カテゴリー「Food & Drink」の29件の記事

2011/03/06

『THE 日比谷 BAR』 オープン

The


3月1日、仕事に関わる所要で神保町にでかけたあと、夜は雨の銀座に行きました。
「日比谷Bar」グループの新しい店舗『THE 日比谷 BAR』のオープン初日だったのです。

銀座七丁目、並木通りに開店したのですが、前週までは同じ「日比谷Bar」グループの
『Licence F』という店でした。
その通称『エフ』には僕は行ったことがなかったので、店にたどりつくまで
うろうろと迷ってしまいました。
近くの建物の場所との位置関係で、ちょっとした勘違いがあったみたいで。(苦笑)

さて、その新装開店の『THE 日比谷 BAR』、バーテンダーは2名。
初代マスターバーテンダーの池野正さんと、チーフバーテンダーの川久保安寛さん。
開店ということで両バーテンダー氏のなじみ客はもちろんのこと、お酒のメーカーなど
取引先の方も来店されるのでしょう。7時半ごろ到着したときは18席ぐらいの超ロングな
カウンターが満席でした。

マスターバーテンダーの池野さんは日比谷Barカクテルコンペで 2007年~2009年、
3年連続で総合優勝したという方です。僕は面識がありませんでしたけど。
チーフバーテンダーの川久保さんとは、僕が池袋の日比谷Barに行き始めたときに
知り合いました。

川久保さんは前週まで銀座六丁目、約1年間ひとりで、電通通り沿いにある
「日比谷Bar」の特殊な店舗の店主&バーテンダーをやってきた方です。
この特殊な店舗というのは、たまにツイッターでつぶやいていた通称「9坪」という
カウンター8席、テーブル4席という小さな店でした。

で、この店のことも少し記録しておこうと思います。
もともと「店長養成」を目的にしたものだったそうです。
2004年11月以来、これまで「BAR岡部竜一」(一代目)、「BAR二代目高梨朋良」、
「BAR三代目小松春樹」とつづき、2009年12月ごろから3カ月ほど日替わりシフトの
移行期間を経て 2010年3月から川久保さんが日曜・祝日を除くほぼ毎日、店を
やってきた。実際は今年1月と2月は新しい業態の検討やら開店準備やらで、
日替わりシフト的だったようだけど・・・


そう言えばあれからちょうど1年経ったというわけです。
1年前の日記がコレ。

2010/03/06 昨晩のウイスキー(2010.03.05)

以前の日記はちゃんと写真付き。 いまは写真を撮らなくなりました (苦笑)


さて、新しい『THE 日比谷 BAR』、従来の「安心して寛げる日比谷Bar」と、銀座の
落ち着いた本格的な大人のバーの中間を狙っているそうです。
ぜひ他の『日比谷Bar』とのすみ分けを維持してもらいたいと思います。
 
* 余談ですが、「安心して寛げる」 = 安寛 は、川久保さんのお名前です。
  良い名前ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/24

久々に横浜・野毛の贅沢な夜

1月21日の金曜日は、久々に人と会って飲むという約束をした日でした。

そして出かけた場所は久々の横浜・野毛地区。

前回はこんな感じで充実だったので、楽しみでした。

http://pink-cloud.air-nifty.com/blog/2010/05/post-fb5a.html

http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1488666299&owner_id=14142970

 

さて今回も野毛に詳しい知人に案内してもらいました。

まず一件目は馬肉の店、浜幸。 あの浜幸さんとは何の関係もありません(笑)

とにかく馬肉料理のメニューの充実さはすごかったです。

110121_211723_2

頂いた物は、霜降りの馬刺し、てきどにサシが入っていてたまりません。

馬ヒレステーキも分厚くて素晴らしかった。そう言えば馬のステーキは

食べたことがなかったかも。こんなに厚い馬肉は初めてかもな。

ミディアム・レア、ニンニクのスライスがのって旨い~。

たてがみ刺しと迷ったあげく、次に注文したのは馬のレバー刺し。

そして料理のシメで頼んだのが馬鹿鍋。文字通り馬肉と鹿肉です。

110121_200743

このあと鍋にうどんを入れて、本当のシメにするのでした。

 もうこの一軒だけで大満足でしたね。

 

そして次に行った先は SHEEPというバー。

バックバーにはこだわりのウイスキーがたくさん!

