズ!  ・・・・ なんのこっちゃ (笑)
嬉しいやら羨ましいやら、ですが・・・

という前振りは関係ないんですが、来る 5月7日(金)、NHK教育テレビで放送中の
「チャレンジ!ホビー」シリーズのひとつ、「めざせ!ロックギタリスト」の
最終回の番組収録用のライブがあります。

講師役の野村のよっちゃんのバンドのライブもあり、さらにゲストでChar師匠が!!

ってなことで、ますだおかだの増田さんの上達ぶりはどうでもいいですが、
あと、悪いけど野村のよっちゃんのバンドもどうでもいいんだけど(笑)
生Char師匠を観るためだけに申込みました。

なんとなく2名分で申し込んでみましたが、
一緒に行く人とか連れて行く人はいません。(爆)

----------------------------------------------------------------

「めざせ!ロック・ギタリスト」最終回の「卒業ライブ」が決まりました!
チャレンジャーの増田さんが、レッスンで教わったすべての曲の演奏に挑戦します。

●日時
2010年5月7日(金) 開場 18:00 開演 19:00

●会場
「恵比寿GUILTY」 渋谷区道玄坂1-17-6プロスペクトB1F
http://www.guilty.ne.jp/access.html
※渋谷にあるのでご注意ください。

●内容
第1部 「三喜屋・野村モーター'S BAND」ライブ
    野村義男(G) 渡辺英樹(B) 五十嵐公太(Dr)
第2部 「チャレンジ!ホビー めざせ!ロック・ギタリスト」最終卒業試験
    チャレンジャー ますだおかだ増田(G)
    演奏 三喜屋・野村モーター'S BAND/力石理江(Key)
    スペシャル・ゲスト Char(G)

入場無料 全スタンディング席

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/25

大口広司トリビュート


Hiroshi  Oooguti


大口広司さんは、元テンプターズのドラマーだ。
テンプターズ解散後、沢田研二、萩原健一、井上堯之、大野克夫、岸部修三(現・一徳)と
結成した PYGのドラマーだ。
1972年のPYG脱退後はアラン・メリルとウォッカ・コリンズをやった人だ。

その後、俳優業や服飾デザイナーや画家といったいろんな顔を持っていたという。

大口さんは 2009年1月25日に肝臓癌で亡くなってしまった。享年58歳だった。
今年 1月25日、渋谷DUOで追悼コンサートが開かれた。
90年代のウォッカ・コリンズを通じて大口さんや加部正義さんと知り合いだったマイミクさん
に、そのライブのことを1ヶ月少し前に教えてもらっていたけれど、仕事に忙殺されていて
行くことができなかった。

その追悼コンサート、Concert For Hiroshi の映像が放送される。

5月8日(土) 23:00 ~ 0:30 スカパー Ch.266 歌謡ポップスチャンネル


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/23

Jeff Beck with Joss Stone at FOX TV (2010.04.21)

ジェフ・ベック大先生、日本公演の直後からアメリカ西海岸ツアーを敢行していますが、
スケジュール発表されていたツアー日程以外にもお仕事が入っています。

すでにここに書いた 4月22日の KLOSがオーガナイズしたネット配信も行ったミニ・ライブも
そうですが、その前日にもアメリカの TV局 FOXの番組、American Idol の特番、
Idol Gives Back に出演しておりますね。

しかも Joss Stone とともに。 演奏したのは、 I Put A Spell On You でした。

さっそく YouTube に映像があがっておりました。

Joss、いいなあ。 でもステージで裸足で飛び跳ねてる Joss がもっと好きだけどな。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/18

Jeff Beck on 日本テレビ NEWS ZERO (2010.04.13)