110121_224054

 

一緒に行った知人はシェリーをスターターにしました。

シェリー酒がいろいろと種類を置いてあるようでした。

僕はアイラ系から珍しいボトリングものを頂きました。

野毛、深いなあ。もう少し頻繁に食べ歩き・飲み歩きしたいな~(爆)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/01/02

初詣「明治神宮」 & 初外食「和食賛美あやの」(池袋 Esola)

正月2日目、ぐっすり寝て遅めの起床。今日も良い天気。

初夢は・・・ 残念ながら覚えていなかった。見た覚えもない(苦笑)

 

正月気分も今日までと覚悟しているので、初詣に出かけました。

その前に自宅最寄り駅近くのマックで軽い朝食・・・ 

ぷりぷりのエビフィレオとコーヒー。あ、2011年の初外食がこれか~(爆)

 

初詣先は明治神宮。昨年からお参りするようになりました。

あえて原宿/明治神宮前の駅からではなく、地味に北参道駅から

北詰所に向かいます。こっちのほうが人が少なくて楽な気がするので。

到着はお昼ちょっと前で、幸いにもそれほど混んでいなくて、大鳥居の先の

御社殿に右折するあたりから 並び始めて30分ぐらいでお参りできました。

20110102_2

 

一年に一度の神頼みという図々しい私ですが、家内安全祈願のお札、

交通安全祈願の車用のお札、心身健全お守り、子供用の学業守、

守護矢を頂いてきました。いや、ほんとに図々しくて申し訳ございません(汗)

 

参拝後は、昨年は南参道から原宿に出たのですが、今年は北参道に戻り

代々木方面から新宿に向かいました。高島屋 Times Square でブラブラして

さらに新宿三丁目まで歩き、地下鉄で池袋に戻りました。よく歩いた!

 

池袋のヤマダ電機 LABI総本店に寄ったあと、早めの夕食をとることにして

選んだ店は、池袋駅に隣接した商業ビル Esola にある「和食賛美あやの」。

 

ここは手作り料理とお酒 えん(創作和食居酒屋)の経営企業の新しい店

です。「えん」はもともと料理がしっかり美味しくて、店の雰囲気も良くて、

単価は若干高め設定だけどその分落ち着いて飲めるので好きな店ですが、

今日はじめて行った「あやの」は個室があって、サービスもきちんとしてて、

もちろん料理も手が込んでいて美味しくて、うまい酒も用意されていて、

お気に入りになりました。

ご飯(米)にもこだわりがあって、今回はカニ味噌と玉子の雑炊を食べました

が美味しかったです。次回は土鍋ごはんのどれかを食べたい。(笑)

 

ちょっとした会食、接待にも使えるお店だと思いますね。そういう用途には

3,800円から設定されているコー料理も便利だと思います。

  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/27

2010年5月26日から6月26日の一か月

5月23日を最後に1ヶ月以上もブログを書いていなかったので、
まとめて振り返っておこうと思います。

5月26日、久しぶりに恵比寿の民家で呑みました。
しかも約6ヶ月ぶりに会う友人2名と。
そういえば長いこと会っていない友人や、連絡がなくなった友人が
多くなってきたかな。それ、友人ではないってことか?(苦笑)

5月27日、六本木のARK HILLS CAFEで Shanti と西山 Hank 史翁の
アコースティック・デュオ・ライブ。
二部構成で、1stのオープニングと2ndのラストが Yuyake。
いま一番大事にしている曲だろうな。
それ以外はセットリストを完全に変えていたので、
通しで10曲ぐらい演奏したと思う。
前週のBlookryn Parlorの時と同様に、新譜というか
メジャーでのデビュー・アルバム「Born To Sing」からの選曲が
多かった。木原さんとのデュオと西山さんとのデュオでは
数曲セットリストが変わってくる。

この場所は、4月に水谷美月 with 諏訪光風を聴きにきたところ。
今回も1名で予約を入れておいて良かった。満席。
ただね、ゆっくりとアコースティックなライブを楽しむのは
難しいと思いました。音楽はBGMにしか過ぎず、食事とお酒と
おしゃべりを楽しんでいるパーティも少なからずいるので
ライブを目当てにくると厳しいですね。
しかもお店の人も、音楽を聴いているお客さんに対して、
そういう気の使い方が少なすぎると思いました。
顔見知りのお客さんのテーブルで長く話をしている店員さん、
音楽を聴いている最中にドリンクのおかわりを尋ねてくる店員さん、
まあ、そういう店だということで仕方がないってことだと諦めるしか
ないですね。
食事やお酒や雰囲気は良いのだけどね、残念です。

5月28日、品川で、これまたかなり久しぶりの友人と呑んだ。
実は夕方はやめに仕事で品川に来ていて、待ち合わせの7時まで
2時間ぐらい時間が空いたので、港南口をうろうろしてみた。
ちょうど地酒フェアとかなんとかでテントでいろんなお店が
出ていたんだけど、会社帰りのグループで盛り上がっていて
ちょっと一人で飲むのは寂しい感じだったので、近くの店へ。
TIME SHOWER BREWERY というカジュアルな地ビールの店。
結構よかった。機会があったらまた行きたいと思います。
友人とは安い居酒屋で3時間半ぐらい・・・
この日、A For Real というデュオが品川港南口で路上ライブを
やったそうだが、呑んだくれてたら間に合わなかったっす。

5月29日、Shanti の 7月23日モーションブルー・ヨコハマのライブの
チケットを予約申し込み。1st & 2nd 通しです。
当日は夕方早退、もしくは午後半休ぐらいの調整をしなければ。

6月6日~6月12日までアメリカへ出張。今回は何も楽しむ余裕なし。
アバクロでTシャツ2枚買っただけでした。
あとは苦しく厳しい仕事の用事でへとへとでした。

6月13日、渋谷DESEOで宮崎奈穂子、初のワンマンライブに。
ものすごいお客さんの数で、約3時間たいへんでした。
気分が悪くなって座り込んでしまった女の子や、
途中で外に出て行く女の子もいて、終わった後もうしろのPAの壁の
前に数人座り込んでたり、ちょっとキツかったかなあ。
歌とバンド演奏は良かった。アコギに弦を張り忘れてて、
結局使えなかったという素晴らしいオチがありましたが、
ギターがギブソンES-335で、ソフトな良い音を出してて、
アコギのことは帳消しというか。
MCは長いな。今後はステージの構成を MCも含めて考えたほうがいいな。
初ワンマンで、興奮・感動していたためということで大目にみましょう。

6月14日から6月18日、ウイークデー5日間のランチをすべて
カレーにしました。連続カレーランチ記録樹立です。(バカ)
ちなみに、
月:カレーの王様、
火:ゴーゴーカレー、
水:炒伽哩 インド式チャイカリー、
木:BEER SIGNAL -BELGIANBEER & TAPAS- の牛すじの黒ダッチカレー、
金:もうやんカレー 大忍具

実は土曜日はセブンイレブンのカレーライス弁当、
日曜日はサンメリー(パン屋)のカレーパンを食べました。(苦笑)

6月18日、またまた久しぶりな友人と高田馬場の一品280円均一という
安い居酒屋で軽く呑み。話はいたって真面目です。リーマンしてます。

6月21日、会社を一時間ぐらい早く退出して渋谷クロコダイルへ。
ジョー山中さんの闘病を応援するライブ、GET WELL JOE !
チャリティ・コンサートのチケットを求めて、クロコダイル前に並ぶ。

  8月24日(火)~EXTRA EDITION~
  出演者:Char、SHEENA & THE ROKKETS

を、マイミクさんの分を含めて2枚購入しました。
他の3日間、8月10日、11日、12日も気にはなったがその週は東京に
いないので諦めないとしょうがない。
並んでいるとき、前に2年前の野音のチケットを譲っていただいた方、
後ろにその野音で隣の席だった方、さらにその後ろにマイミクさん、
全部つながってました。(笑)

首尾よくチケット購入できた後、いちばん後ろのマイミクさんと
ビール3杯ずつでリアルにお話しまして、楽しかったです。
その後、池袋で宮崎奈穂子さんが路上ライブをやっていることが
わかり立ち寄りました。 聴いた曲は、
Tomorrow/オレンジ/たんぽぽ/ステラ/優しい青/おやすみなさい。/
ピッカピカ(2回)
7月6日のアコースティック・ワンマンのチケットを購入。
さらに Birthday Eve のオムニバス・アルバムを購入。

6月22日~26日、予約していたCDたちが届く、届く (笑)
Jeff Beck - Emotion & Commotion (Limitted Edition)
      ギターフィギュア付き
Herbie Hancock - Imagine Project
Shanti - Born To Sing
Macy Gray - The Sellout