ジェフ・ベック大先生の2010日本公演最終日の夜、日本テレビ系列の NEWS ZERO で
10日 JCBホールでのリハーサル風景の映像が放映されました。

リハーサルの収録は本邦初とのことです。
本番(アンコールの「誰も寝てはならぬ」)の映像もが少しだけですが使われていました。

番組ではレポーター役のバイオリニスト、宮本 笑里(みやもと えみり)さんが
大先生にインタビューをしていました。

口下手だから /ステージで話をするのが得意ではないから、
楽器(バイオリン / ギター)で表現し伝える

宮本さんの話に対して 「 Same to me」 と大先生。
とても良い雰囲気のやりとりでした。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/16

Jeff Beck on 日本テレビ スッキリ!! (2010.04.14)

今回の来日では、従来では考えられないほどメディアに露出したジェフ・ベック大先生の、
4月14日、日本テレビ スッキリ!! で放映された録画インタビュー映像です。

家庭菜園がどうこうとか、きわめて日本のワイドショー的なイジラレ方ですが、
最後に大先生にギターを弾いてくれませんか? 無理ですか? と図々しくお願いする、
さすが電波少年を産んだ日本テレビ! (笑)

で、まさかの大先生の生音「じゃじゃ馬億万長者のテーマ」です。
そうです、Jeff's Boogie の最後のほうで演っている、アレです。
うわ~~~、右手クローズアップですぞ~!

家で録画した映像はDVDRに焼いて大切に保存しなければ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/16

『電波少年 BEST OF BEST』 DVD

Best_of_best_dvd_2

あの伝説の・・・・ いや、そんなでもないけどさ・・・・ (笑)

日本テレビの日曜夜10:30の ハチャメチャなバラエティ番組、
『進め!電波少年』、『進ぬ!電波少年』、あとは良く知りませんが
これのスペシャル編集DVDが発売されるそうです。
タイトル通り、姉妹番組の『雷波少年』も含まれているそうです。
 

発売日は 2010年4月9日。 けっこう先ですね。
 

へ~、いままでDVD化されてなかったんだ~ 意外ですね~。
ま、こういうものをDVDで観ようとはあまり思わないかな~。
ちょっと懐かしい感じはありますけどね。リアルタイム世代としては。

ただ、本編 120分に詰め込んで、本当に面白さが再現できてるのか
どうなんでしょうかね。

これには関係ないけど、いま『電波少年2010』というのをやってるらしい
です。 日本テレビと Gyaoが 1月25日から約 2ヶ月間限定でやってる
らしいのですが、こいつが「人はツブヤキだけで生きていけるか?」
・・・ そう、想像できるとおり、いまどきの Twitter連動型のようです。

なんかわかりませんが・・・・ (苦笑)
とりあえず #denpa2010 で眺めてみると、一般人自由参加型のよう
ですね。 あ、そっちの話はどうでもいいか。

DVDの内容はこんな感じです。
タイトルやタレントの名前をみると 「あ~あ~、あったあった」って
話題づくりにはなるかも。 (笑)

●渋谷のチームを更生させたい!/松村邦洋
●豪邸のトイレでウンコがしたい!~香港で下剤編~/松村邦洋
●村山富市の長い眉毛を切りたい!/松村邦洋
●タイのジャングルで虎と戦いたい!/松本明子
●アラファト議長とてんとう虫のサンバをダジャレたい!/松本明子
●世界で男を磨きたい!~マフィアのドン~/山崎邦正
●おせち(人喰いザメを捕まえて蒲鉾を食べたい!)/出川哲朗
●ユーラシア大陸横断ヒッチハイク/猿岩石
●アフリカ・ヨーロッパ大陸縦断ヒッチハイク/朋友
●電波少年的懸賞生活/なすび
●電波少年的無人島脱出 仙台~インドでボートを見た瞬間まで/Rマニア
●鮒子のViva★特売!/椿鮒子
●ドロンズのドンキホーテ!日本を行く!/ドロンズ、ロシナンテ
●熱狂的巨人ファンシリーズ~1998年の一人でやってるシリーズ~/安藤哲也
●アジアの歌姫/室井滋  ほか

現在、タワレコから 定価 3000円の 20%オフの 2400円、
アマゾンでは 27%オフの 2199円 で出ています。

 


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)