入荷が遅れていた、Lee Ritenour の Six String Theory は、
今日の夕方になってやっと出荷連絡が来ていた。
もうしばらくCDは買わないでいよう・・・ (爆)

6月24日、夜、会社の全社的なイベントに出席後、
宮崎奈穂子さんの 100日路上ライブの最終日ということで
池袋東口へ。 数曲聴いて CDを購入して、久しぶりに銀座へ。
すでにかなり飲んでいて、さらにウイスキーを飲んで、
最後は終電を気にして頑張って帰ったのはいいが、ちゃんと
お金を払ってきたのだろうか・・・・ 記憶が曖昧で怖い・・・

6月25日、完全オフ。前夜の過度なアルコールで少しぼーっとは
しているが良い酒だったので二日酔い・悪酔いはなくて爽やか。
ちょっとリッチで贅沢なランチを丸ビルのBREEZE OF TOKYOで。
昼間からシャンパンとワイン。

6月26日、朝4時起床。4時40分に自宅を出て大井町へ向かう。
大井町にある「きゅりあん」で9月4日に行われる、Charのライブの
チケットを購入。 約3時間後に無事にゲット。良い席です。
眠かったけど頑張って並んで良かったです。
その後一日中、時差ボケの状態でしたけど。
気分はとても良いです。

ざっと一ヶ月分、途中はだいぶ端折ってますが日記風に
振り返りました。 ブログやmixi日記に書こうと思っていた
ネタなんですけどね、もういちいち書けそうにないのでね。
あきらめて7月からライブ関係のことを書いていこうと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/16

横浜・野毛でハシゴ酒の夜

5月14日、金曜の夜は会社をほぼ定時に出て 18:00新宿発の湘南新宿ライナーで横浜、
乗り換えて桜木町へ。 目的は野毛界隈でのハシゴです。(笑)

会社のイベントを除いて、いままで一緒に呑みに行ったことが無い2名と一緒だったので
写真を撮るのは控えておりましたが・・・・ (苦笑)

まずは もつ焼き屋の「末広」へ。
Photo

レバ、もつ、皮、なんこつ・・・ いやあ、旨いったらないっすね。これは。
3人で、キリン・ラガーを瓶で4本。


2軒目はおでん屋の「あさひや」へ。
Photo_2

前に一度、知り合いに連れてきてもらった店ですが、アットホームで良いですな。
おでんは関西風だしです。ちなみに大根はやってません。
ちょっとヘルシーにこんにゃくと昆布を。追加で玉子。つみれも美味そうだ。
ここでは焼酎(宝)に梅酒をたらした、その名も「梅」をグラスで2杯。
いい感じで酔ってきました。


締めの3件目は隠れ家的なバーに連れていってくれると言われてワクワクでした。
行ったお店は Bar Glory 桜木町店。   9席ほどのL字型のカウンターです。
バー業界では名店、名バーテンダーと言われているということを、
あとで日比谷Bar で教えて頂きました。
ウイスキーもカクテルも上級でした。ギムレット、美味かった。
フォラローゼスのヨーロッパ向けのシングルバレルも頂きやした。


合計3時間半ほどの野毛のハシゴでしたが楽しかったですね~
また是非行きたいものです。(笑)

帰りは横須賀線で東京方面に戻り中、新橋駅でとりあえず(笑)降りて銀座方面へ。
Bar川久保(仮称)に寄り道しました。 とことん充実した夜でした。
さらに、なんとか終電で帰れたのもラッキーでした~。

野毛、また行きたいな~ (笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/20

バカルディ・スペリオール ダイキリ 100周年限定ボトル 口開け式

Bacardi_superior_rum_limited_editio Bacardi_superior_rum_limited_edit_2  
 


 
バカルディの代表的カクテルの一つ「バカルディダイキリ」がブームを起こしたのが
1910年だということで、今年は100周年記念の年だそうです。

その100周年を記念した 限定生産 BACARDI Superior Rum Limited Edition
Heritage Bottle (バカルディ スペリオール リミテッド エディション ヘリテージ ボトル)
は、日本国内では 290本限定だそうです。

で、これの口開け会を BAR川久保 にて執り行いました。(笑)


これは旨い。 甘くて痺れる。 ラムはあまり飲んだことがなく、もちろん詳しくもなく、
その場に居合わせた詳しいお客さんに教えてもらいつつ、痺れるカクテルを数種
飲んできました。 

知らない間柄なのに酒のみ同志、その空間・時間を共有しながら仲良く会話している、
そんなオトナの一人呑みが少しできるようになってきた今日この頃です。(苦笑)

口開けの会、ダイキリに不可欠なライムの皮むきから、ボトルの口開け、そして乾杯まで
Twitterで即時告知のライブ中継を行いました。

これがその動画です。単にライブ中継ってのをやってみたかっただけなんですが。(苦笑)



| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/06

昨晩のウイスキー(2010.03.05)

昨晩は仕事上のおつき合いの飲み会だったのだが、実に平和に21:00前に
散会になった。 (笑)

せっかくの金曜日、せっかくの自由な夜、新宿から丸ノ内線で銀座に出かけ
ることにした。

数寄屋橋交差点のソニービルの裏側の路地を入って、ほんの少し歩いた所が
目的地、9坪、12席の小さなバーだ。

日比谷Barなのだが、他の店舗のどのタイプとも異なる店。
ここはホームページでは、今は独立研修型店という名前になっている。
店長というか店主が暫定なのだ。

これまで丸5年、3名の店主が運営してきたそうだが、訳あって昨年末から
店主不在になっている。1月〜2月は各店舗の店長と、あるバーテンダー氏が
交代で試験的に店を開いてきた。
僕は、そのバーテンダー氏が担当した1月の2回目に行ってみた。

今月と来月の2ヶ月間、いよいよ彼が毎日担当することになった。
だが、まだトライアルだそうだ。BAR四代目を名乗れるかどうか、
この2ヶ月の店舗運営の結果で判断されるそうだ。

昨晩行ったら、酒の種類が徐々に彼の好みで揃えられつつあった。
バックカウンターを眺めているだけでも、これからが楽しみになった。
正式に店主として続けて行けるように、彼には頑張って欲しいなと思う。

で、昨晩いただいたウイスキー。
まずは、白州と山崎、それぞれのバーボンバレルを飲み比べ。
加水すると違いがわかってきたな。山崎の方が甘みと深みが好みだった。

それから頂いたのが、ラフロイグ、シングルカスクの21年もの。
珍しいボトル、僕のショットで最後だった。大切に飲んだ。

最後に、イチローズ・チョイス シングルグレーン川崎 1982。
蒸留が1982年、ボトリングが2009年という超稀な長期熟成。
これは参った。美味い。甘みがありつつ、力強く、味わい深い。
本当に美味かった。

こうして調子に乗って飲み続けてしまうんだなあ。 
でも至福のひと時は失くせない!(笑)

0C859236-7F51-4D10-BBD0-4CD845DFA6C9


B4FD2870-89B0-41B8-9AA9-2687BCD6FCC4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/23

Shanti - Accoustic Duo Live at Brooklyn Parlor (2009.11.17)

11月17日は、2ヶ月ほど前に新宿マルイアネックスの地下に

オープンした Brooklyn Parlor に行きました。 

Shanti の Accoustic Duo ライブが目的です。

今夜はギターストの木原良輔さんとのデュオ。

 

Brroklyn_parlor_sign_3

 

ここは Blue Note Japan がプロデュースしている、カジュアルで
カルチュラルな、音楽と本とお酒と食事とスイーツが楽しめるカフェ。
お店の雰囲気とスタッフの接客もすばらしくて気分が良かったです。 

まずは、ここに来てビールを飲むならこれを飲まなきゃ、
という Brooklyn Lager Draft.を、生ハムといっしょに頂きました。

これは New York のマイクロブルワリー BROOKLYN BREWERY
樽生ビールだそうだ・・・・ 旨い! 旨すぎて つい 2杯目 (苦笑)

そんなところで 20:00 となり、アコースティック・デュオ・ライブの

1st show が始まりました。

 

1st show 20:00 - 20:30 

 

Set List

----------

1. Wake Up To The Sun  / Shanti - Ryosuke Kihara

2. Adnishia / Shanti

3. Love Matters / Shanti

4. Flight To Paris / Shanti

5. Will You Still Love Me Tomorrow / Carol King

 

 

2nd show は 21:30 からなので約 1時間のインターバルでした。

ということで飲み物を・・・・・ (笑)

Today's Special メニューに、香草オリーブオイルのサーモン・マリネ

というのがあったので、これと白ワイン(シャルドネ)をオーダー。

しっかりした量で味も良し。 シャルドネの辛口にあいますなぁ。

ワインの次はどうしようかとメニューを眺めていたら、

トマト・マティーニというカクテルがあったので、2nd が始まる直前に

オーダー。 トマトでマティーニってどうよ? と思ってたら、

これが旨い。 めちゃくちゃ旨い。 強くて旨い。 (苦笑)

 

さてさて、2nd show の始まりです。 セットリストは完全に違うんですね。 

2 セットあわせて 1ステージと考えたほうが良いですね。

がんばって(ひとりで)お酒のんで待ってて良かったぁ。(爆)

 

2nd show 21:30 - 22:00 

 

Set List

----------

1. Yuyake / Shanti

2. Closing Time / Shanti

3. Antique Fair / Shanti

4. Look Back / Shanti

5. Let It Snow / Jule Styn

6. Fields Of Gold / Sting

encore

7. Wake Up To The Sun

 

そういえば 2ndから客席に 11日に四ツ谷メビウスで共演していた

ベーシスト荒戸亮太さんが来ていました。 声をかけてみようかなあ

なんて思ってたら、終演と同時にバックステージに行ってしまいました。

 

いやあ、こんな素敵なライブがミュージック・チャージ無料で

聴けるなんて、お得というか、Brooklyn Parlor 太っ腹!というか。

いや、まあ、そのぶんお酒を飲みましたけど。それでも安いです。 

 

Shanti も変わらず素敵な女性でした。 歌も良かったな。

実は低音が魅力なんだな。 高音ももちろん透きとおっててキレイだけど。 

 

* 残念だったのは 2nd set のとき、ステージに向かってほぼ中央、左よりの
 前から3つめぐらいのテーブルに座っていた女性二人組み、
 ライブのあいだもずっと、愚痴なんだか文句なんだか身の上話なんだか、
 しゃべりっぱなしだったこと。 耳障りでしょうがなかった。
 せめてライブのときは、周りの客に気を使って欲しいな・・・・・

 

| | コメント (3) | トラックバック (2)

2009/11/15

Unknown Mood at メビウス (2009.11.11)

Mobius

11月11日、雨の水曜日、四ツ谷三丁目にあるライブ・バー メビウスに
行った。 初めて訪れる店で勝手がわからないので開店時間の19:00を
少し回ったころに到着・・・・ リハが終わった直後、客はまだいなかった。

この夜の出演は Unknown Mood ・・・・
ギタリストの西山HANK史翁さんがリーダーのユニットだ。
メンバーはライブごとに変動するみたいだが、この日は
西山HANK史翁(G)、フィリィップ・ウー(Pf)、デレク・ジャクソン(B)、
後藤輝夫(sax)、下久保昌紀(Drs)、 そして、スペシャル・ゲストshanti (Vo)

Inknow Mood という名前、西山さんが2000年ごろに出したアルバムの
タイトルでもある。いまでは10,000円近いプレミア値段がついているみたいだ。

ステージは 20:00~ と 21:40~ の 2セット。 入れ替えなし。
早く着きすぎて他にお客さんがいなくて、逆に座る席に迷った。
ちょっと考えてカウンターに座って、まずはビール。ハイネケンを一杯。
その後ぞくぞくとお客さんが入ってくる。
みなさん、出演するミュージシャンの知り合いだったり、
ライブの常連さんという雰囲気だ。 ちょっとした Away 気分。 (苦笑)

 2杯目に ジャックター(ラム、サザンコンフォート、ライム)を頼んだ。

リラックスしたアットホームな雰囲気でファースト・セットがスタート。
素晴らしい演奏と雰囲気で、あっというまに 1時間が経った。


続きを読む "Unknown Mood at メビウス (2009.11.11)"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/02

本格米焼酎 [燃える闘魂

「赤霧島」に続いて、焼酎の話題を・・・・

近所にある、大手チェーン・スーパーの食料品売り場で、最近
処分品としてワゴン売りされていた米焼酎です。

Photo

熊本県の球磨焼酎の蔵元「常楽酒造」による、
アントニオ猪木の精神を魂入したこだわりの一品! だそうです。(苦笑)

価格が 20%引きだったし、ラベルがネタになるかもっていうのと、
純粋に米焼酎(球磨焼酎)を1本 家呑みキープしておきたいというので
購入しました。 数本ありましたが、これは1本でいいか。(笑)

あとでネットで調べたら・・・・


続きを読む "本格米焼酎 [燃える闘魂 "

| | コメント (0) | トラックバック (0)